スポンサーリンク

仕事が選べるって楽しい!事務系の派遣社員で経験できた珍しい仕事

電話で話す女性 女性のしごと
ころ
ころ

こんにちは、

閲覧いただきありがとうございます

このブログは、「女性の仕事」をテーマにしたブログです。私は、正社員、派遣社員、契約社員など様々な雇用形態、様々な業界で働いてきました。その経験をもとに、現在仕事を探している女性に向けて、仕事で悩んでいることが解決できたり、仕事を選ぶことの楽しさを感じてもらえると良いなと思い、このブログを書いています。

 

この記事はこんな方向け
・どのような雇用形態で働こうか悩んでいる女性

・せっかく働くなら面白い仕事をしてみたい方
・様々な雇用形態における女性の働き方を知りたい方
スポンサーリンク

派遣社員だからできるおもしろい仕事

私は働くことが好きで、「いろいろな業界で、いろいろな仕事をしてみたい」という考えを持っている人間です。そんな考えの人間にとって、「派遣社員」はぴったりな働き方です。特別なスキルがあるわけではないので、基本的には事務系の派遣社員として働いていますが、事務系の派遣社員でも、珍しくて、面白い仕事は経験できるのです。

 

正社員や派遣社員を含めて10社以上に勤めてきた私が、派遣社員で仕事をする上での「魅力」でもある「仕事を選べる楽しさ」を伝えるために、これまに経験した仕事の中でも特に、「面白かった仕事・珍しい経験ができた仕事」をご紹介したいと思います。

 

六本木ヒルズレジデンスで決起集会

私はベンチャー企業で派遣社員で、人事の採用事務として働いていたことがあります。その会社の社長が「六本木ヒルズ」に住んでおり、その社長の自宅で会社の部署の決起集会が行われていたのです。

 

その決起集会は部署全員が参加する集まりだったため、ベンチャー企業の本社ではなく地方の支社で働く、一般庶民の私が「六本木ヒルズレジデンス」の高級マンションに足を踏み入れることができたのです。

 

そのベンチャー企業は、規模は小さい会社でしたが、社長が有名人でお金持ちでした。ビルの中なのに部屋が二階建ての構造になっていて、大理石の階段が部屋のど真ん中にあったり、お鮨を握るカウンターが設置されていて、鮨職人がお寿司をつくりにきていたり…と、テレビの中の世界観に衝撃的を受けました。

 

社長が有名でお金持ちの企業であれば、派遣社員として働いても、こんな珍しい経験ができるのだなぁと実感した仕事でした。

 

東京でのおしゃれホテルライフ

これは私が、マスコミ系の大手企業で働いていた時のことです。その企業の展開する東京都や神奈川県にある店舗を訪問して、実際の働き方を学ぶ研修があったため、入社後1か月間は、ほぼ東京のホテルで生活することとなったのです。

 

当時は、その企業のその部署が事業が拡大路線にあったため、人材育成に莫大な資金を投入していました。そのため、地方で働く派遣社員にも、研修のための交通費やホテル代を負担してくれたのです。

 

ホテルはきちんとしたビジネスホテルを会社側で手配してくれ、キレイでおしゃれなホテルにも泊まらせてもらうことができました。研修期間だけでしたが、なかなかできない経験をさせてもらいました。

 

地方に暮らす事務系の派遣社員ですが、憧れの東京で、おしゃれなホテルライフを送ることができたのです。

 

大物(おおもの)に会える

私は国内No.1の大手自動車メーカーに派遣社員で働いていたことがあります。配属部署は全社の会議体(取締役会)などを担っている部署でした。私は取締役会の会議の事務局を担当しており、そのメーカーの役員全員と会うことができたのです。

 

あの有名な自動車メーカーの社長にも挨拶することができ、一般庶民の私でも挨拶してもらえるのだ!と感動もひとしおでした。

 

その会社の正社員でも簡単に会えない存在の社長でしたが、仕事を選ぶことによって、普通に生活していたら触れることのない人たちを真近に接することができるのです。

 

また、その部署では「役員向けの研修」を企画する部署でもあったため、役員向けに講演をする著名人のお話を聞く機会などもありました。他にも、出張で一般公開前の東京モーターショーにも連れて行ってもらえたりと、そう簡単にできない珍しい経験をすることができたのです。

 

改めて仕事を選べることの楽しさやを実感した職場でした。

 

高級レストランでの接待

外食イメージ

大手のIT企業で支社長の秘書を担当していたときのことです。その支社長は、顧客企業の役員を接待することが多くあり、秘書である私も同席する接待もありました。

 

顧客は日本最大の大手自動車メーカーだったため、その役員を接待するとなると、グレードの高いお店で接待します。そのため、自分の力では行くことのできない高級レストランに、仕事としていくことができたのです。

 

一人3万円を超えるコース料理に、金額が判別できない高そうなお酒。驚くほど丁寧な接客をするお店の人。そのどれも、自分の生活や、普通に仕事をしているだけでは経験できるものではありませんでした。

 

ただ、接待なので始終気を遣わないといけなかったため、積極的に参加したいものではありませんでしたが、「こんな世界があるんだなぁ」と良い社会勉強となりました。

 

まとめ

この他にも、全国出張をさせてもらったりなど、様々な業界の様々な仕事をとおして、たくさんの面白くて、楽しい仕事を経験できたと思っています。仕事は「選ぶ」ことによって、様々な珍しい経験ができるのです。

 

珍しい経験がしやすい勤め先の特徴は、

  • 成長真っ只中のベンチャー企業
  • 大手企業の管理部(中枢部署)
  • 大手企業を顧客に持っている企業の秘書

これらが該当すると思います。派遣社員として働き、面白い経験をするのであれば、基本的には「お金を持っている企業」、または「事業を拡大中の企業」を選ぶことです。

 

利益がでているかは、株式情報をチェックすればすぐにわかりますし、拡大路線にある企業もニュースを見ていればわかります。私は派遣の求人もくまなくチェックして、珍しい仕事や面白そうな仕事を見つけてはして、すぐに自ら応募して仕事をつかみ取ってきました。

 

東京に住んでいれば、面白そうな仕事は選び放題だと思いますが、地方に住んでいて、おもしろい仕事を探すのであれば、この方法が最適です。

 

 事務系の派遣社員で仕事を探している方や、派遣社員の働き方に悩みを持っている方など、今後の仕事の選択の参考にしていただけたら幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました