スポンサーリンク

ワイン初心者 今日の一杯◆フランス ブルゴーニュ産 GIVRY(白)

GIVRY_2 自分みがき

ワインの勉強のために、飲んだワインについて記事にしています。飲んだ「ワイン」について学んだことも記載していくので、ワインをこれから学んでいこうと思っている方の参考になるようでしたら幸いです。

 

価格の高いワインではなく、庶民でも手が伸びる「テーブルワイン」がメインです。「テーブルワイン」とは高級ワインとは違い、日常消費用のワインのことです。

 

今回のワインは「フランスのブルゴーニュ産 GIVRY」です。

 

スポンサーリンク

フランスワインの特徴

フランス

最初にフランスワインの特徴について簡単に説明します。

 

●歴史
 ・紀元前6世紀ごろギリシャから南仏に
  ワイン造りの技術が伝わり、その後北部へ。

 ・紀元前3世紀には際立った産地が現れ、
  中世にかけてワイン造りの技術が発達。

 ・19世紀末にぶどうの病気や害虫が蔓延し、
  20世紀の不況の影響もあり偽造ワインが出回る。

 ・偽造ワインを防ぐため産地や製法を厳しく定めた
  ワイン法が制定される。

 

ワイン生産量
 世界第2位 (およそ4,430万hL)※2016年

 

フランスワインの品質分類
 特定の産地で生産される上級ワイン
 A.O.P
 生産地域を表示できるテーブルワイン
 I.G.P
 特定の生産地域の表示が無いテーブルワイン
 Vins de Table

  ※2009年以降にEUの規定の変更に伴い旧A.O.Cから変更

 

産地
 ブルゴーニュ、アルザス、ローヌ、プロヴァンス
 ボルドー、ロワール渓谷、シャンパーニュ
 ジュラ・サヴォワ、ラングドック・ルーション
 南西地方

 

ブルゴーニュ産ワインの特徴

今回のワインは「ブルゴーニュ産」のワインなので、ブルゴーニュ産ワインの特徴について説明します。

ブルゴーニュを代表する産地

ぶどう畑

シャブリ地区
ブルゴーニュ最北に位置し、シャルドネから作る辛口白ワインが有名です。

コート・ド・ニュイ地区
石灰質土壌で長期熟成型の赤ワインを多く産出し、生産比率が90%と偉大な赤ワインの銘醸地です。

コート・ド・ボーヌ地区
白ワインの生産比率が40%ですが、モンラッシェをはじめとする偉大な白ワインの銘醸地です。

コート・シャロネーズ地区
フルーティーで軽やかなバランスのとれたコストパフォーマンスの良い、赤・白ワインが生産される地区です。

マコネ地区
土壌がシャルドネに適しているので、生産量の85%がシャルドネから造られる、さわやかでフルーティーな白ワインです。

ボージョレー地区
花崗岩質の土壌に適した「ガメイ」が生産されています。ボージョレ・ヌーヴォーの生産地区です。

 

ブルゴーニュ産ワインの品種

「赤」はピノ・ノワールのみ

「白」はシャルドネのみ

 

使用するブドウは「赤」「白」でそれぞれ原則1種のみです。この2つの品種は気候や栽培醸造によって風味が大きく変わる品種ですが、単独使用することにより地域性がワインの味わいに明確に反映されます。

 

生産者の呼称

ブルゴーニュでは、栽培と醸造の両方を行うワイン生産者は、フランス語で「領地」を意味する言葉の「ドメーヌ」と呼ばれます。小規模生産者である率が高いです。

※「シャトー」は主に「ボルドー地方」で使われる呼称

 

GIVERY(白)について

GIVRY_2

GIVERY_3

フランスのブルゴーニュの南方にあるコート・シャロネーズ地区で造られています。「赤」と「白」の両方がAOCとして認められていますが、「赤」の生産が大半を占めています。

 

この地のブドウ畑は中世に開拓され、その時代からワインの評価が高く、ブルボン王朝初代国王のアンリ4世に愛されたことでも知られています。

 

【区分】白
【品種】シャルドネ
【年代】2014年
【生産者】ルモワスネ社
【価格】3,000円ほど
【色調】明るい黄金色
【香り】アカシアの花、はちみつ、レモン
    熟成されるとドライフルーツ
【味】辛口で酸味と甘みのバランスが良く
   余韻が長い

※ルモワネス社:
1877年創設。豊富な資金力でブルゴーニュの多くの生産者のワインを買い付けている。地下倉庫には100万ほんにも上る古酒が眠っており、熟成を待って出荷されている。

 

まとめ

白ワイン

ワイン初心者のため、ラベルに品種が書いていないのが謎だったのですが、ブルゴーニュは単一品種のみを使用する地方であることに納得しました。

 

フランスワインは歴史も長く、畑も多いため学ぶには長い道のりですが、飲んだワインを少しづつまとめていきたいと思います。

 

*************************************************

この記事は下記の本を参考にしています。
「ワインの基本辞典」著:町 亮介

 

タイトルとURLをコピーしました