スポンサーリンク

【WEX2次試験対策】甲州(日本)・シュナン ブラン(フランス)

自分みがき
ころ
ころ

ワインエキスパートの2次試験対策って何をすればよいの?ワイン別のマークシートの回答の参考例が知りたいよー。

という悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?私は2019年のワインエキスパート試験にストレートで合格しました。

ワインエキスパートの2次試験は、ブラインドテイストです。出題されるのは、赤ワイン2種・白ワイン2種・その他の酒類1種ですが、ワインについては「外観」や「香り」や「味わい」のコメントをマークシートで回答します。正解が明確ではないため、どのように回答すると良いかわからないですよね。

そんな方のために、私が飲み比べをしたワインをワインエキスパート2次試験のマークシート形式に沿ってコメントを記載していきます。

ワインエキスパート2次試験を受験される方の参考になれば幸いです。

★2次試験対策のまとめ記事はこちらです

 

スポンサーリンク

本日の飲み比べ

本日の飲み比べは下記の白ワイン2種類です。

  • 日本産 甲州
  • フランス産シュナン・ブラン

 

日本産 甲州

甲州は日本を代表する品種で、香りが控えめなため、判別が難しい品種でもあります。

今回飲み比べをしたのは、山梨県の大和町で生産されている「勝沼酒造 甲州テロワール・セレクション 大和」ヴィンテージ2018年です。(写真右)

 

ワインエキスパート2次試験のマークシート形式に合わせたコメントを掲載します。※あくまで参考なので、これが必ずしも正しい回答ではありません

外観

清澄度 澄んだ
輝き 輝きのある
色調 グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡 薄い
粘性 さらっとした
外観の印象 若々しい、軽快な

甲州の色調は淡く、グリーンというよりもグレーがかったような、薄い色をしています。完熟まで待たずに収穫されるため、色調が薄い傾向があります。

また、粘性も低いため、サラッとした印象があります。全体的にフランスのミュスカデと間違えやすいですが、ミュスカデの色調はもう少しイエローに近いです。

 

香り

第一印象 控えめな
果実・花・植物 柑橘類、青りんご、リンゴ、スイカズラ、ミント、ヴェルヴェーヌ
香辛・芳香・化学物質 パン・ドゥ・ミ、石灰、火打石、コリアンダー、ヨード
香りの印象 若々しい、第1アロマが強い

甲州はミネラル香が特徴でもあり、このワインでもしっかり拾えることができます。また味がない品種でもあるため、シュル・リーを行うことが多く、「パン・ドゥ・ミ」の香りも拾うことができます。

フランスのミュスカデもシュル・リーを行うことの多い品種であるため、このあたりもミュスカデと間違えやすい点です。

スイカズラは、白い花でシンプルな甘さを感じた時、ヴェルヴェーヌはハーブの香りを感じた時に表現する言葉です

 

味わい

アタック 軽い
甘味(アルコール) ドライ
酸味 しっかりとした
苦み 旨味をともなった
バランス 溌剌とした、ドライな
アルコール 軽い
余韻 短い

アタックも、アルコールも軽くて、余韻も短い、サラッとした印象が甲州の特徴です。甘みは少なく、酸がはっきりと感じられます。シュル・リーによる旨味を感じることができます。

日本酒的な酒粕のような風味を持っている甲州もあります。

 

このワインの総合評価としては、「シンプルでフレッシュ感を楽しむ」で、供出温度は8~10度グラスは小ぶりです。

 

このワインは、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

勝沼醸造 甲州テロワール・セレクション 大和(白) 750ml
佐野屋〜日本酒・ワイン通販専門店
¥ 2,310(2019/10/06 15:13時点)

 

フランス産シュナン・ブラン

シュナン・ブランは、フランスのロワール地方で多く栽培されている品種ですが、南アフリカでも「スティーン」という名前で栽培されています。

今回飲み比べた銘柄は、ロワールのトゥーレーヌで生産される「レ ピエ ロティ シャトー ド クーレーヌ」ヴィンテージ2015年です。(写真左)

 

ワインエキスパート2次試験のマークシート形式に合わせたコメントを掲載します。

外観

清澄度 澄んだ
輝き 輝きのある
色調 レモンイエロー、イエロー
濃淡 やや濃い
粘性 やや強い
外観の印象 成熟度が高い、濃縮感が強い

シュナン・ブランの色調は薄い麦わら色から、濃い黄金色まで幅広いですが、基本的にはイエローの色調が強いです。

 

香り

第一印象 開いている
果実・花・植物 洋ナシ、花梨、白桃、アプリコット、マンゴー、アカシア、白バラ
香辛・芳香・化学物質 石灰、火打石、ハチミツ、香木、花の蜜
香りの印象 第1アロマが強い、複雑性のある

シュナン・ブランの香りは、蜜のような甘やかな香りと、花梨や白桃のような濃縮感のある果実の香りです。華やかでアロマティックな印象を受けます。

同じように香りの華やかな「ヴィオニエ」と間違えやすいので注意が必要です。

アカシア甘やかな香りを感じた時に使う表現で、白バラは華やかな印象を受けた時に使用します

 

味わい

アタック やや強い
甘味(アルコール) まろやかな
酸味 しっかりとした
苦み 旨味をともなった
バランス ふくよかな
アルコール やや強め
余韻 やや長い

シュナン・ブランの味わいの特徴は、しっかりとした酸味です。ただ、甘味も豊かであることが多く、果実感を感じられるふくよかな味わいに仕上がります。

 

このワインの総合評価としては、「成熟度が高く、豊か」なワインで、供出温度は11~14度グラスは中庸です。

 

このワインは、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

まとめ

甲州もシュナン・ブランも2次試験での出題数は、多くありません。2004年以降で見てみると、甲州は2013年に1度出題されていおり、シュナン・ブランにおいては1度も出題されていません。

もしかすると、今年あたり出題されるかも…という個人的な予想です。

 

どちらのワインも、価格は2,000円台で購入可能な銘柄です。

 

*************************************************

この記事は、「ソムリエ協会 2019年度版教本」と「ワインテイスティングの基礎知識 著:久保 將」を参考にしています。「ワインテイスティングの基礎知識」に関しては、テイスティングについて細分化して説明してあったり、香りの捉え方と、たくさんあるワインの香りの特徴など詳しく説明されているため、とても参考になります。ワインエキスパートを受験される方の役に立つ参考書です。
   

 

タイトルとURLをコピーしました