スポンサーリンク

【WEX2次試験対策】メルロ(F)・シラーズ(AU)

自分みがき
ころ
ころ

ワインエキスパートの2次試験対策って何をすればよいの?ワイン別のマークシートの回答の参考例が知りたいよー。

という悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?私は2019年のワインエキスパート試験にストレートで合格しました。

ワインエキスパートの2次試験は、ブラインドテイストです。出題されるのは、赤ワイン2種・白ワイン2種・その他の酒類1種ですが、ワインについては「外観」や「香り」や「味わい」のコメントをマークシートで回答します。正解が明確ではないため、どのように回答すると良いかわからないですよね。

そんな方のために、私が飲み比べをしたワインをワインエキスパート2次試験のマークシート形式に沿ってコメントを記載していきます。

ワインエキスパート2次試験を受験される方の参考になれば幸いです。

★2次試験対策のまとめ記事はこちらです

 

スポンサーリンク

本日の飲み比べ

本日の飲み比べは下記の赤ワイン2種類です。

  • フランス産メルロ
  • オーストラリア産シラーズ

 

フランス産メルロ

「メルロ」はフランスのボルドー地方を発祥とするブドウ品種です。特にサンテミリオンでは高品質なメルロが生産されています。メルロは、産地や醸造方法によって香りや味わいに違いが大きく出るため、ブラインドで品種をあてることが難しいと言われています。

今回飲み比べをしたのは、フランス産ボルドーの「シャトー・ル・コンセイエ (2015)」です。(写真右)

 

ワインエキスパート2次試験のマークシート形式に合わせたコメントを掲載します。※あくまで参考なので、これが必ずしも正しい回答ではありません

外観

清澄度 澄んだ、深みのある
輝き 輝きのある、落ち着いた
色調 ガーネット、ダークチェリーレッド、縁が明るい
濃淡 やや濃い
粘性 強い
外観の印象 成熟度が高い、濃縮感が強い

ワインエキスパート2次試験の「清澄度」における回答欄には、「やや濁った」や「濁った」という選択肢が存在する場合があります。しかし、赤ワインにおいて「濁っている」はネガティブなイメージになるため、ほぼ「濁っている」が回答になることはありません。そのため、「澄んだ・深みのある」を選択するのが〇です。

 

香り

第一印象 開いている
果実・花・植物 ブルーベリー、カシス、ブラックベリー、干しプラム、ゼラニウム、ローリエ、腐葉土
香辛・芳香・化学物質 乾いた肉、ロースト、コーヒー、カカオ、ナツメグ、シナモン
香りの印象 熟成感が現れている、木樽からのニュアンス

メルロの香りは、色素の濃い果実であるブルーベリーやカシスブラックベリーをまず拾うことができるはずです。その上で、「乾いた肉」のような「獣」のニュアンスと、コーヒーやカカオのような香りも拾うことができます。

 

味わい

アタック やや強い
甘味(アルコール) ドライ
酸味 円(まる)みのある
タンニン分 ヴィロードのような
バランス 豊満な、肉厚な
アルコール やや強め
余韻 長い

味わいの表現は「?」なものも多いですね。酸味における「円みがある」という表現は、酸味が少ないことを意味します。また、タンニン分における「ヴィロードのような」という表現は、タンニンをやや感じられる際に使われる表現です。

 

このワインの総合評価としては、「熟成度が高く、豊か」であり、デカンタージュは事前30分前供出温度は17-20度グラスは大ぶりのものを選択するのが〇です。

 

このワインは、Amazonや楽天市場、Yahooショッピングでも購入可能です。

 

オーストラリア産シラーズ

「シラー」はブドウが熟すために、高い気温を必要とするので、温暖な地域で栽培されることが条件となります。フランスのローヌ地方で伝統的に栽培されていますが、近年ではオーストラリアのシラーズの方が生産量も多く流通されています。

今回飲み比べをしたのは、「ハート アンド ソイル(2015)」です。(写真左)

 

外観

清澄度 澄んだ、深みのある
輝き 輝きのある、落ち着いた
色調 ガーネット、ダークチェリーレッド
濃淡 濃い
粘性 やや強い
外観の印象 濃縮感が強い、成熟度が高い

シラーズも非常に濃い色調で、グラスを傾けても向こう側が見えないくらいの濃さがあります。外観の回答例としては、上記のようになり「メルロ」とほぼ一緒です。赤ワインは色調の薄い「ピノノワール」以外は、外観で判別するのが難しいです。

 

香り

第一印象 濃縮感のある、深みのある
果実・花・植物 ブルーベリー、カシス、ブラックベリー、ブラックチェリー、牡丹、スーボア
香辛・芳香・化学物質 黒こしょう、ロースト、カカオ、コーヒー、ヴァニラ
香りの印象 熟成感が現れている、木樽からのニュアンス

シラーズで、最初に拾いたい香りは「黒こしょう」です。ここで気になるのが、「フランスのシラー」と「オーストラリアのシラーズ」の違いですが、一般的に言われているのは下記の3点です。

  • シラーズの香りは黒こしょう+果実の香りが強い
  • シラーズの方がタンニンが多め
  • シラーズの方がタンインが多いので酸味を感じにくい

 

味わい

アタック 強い
甘味(アルコール) まろやかな
酸味 円みのある
タンニン分 緻密
バランス 豊満な
アルコール やや強め
余韻 長い

タンニン分における「緻密な」という表現は、「ヴィロードのような」という表現とほぼ一緒です。タンニンがこなれた触感になってきているときに表現します。うーん…。難しいですね。

 

このワインの総合評価としては、「熟成度が高く、豊か」であり、デカンタージュは事前30分前供出温度は17-20度グラスは大ぶりのものを選択するのが〇です。「メルロ」と一緒の総合評価となりました。

 

このワインは、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

まとめ

今回飲み比べをしたメルロは、2,000円台で購入できる銘柄でしたが、もう少し高い、良いメルロだと「トリュフ」の香りを拾うこともできます。

そうはいっても、ワインエキスパートの2次試験では価格の高いワインが出る可能性は低いので、2,000円~3,000円の価格帯のワインで飲み比べするのが〇です。

 

*************************************************

この記事は、「ソムリエ協会 2019年度版教本」と「ワインテイスティングの基礎知識 著:久保 將」を参考にしています。「ワインテイスティングの基礎知識」に関しては、テイスティングについて細分化して説明してあったり、香りの捉え方と、たくさんあるワインの香りの特徴など詳しく説明されているため、とても参考になります。ワインエキスパートを受験される方の役に立つ参考書です。
   

 

タイトルとURLをコピーしました