スポンサーリンク

【WEX2次試験対策】ミュスカデ(F)・シャルドネ(AU)

自分みがき
ころ
ころ

ワインエキスパートの2次試験対策って何をすればよいの?ワイン別のマークシートの回答の参考例が知りたいよー。

という悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?私は2019年のワインエキスパート試験にストレートで合格しました。

ワインエキスパートの2次試験は、ブラインドテイストです。出題されるのは、赤ワイン2種・白ワイン2種・その他の酒類1種ですが、ワインについては「外観」や「香り」や「味わい」のコメントをマークシートで回答します。正解が明確ではないため、どのように回答すると良いかわからないですよね。

そんな方のために、私が飲み比べをしたワインをワインエキスパート2次試験のマークシート形式に沿ってコメントを記載していきます。

ワインエキスパート2次試験を受験される方の参考になれば幸いです。

★2次試験対策のまとめ記事はこちらです

 

スポンサーリンク

本日の飲み比べ

本日の飲み比べは下記の白ワイン2種類です。

  • フランス産ミュスカデ
  • オーストラリア産シャルドネ

 

フランス産ミュスカデ

ミュスカデは冷害や害虫にも強い耐性がのある品種ですが、個性に乏しい品種ともいわれています。今回飲み比べた銘柄は、ロワール地方のミュスカデを名乗るAOCの中で最大である、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌの「ミュスカデ セーブル エ メーヌ セレクション デ コニェット」ヴィンテージ2017年です。(写真右)

 

ワインエキスパート2次試験のマークシート形式に合わせたコメントを掲載します。

外観

清澄度 澄んだ
輝き 輝きのある
色調 グリーンがかった、レモンイエロー
濃淡 淡い
粘性 やや軽い
外観の印象 若々しい、軽快な

ミュスカデの外観については、前回飲み比べした「リースリング」、「ソーヴィニヨン・ブラン」と一緒です。色が淡い白ワインの外観は、ほとんどこの回答になります。この3品種の中でも、ミュスカデは特に色が淡いです。

 

香り

第一印象 控えめな
果実・花・植物 柑橘類、青りんご、リンゴ、すいかずら、アニス
香辛・芳香・化学物質 パン・ドゥ・ミ(イースト)、石灰、火打石、ヨード
香りの印象 若々しい、第1アロマが強い

ミュスカデは香りが控えめなため、判別が難しい品種ですが、「シュル・リー製法」を採用してつくられることが多いため、パン・ドゥ・ミの香りが拾えることが特徴です。

シュル・リー製法とは
アルコール発酵後、澱引きを行わず、澱にワインを長期間接触させておく方法澱由来の風味をワインに取り込むことにより、旨味を高めることができます。ロワールのミュスカデでよくみられる製法。

 

味わい

アタック やや軽い
甘味(アルコール) ドライ
酸味 爽やかな
苦み 深みを与える、旨味をともなった
バランス スリムな、スムースな
アルコール やや軽め
余韻 やや短い

ミュスカデは香りが乏しいことは伝えましたが、実は味わいも乏しい品種です。シュル・リーによる「旨味」を感じることができれば充分ですが、難しいですね…。

 

このワインの総合評価としては、「シンプルでフレッシュ感のある」、「エレガントでミネラリー」なワインで、供出温度は8~10度グラスは小ぶりです。

 

このワインは、楽天市場で購入可能です。

 

オーストラリア産シャルドネ

シャルドネは世界中の様々な場所で育てられています。シャルドネはヨーロッパでつくられたワインと、ニューワールドでつくられたワインの両方が試験に出題されるので、違いが分かるようにしておきたい品種です。

今回飲み比べた銘柄は、南オーストラリア クナワラの「パーカー フェイバリット サン/パーカー・クナワラ・エステート」ヴィンテージ2017年です。(写真左)

 

ワインエキスパート2次試験のマークシート形式に合わせたコメントを掲載します。

外観

清澄度 澄んだ
輝き 輝きのある
色調 レモンイエロー、イエロー
濃淡 淡い
粘性 やや強い
外観の印象 若々しい、成熟度が高い

粘性が強いため、アルコール度数が高いことが予想できます。そのため成熟度が高く、暖かい地域で育てられたブドウであることが推測できます。

 

香り

第一印象 開いている
果実・花・植物 リンゴ、洋なし、白桃、くるみ、アーモンド、白バラ
香辛・芳香・化学物質 石灰、火打石、トースト、バター、ヴァニラ
香りの印象 ニュートラル、複雑性のある

シャルドネは樽との親和性が高いため、樽熟成をする生産者が多い品種です。特に、ニューワールドの生産者はリッチなシャルドネにするために樽を使うケースが多いです。このワインでは、樽香である「トースト」「バター」「ヴァニラ」の香りを拾うことができます。

 

味わい

アタック やや強い
甘味(アルコール) ドライ
酸味 やさしい
苦み コクを与える
バランス まろやかな、ふくよかな
アルコール やや強め
余韻 やや長い

シャルドネの味わい(特に酸味)は、栽培地に大きく左右されます。

このワインの総合評価としては、「成熟度が高く、豊か」なワインで、供出温度は11~14度グラスは中庸です。

 

※このワインは、ネットショップで購入できませんでした

 

まとめ

ミュスカデは特徴が少ないため、「特徴がないのが特徴」とも言われたりします。「シャルドネ」は世界中でつくられているため、産地により特徴が様々なので、「樽あり・なし」「ヨーロッパ・ニューワルド」に分けて特徴を掴んでおくことが大切です。

 

フランス産ミュスカデも、オーストラリア産シャルドネも、価格は2,000円以内で購入可能な銘柄です。

 

*************************************************

この記事は、「ソムリエ協会 2019年度版教本」と「ワインテイスティングの基礎知識 著:久保 將」を参考にしています。「ワインテイスティングの基礎知識」に関しては、テイスティングについて細分化して説明してあったり、香りの捉え方と、たくさんあるワインの香りの特徴など詳しく説明されているため、とても参考になります。ワインエキスパートを受験される方の役に立つ参考書です。
   

 

タイトルとURLをコピーしました