スポンサーリンク

【WEX2次試験対策】ジンファンデル(米)・ピノノワール(仏)

フランス産ピノ・ノワール 自分みがき
ころ
ころ

ワインエキスパートの2次試験対策って何をすればよいの?ワイン別のマークシートの回答の参考例が知りたいよー。

という悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?私は2019年のワインエキスパート試験にストレートで合格しました。

ワインエキスパートの2次試験は、ブラインドテイストです。出題されるのは、赤ワイン2種・白ワイン2種・その他の酒類1種ですが、ワインについては「外観」や「香り」や「味わい」のコメントをマークシートで回答します。正解が明確ではないため、どのように回答すると良いかわからないですよね。

そんな方のために、私が飲み比べをしたワインをワインエキスパート2次試験のマークシート形式に沿ってコメントを記載していきます。

ワインエキスパート2次試験を受験される方の参考になれば幸いです。

★2次試験対策のまとめ記事はこちらです

 

スポンサーリンク

本日の飲み比べ

本日の飲み比べは下記の赤ワイン2種類です。

  • アメリカ産ジンファンデル
  • フランス産ピノ・ノワール

アメリカ産ジンファンデル

アメリカ産ジンファンデル

ジンファンデル」は主にアメリカで栽培されている品種ですが、原産はクロアチアです。1次試験で勉強しましたが、イタリアのプリミティーヴォと同一品種です。温暖な気候で水はけの良い土地を好みます。また果実が熟すまでに時間のかかる品種でもあります。

今回飲み比べをしたのは、アメリカ カリフォルニア州産の「イントゥ ジンファンデル ロダイ(2016)」です。(写真右) ※ジンファンデルが90%で、残りはカベルネ・ソーヴィニョンとプティ・シラーを使用しています

 

ワインエキスパート2次試験のマークシート形式に合わせたコメントを掲載します。※あくまで参考なので、これが必ずしも正しい回答ではありません

外観

清澄度 澄んだ
輝き 輝きのある
色調 ルビー、ラズベリーレッド
濃淡 やや明るい
粘性 やや強い
外観の印象 若い状態を抜けた、成熟度が高い

外観はピノ・ノワールほど明るくなく、カベルネ・ソーヴィニョンほど濃くもない、中間の色調をしています。粘性が強いためニューワールドのワインであることが想像されます。

 

香り

第一印象 開いている、華やかな
果実・花・植物 ラズベリー、ブルーベリー、バラ、牡丹、ドライハーブ、紅茶
香辛・芳香・化学物質 肉、カカオ、シナモン、ナツメグ、甘草
香りの印象 第一アロマが強い、木樽からのニュアンス

甘やかな香りがするため、日本のマスカットベーリーAと間違えやすいですが、マスカットベーリーAほどはっきりとした「キャンディ香」は感じられません。木樽のニュアンスが感じ取れるため、以前は「ジャムトーストの香りがとれたらジンファンデル」と言われていました。

しかし、最近では青っぽさも感じられることから「抹茶キャンディー」の香りがより「ジンファンデル」を表現するのに近しい香りとも言われています。

牡丹の香りとは?
実際の花の香りではなく、優雅で上品な印象を感じた際に使用する表現です

 

味わい

アタック やや強い
甘味(アルコール) ソフトな、まろやかな
酸味 円みのある
タンニン分 緻密、サラサラとした
バランス ふくよかな
アルコール やや強め
余韻 やや長い

ジンファンデルの味わいは、まろやかな甘みがあり、酸味はそれほど強くありません。また、タンニン分もそれほど強くなく、バランスのとれた味わいです。

 

このワインの総合評価としては、「熟成度が高く、豊か」であり、デカンタージュは必要なし供出温度は17-20度グラスは中庸のものを選択するのが〇です。

 

このワインは、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

フランス産ピノ・ノワール

フランス産ピノ・ノワール

ピノ・ノワールは、先日の記事でアメリカ産のピノ・ノワールをまとめましたが(記事はこちら)、今回はフランス産です。

今回飲み比べをしたのは、ブルゴーニュのシャブリで生産されている「ドメーヌ エルヴェ・シャルロパン フィサン(2016年)」です。(写真左)

 

外観

清澄度 澄んだ
輝き 輝きのある
色調 ルビー、ラズベリーレッド、縁が明るい
濃淡 やや明るい
粘性 やや強い
外観の印象 若い状態を抜けた、成熟度が高い

このワインはフランスのピノ・ノワールなのに、粘性が高いため品種・産地共に言い当てることが難しいです。

グラスを傾けた時のワインの縁が、明るくなっているため「若い状態を抜けた」と判断することができます。(若い状態だと紫色⇒縁が明るい⇒熟成するとオレンジ色になる)

 

香り

第一印象 開いている、チャーミングな、華やかな
果実・花・植物 ラズベリー、ブルーベリー、バラ、スミレ、紅茶、ローリエ
香辛・芳香・化学物質 肉、なめし皮、シナモン、ナツメグ、ヨード
香りの印象 第1アロマが強い、木樽からのニュアンス

ラズベリーやブルーベリーの香りとともに、ピノ・ノワールの特徴である、肉やなめし皮などの獣っぽさも拾うことができます。また、このワインは、ミネラル感も感じられるため「ヨード」として表現することもできます。

 

味わい

アタック やや強い
甘味(アルコール) ドライな
酸味 ストレートな
タンニン分 緻密
バランス ふくよかな
アルコール 中程度
余韻 やや長い

ピノ・ノワールはタンニンがそれほど強くない銘柄が多いですが、このワインはタンニンを力強く感じられます。甘みはなくドライで、しっかりとした酸を感じられるふくよかなワインです。

味わいもニューワールドに近いものを感じますが、近年のヨーロッパのワインの中には、ニューワールドののような作り方をするワインも増えてきているそうです。しっかりと見極める必要があります。

 

このワインの総合評価としては、「エレガントで余韻の長い」ワインであり、デカンタージュは必要なし供出温度は17-20度グラスは中庸のものを選択するのが〇です。

 

このワインは、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

まとめ

最近のワインは多様性があるため、先に品種を決めずに「目の前のワイン」としっかり向き合って、最初に感じたコメントを大事にすることが大切です。飲めば飲むほど、わからなくなってしまいがちですが、試験までに多くのワインを飲んでおきたいですね。

 

価格としては、アメリカ カリフォルニア州産のジンファンデル「イントゥ ジンファンデル ロダイ」は2,000円くらい、フランス産ピノ・ノワール「ドメーヌ エルヴェ・シャルロパン フィサン」は3,000円くらいのワインです。

 

*************************************************

この記事は、「ソムリエ協会 2019年度版教本」と「ワインテイスティングの基礎知識 著:久保 將」を参考にしています。「ワインテイスティングの基礎知識」に関しては、テイスティングについて細分化して説明してあったり、香りの捉え方と、たくさんあるワインの香りの特徴など詳しく説明されているため、とても参考になります。ワインエキスパートを受験される方の役に立つ参考書です。
   

 

タイトルとURLをコピーしました