スポンサーリンク

ベンチャー企業の派遣社員で働いてみた!事務職で働くメリットとは?

女性のしごと
ころ
ころ

ベンチャー企業で事務職の派遣社員として働くのってどうなの?

という疑問を持っている方に向けて、実際にベンチャー企業の事務職(派遣社員)で働いたことのあるブログ管理人の私が、職場の雰囲気やメリットをお伝えします。

 

このブログは、「女性の仕事」をテーマにしたブログです。私は、正社員、派遣社員、契約社員など様々な雇用形態、様々な業界で働いてきました。その経験をもとに、現在仕事を探している女性に向けて、実際の職場の雰囲気や、仕事を選ぶことの楽しさを感じてもらえると良いなと思い、このブログを書いています。

 

この記事はこんな方向け
・ベンチャー企業の事務派遣で働こうか検討している女性

・転職をしたいけど、どんな会社が良いか悩んでいる女性
・様々な雇用形態、業種における女性の働き方を知りたい方
スポンサーリンク

ベンチャー企業とは

これまで様々な業界や企業の特徴をお伝えしてきましたが、今回の記事では「ベンチャー企業」で派遣社員の事務職として働くことについてお話します。

 

そもそも「ベンチャー企業」とは、どのような会社なのでしょうか。

 

ベンチャー企業とは、新しいサービスやビジネスを展開する企業を指しますが、事業内容や会社の規模などに明確な定義はありません。

 

「新しいビジネスを立ち上げて、成長過程にある企業」であるため、会社の規模がそれほど大きくないことがいえます。そのため、大手企業に勤めるよりも、福利厚生面では充実していないことが多いです。

 

事務職や派遣社員として働く場合は、会社を選ぶ際に「福利厚生面の良さ」を判断基準にする方も多いのではないでしょうか。そのため「ベンチャー企業」を避ける方も多いと思います。

 

ベンチャー企業で働くメリット

ベンチャー企業で働く「デメリット」は、

  • 会社の規模が小さいので福利厚生面が充実していない
  • 知名度が低いことが多いので、勤め先が自慢にならない
  • 将来性が不安…

などがあげられると思いますが、思っているよりメリットも多いです。私が感じたベンチャー企業で働くメリットをお伝えします。

 

仕事環境の変化が多い

ベンチャー企業は成長過程であるため、会社の方針や制度、またはオフィス環境などの変化が激しいです。オフィスの場所が移転したり、社内のシステムが総入れ替えされたり、あわただしく毎日が過ぎ去っていきます。

 

そのため、事務職といえど頻繁に変化に対応する必要が出てきます。私は刺激のある職場が好きなので、ベンチャー企業の変化の速さをメリットに感じましたが、変化が少なく穏やかな職場を求める方にはデメリットになります。

 

事務能力が格段に上がる

よく、「ベンチャー企業は成長できる」と聞きますが、それは事実です。そして、それは営業などの総合職だけではなく事務職にも該当します。目まぐるしく変わる環境の中で、たくさんの事務作業をこなさないといけません。

 

そのため、忙しく働くことにはなりますが、事務の経験値が上がり、「事務能力」が格段に上がります。事務職の派遣社員は限定された仕事を対応するケースも多いですが、幅広い仕事に携われるため、対応できる仕事の範囲も広がります。事務職として成長できるのです。また、ベンチャー企業は最新のシステムを導入しやすい傾向もあるので、最新の事務機器を扱えるようになったりもします。

 

会社の雰囲気が明るい

これもベンチャー企業の大きな特徴である「成長過程」から発生するものですが、「成長過程」であるということは、「儲かっている、つまり利益が出続けている状態」ということです。

 

会社は利益が出続ければ、社内の雰囲気は明るくなります。そのため、ベンチャー企業に勤めていた時は、比較的楽しく働くことができたと思います。また、実際に働いている人も、モチベーションの高くて、自由なタイプの人も多いので、大企業のようなカチっとした雰囲気は感じられません。

 

珍しい経験ができる

ベンチャー企業は、大手上場企業に比べて、会社が株主の厳しい監視にさらされることが無いため、自由な社風であることが多く、珍しい経験ができることがあります。

 

私が勤めていたベンチャー企業の社長は、「六本木ヒルズ」に住んでいましたが、会社の決起集会を社長の自宅で行うことがありました。そのため、そのベンチャー企業の地方の小さな支社に勤めているだけの一般庶民の私が、「六本木ヒルズ」に足を踏み入れることができたのです。

 

これは、従業員数がそれほど多くない会社であり、なおかつ社長がある程度会社を自由に操作できるベンチャー企業だから出来ることだと思います。

 

また、全従業員を集合させる会議も多く、頻繁に東京への出張もありました。普通の事務職で、ましてや派遣社員で東京への出張があるケースは少ないです。頻繁に出張ができるというのも珍しい経験でした。

 

派遣社員から正社員へ切り替えられやすい

ベンチャー企業は利益を出し、事業を拡大している途中であるため、人員不足に陥っているケースが多いです。そのため派遣社員を正社員に切り替えることへのハードルが低いです。全てのベンチャー企業で、全ての派遣社員が正社員になれるとは限りませんが、大手企業に比べると、正社員に切り替わる可能性は高いです。

 

私の勤めていたベンチャー企業でも、事務職の派遣社員が簡単に正社員に切り替わっていました。私も「正社員にならないか」と声をかけられましたが、残念ながら断ってしまいました。その時のその企業は、成長過程でしたが、少し将来性に不安があったことと、もう少しいろんな会社で働いてみたいと思ったことが理由でした。

 

まとめ

ベンチャー企業は、豊富な事務経験がつめたり、珍しい経験ができたりとメリットがたくさん得られる会社だと思います。しかし、私が働いていたベンチャー企業は、現在はもう存在していません。あの時、正社員になっていたら…と思うと少し怖いです。

 

ベンチャー企業の事務職の社員で長く勤めるつもりであれば、その会社の将来性をしっかり見据えた方が良いと思います。派遣社員として、「ベンチャー企業で働いてみたい」という希望があったり、その会社で長く働く予定ではないのであれば、、会社の雰囲気が明るい中で、珍しい経験もできるのでおすすめしたい企業です。

 

あくまで私が働いて感じた個人の経験談ですが、仕事を選択する上で参考にしていただけたら幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました