無添加主義も納得!MiMC化粧品の成分と使用感を徹底レビュー

MiMCのメイク用品一式 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品や商品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加商品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

この記事はこんな方向け

  • MiMCの化粧品が気になっている方
  • 無添加のメイク用品を探している方
  • 肌に触れるものの安全性を気にしはじめた方
 

 

このブログでは、さまざまな無添加やオーガニックの商品をご紹介していますが、今回は、

MiMC (エムアイエムシー)の化粧品

について。

 

「MiMC」さんは、石けんでオフできるメイク「ミネラルファンデーション」で有名なメーカーですが、使用する成分には肌に負担のかける成分を使用しないと決めて、無添加な化粧品づくりをしています。

 

そんなMiMCさんの化粧品を、無添加主義のブログ管理人が、徹底レビューをしたいと思います。

※MiMCさんのスキンケアについては、下記の記事でレビューしています。

 

スポンサーリンク

MiMCさんの化粧品の特徴

MiMCさんの化粧品についてご存知ない方のために、簡単にMiMCさんの化粧品の特徴をお伝えします。

その特徴は大きく2つ。

 

石けんで落とせる!

MiMCさんの化粧品の最大の特徴「石けんでオフできるメイク」であること。

メイクを石けんで落とせるということは、クレンジングが不要ということ。

 

クレンジングには、メイクを落とすための「界面活性剤」が使用されています。

一般的なファンデーションには、メイク持ちをよくするために、大量の油分や化学合成物質(添加物)が使用されています。

その落としにくい成分を、強い洗浄力をもつ界面活性剤が、洗い流してくれるのです。

強い洗浄力を持つということは、肌にも負担がかかるということ…。

 

クレンジングが不要な化粧品を使用すれば、「クレンジング」という行為が必要なくなり、肌への負担を減らすことができるのです。

 

石けんオフメイクについての詳細な説明は、下記の記事にまとめています。

 

肌に負担をかける成分は無添加!

MiMCさんの化粧品には、「入れないと決めている成分」があります。

それは下記の成分で、

  • 合成着色料
  • 合成香料
  • 合成防腐剤
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • タール系色素
  • タルク

肌に負担をかけると言われている成分を使用しないと決めているため、安心の無添加処方な化粧品なのです。

また環境にも配慮したメーカーであり、動物実験も行っていません

 

MiMC化粧品 商品レビュー

ミネラルクリーミーファンデーション

MiMCミネラルファンデーション
出典:MiMC

ミネラルファンデーションは化粧下地が不要です。

 

化粧下地が不要なのでメイク時間の短縮もできます。

年齢を重ねるにつれ、メイクを「シンプル」にしたいと思っていたので、まさにこのファンデーションは私の探していた理想のファンデーションでした。

 

「化粧下地もクレンジングも不要」のファンデーションと聞くと、カバー力や化粧持ちに不安を抱く方も多いかと思います。

私も最初はそうでしたが、使用してみると思ったよりそんなことはなくて、艶やかに仕上がって、自然な色で肌が一段と明るくなります。

 

そばかすなどをしっかり隠す効果はありませんが、艶やかさと明るさで見えにくくなるといった感覚です。

 

ミネラルファンデーションの成分

ミネラルファンデーションの成分は次のとおりです。

野菜油、スクワラン、ミツロウ、カルナウバロウ、ヒマワリ種子油、プロポリスエキス、ザクロ種子油、カミツレ花エキス、プルケネチアボルビリス種子油、ハスエキス、ビターオレンジ花油、モモ葉エキス、ホホバ種子油、ニオイテンジクアオイ油、トコフェロール、酸化亜鉛、カオリン、マイカ、酸化チタン、酸化鉄、グンジョウ、水酸化AI

 

この中の「マイカ」「酸化亜鉛」「酸化チタン」「酸化鉄」が天然鉱物のミネラルになります。

酸化亜鉛」は肌荒れを防ぐ効果があり、「酸化亜鉛」「酸化チタン」には紫外線を反射する効果もあります。

 

野菜や植物のエキスも豊富に使用されていますが、見慣れない主な成分については下記のとおりです。

 

スクワランとは
サメの油脂分。人間の皮脂の成分スクワレンと同じ成分のため、安全性の高い成分として化粧品に使用されることが多い。
引用:コトバンク スクワラン
ミツロウとは
ミツバチ(働きバチ)の巣を構成する蝋(ろう)のこと。
引用:Wikipedia 蜜蝋
トコフェロールとは
ビタミンEのこと。自然界に広く普遍的に存在し、植物・藻類などの光合成生物により合成される。
引用:Wikipedia ビタミンE
グンジョウとは
青系のカラーに使われるグンジョウ(群青)は、ディープな青からピンクに近いものまで色の幅が広い鉱石。
引用:MIMC 
水酸化AIとは
天然または化学合成でつくられるアルミニウムの水酸化物で、白色の結晶性粉末です。水やエタノールには溶けない。酸化チタンの表面処理剤として使用される。
引用:化粧品成分オンライン 水酸化AIとは
 

ミネラルクリーミーファンデーションの使い方

私は最初、このファンデーションを使用するときに「下地がないって、どういうことだろう?クリームを塗ってからそのままファンデ?」と疑問に思っていましたが、スキンケアの最後に使用する「ハーブバーム」が下地の代わりになります。

最近、「化粧下地」も発売されましたが、下地が無くてもファンデーションがよれたり、化粧崩れもほとんどなかったので、使用しなくてもよいかなぁと思います。

ハーブバームを塗った後は、専用のパフで軽くファンデーションをすくって、顔になでるように塗っていきます。私はサラッとしたメイクが好きですが、多めにファンデーションをすくってマットな仕上がりにもできます。

ナチュラルメイク派の方であれば、仕上げのパウダーも使わずに、このファンデひとつでナチュラルなツヤ肌に仕上げることができます。

 

ミネラルクリーミーファンデーションは、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

ミネラルエッセンスモイスト

MiMC ミネラルエッセンスモイスト

私は最近、ミネラルファンデーションから、この「ミネラルエッセンスモイスト」に乗り換えしました。ミネラルエッセンスモイストはこの一つの商品で、

  • メイクアップベース
  • ファンデーション
  • フィニッシュパウダー
  • UVケア
  • 美容液

この5つの役割を果たしてくれるスグレモノなのです!

この写真がファンデーションを手に付けたところです。見えにくいかもしれませんが、親指の付け根の部分です。毛穴を隠すようなカバー力は、それほどありませんが、肌に透明感が出ます。

MiMC ミネラルエッセンスモイストを手につけたところ

ミネラルファンデーション同様に石けんオフもでき、成分も申し分ありません。フェイブラシを使用して、さっと顔に付けるだけで、ナチュラルメイクが仕上がります。

※成分は下記のとおり
マイカ、酸化チタン、シリカ、カオリン、メドウフォーム油、オリーブ果実油、ホホバ種子油、スクワラン、ザクロ種子油、ヨーロッパキイチゴ種子油、プルケネチアボルビリス種子油、野菜油、トコフェロール、ステアリン酸、酸化亜鉛、酸化鉄

 

ミネラルエッセンスモイストは、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

ミネラルカラーチーク

MiMCミネラルカラーチーク

MiMCさんはチーク商品がいくつかありますが、私はこの商品が使いやすいため選択しています。

蓋を開けると下の写真のようになっていて、そのまま頬にぽんぽんとあてるだけで、ふんわりチークが完成します。

MiMCミネラルカラーチークの中

薄付きのチークなため、濃いメイクが好きな方には少し物足りないかもしれません。

ポイントメイク用品も、下記の成分がすべてフリーです。そして、石けんオフできる仕様になっています。

動物由来成分、合成着色料、タール系色素、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、シリコーン、タルク、合成ポリマー、アルコール、合成防腐剤、パラベン、紫外線吸収剤、石油系成分

 

ミネラルカラーチークは、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

ミネラルクリーミーチーク

MiMCミネラルクリーミーチーク

こちらもチーク商品ですが、私はコンシーラーとして使用しています。目の下のクマを綺麗に隠してくれるスグレモノです。

先ほどレビューした「ミネラルカラーチーク」と「ミネラルクリーミーチーク」を、手の甲に付けてみました。

ミネラルクリーミーチークとミネラルカラーチークを手の甲に付けたところ

この写真もかなりわかりづらいですが、親指の付け根あたりが「ミネラルカラーチーク」で、その上が「ミネラルクリーミーチーク」です。

ミネラルクリーミーチークの方がマットでカバー力があります。そのため、コンシーラーとして大活躍してくれるのです。(もちろんチークとしても使えます)

 

ミネラルクリーミーチークは、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

コンシーラーとして使用するのであれば、「ベースコントロールピンク」がおすすめです

 

ミネラルプレストアイブローデュオ

MiMCミネラルプレストアイブローデュオ

パウダータイプのアイブロウです。

MiMCさんのアイブローは、マスカラタイプやペンシルタイプもありますが、私はパウダータイプが好きなのでこちらを使用しています。

2色パレットになっていて、それぞれを手の甲に付けた写真がこちらです。

ミネラルプレストアイブローデュオを手に付けたところ

どちらも発色が良く、パウダータイプですが持続力があります。私は1日過ごしても、アイブロウのメイク直しをすることはありません。

 

ミネラルプレストアイブローデュオは、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

ミネラルハニーグロス

MIMCの化粧品

口紅やグロスの成分は、どうしても食事と一緒に体内に入ってしまいますよね。

女性は人生で6本の口紅を食べていると聞いたことがありますが、口紅の成分は危険性が高いものが多いので怖いですよね。

MiMCのグロスやリップは、もちろん天然成分100%なので、安心して使用できます。下の写真はグロスを手に付けたところです。

ミネラルハニーグロスを手の甲に付けたところ

発色も良くかわいらしい色使いです。多少落ちやすくはありますが、危険な成分を少量ずつ食べることを考えると、多少グロスが落ちやすくても全く気になりません。

 

ミネラルハニーグロスは、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

まとめ

最近は、あえてさまざまなオーガニックメーカーを使用していますが、私は3年ほどスキンケアから化粧品まで「MiMC」一色の時期がありました。

成分にこだわっているのに、使用感も良い」というのがこの商品を選択した最大の理由でした。

 

化粧品は肌に直接ふれるものなので、食品と同じように成分にこだわったメーカーのものを使用したいですよね。

 

MiMCさんの化粧品は、Amazon・楽天市場・Yahooショッピングで購入可能ですが、ショップによって金額の変動があるので、公式サイトやコスメキッチンでの購入がおすすめです。

 

MiMCの公式サイト

MiMC

コスメキッチンの公式サイト

コスメキッチン

※コスメキッチンは、公式サイトと同じ価格で販売しています。MiMCさん以外の、無添加やオーガニックのスキンケア商品を販売をしているので、会員登録をして購入するならコスメキッチンがおすすめです。

 

この記事を読んでいる方は、スキンケアの選択を迷っている方だと思うので、参考になるようでしたら幸いです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました