スポンサーリンク

無添加のキムチは売ってない!?やっと見つけたおすすめ無添加キムチ

キムチイメージ 無添加のたべもの
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

 

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

今回のテーマは、

無添加のキムチは売ってない!?
やっと見つけたおすすめ無添加キムチ

です。

 

この記事はこんな方向け
無添加のキムチを探している方
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方
スポンサーリンク

市販のキムチか、自家製キムチか

キムチ

私は辛いものが苦手で、独身の頃は「キムチ」というものを自分で買うことはありませんでした。家族も特に辛いものが好きではなく、キムチが食卓に出ることもありませんでした。

 

しかし、結婚して夫と暮らすようになってから、「キムチ」への需要があったのです。夫に「今日はお鍋にするけど何鍋が良い?」と聞くと「キムチ鍋!」との回答。「キムチ鍋…」という発想のなかった私は、とりあえずクックパッドで「キムチ鍋」を検索。

 

作り方は簡単で味噌味の鍋に「キムチ」を入れるだけ。なのでさっそくキムチを買いに近くのスーパーへ。キムチ売り場を発見すると思いのほか、たくさんの種類のキムチが並んでいました。

 

「これだけたくさんの種類があるなら、一つくらいは無添加のものが見つかるだろうなぁ」と思ってすべての種類のキムチの原材料をチェック。

 

まさかの無添加のキムチが全く無い。一つ韓国からの輸入商品の「宗家キムチ」がほぼ無添加でしたが、価格が高かったのと「国産にこだわりたい」との思いで断念しました。

 

「こうなったらキムチは手作りだ!」と再びクックバッドで検索。しかしキムチを作るには、本当に手間がかかるのです。

【キムチの作り方】

白菜イメージ①白菜を天日で干す
②下漬け
③白菜に重石を乗せて1日
④ミキサーであみの塩辛やニンニク生姜をかける
⑤④と砂糖、粉末唐辛子、塩を混ぜ
 大根とネギを入れて20分しんなりさせる
⑥白菜の葉1枚ずつにヤンニョン塗りつける
⑦容器に詰め一晩おく

これほどの工程をこなさねばならず、買わなくてはいけない材料も多いので手作りも断念せざるを得ませんでした…。(ヤンニョンてなんだろう)

 

その日のお鍋は諦めて、ただの味噌鍋にしましたが「無添加のキムチ」を探すことにしたのです。スーパーを何件かはしごして、ようやく見つけた「国産の無添加キムチ」をご紹介します。

 

おすすめの無添加キムチ

私は愛知県にあるフランテというスーパーで、「無添加のキムチ」を見つけることが出来ました。「カナモト食品」さんの「きざみキムチ」です。白菜と唐辛子は、「安心」と「健康」のために自社農場で栽培しているという、こだわりのキムチです。

きざみキムチ

きざみキムチ原材料

●商品名:きざみキムチ
●製造者:㈲カナモト食品 
●原材料:白菜つけ、漬け原材料(昆布だし、唐辛子、
     にんにく、リンゴ、砂糖、麦芽水飴、
     あみ塩辛(一部にえびを含む)、玉ねぎ、
     いわし塩辛、食塩、もち米粉、生姜)
●内容量:200g
●賞味期限:購入時点から2週間くらい先

 

【味や食感】
私は辛いものが苦手なので、キムチをそのままで食べれないのですが、夫曰く「普通においしい」とのことでした。辛さは控えめだそうです。キムチ鍋として調理してから、私も食べましたが、白菜の味や、その他の調味料の味がしっかり出ていて、美味しく食べることが出来ました。中身はこんな感じです。

無添加キムチの中身

 

【価格】
私の購入したスーパーでは、200gで298円(税込)で販売していました。それほど高いわけではありませんでした。Amazonでも買えますが、送料含めると割高になってしまうので、販売しているスーパーなどで、探していただくのが良いかもしれません。

 

「カナモト食品」さんの「きざみキムチ」の商品詳細ページはこちらです。

 

まとめ

キムチチャーハン

無添加食品で美味しいものを探すのはとても大変な作業です。無添加食品は、価格も高いのでホイホイ購入しずらい部分もあります。

 

またせっかく購入しても、味が物足りない…美味しくない…ということも良くあります。保存料が入っていないため賞味期限も短く使い切れずに捨ててしまうこともあります。

 

このブログに記載している商品は、私が食品添加物を摂取しないために調べたり、実際購入して口にしている商品です。このブログを見て購入いただいて、イマイチおいしく感じられないようでしたら申し訳ありません…。

 

しかし私は無添加の商品を購入するときは、

・スーパーでひたすら原材料を確認

・「無添加」「調味料(食品名)」と検索

・見つけた商品の評価を見て購入

・食べてみて自分で評価

という作業を行っているので、ブログを読んでくださる方々の、その作業時間を少しでも減らせるのであれば幸いです。

 

その他の無添加の調味料や食品については、こちらのページにまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました