スポンサーリンク

美髪と美肌のためのおすすめオーガニック・無添加シャンプー厳選2選

シャンプーイメージ 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品や商品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加商品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

この記事はこんな方向け
・無添加シャンプーを探している方

・洗剤、シャンプーなどの安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方
スポンサーリンク

シャンプーの「無添加」とは

女性の後ろ姿

私は美容と健康の観点から食品添加物を摂取しないようにしています。食品の添加物を気にし始めて食品の危険性について勉強をし始めると、自然とその他のスキンケアや洗濯洗剤、ボディーソープからシャンプーまで、「自分が知らないだけで実は危険な成分が入っているのでは?」と、とても心配になってしまいました。

 

そして調べているうちに、シャンプーは「何が無添加」で「何がオーガニック」なのかがわからなくなってしまいました。私のようにシャンプーを購入するにあたって何が良いのかが判断できず困っている方のために、シャンプーにおける「無添加」「オーガニック」とは何なのか?について説明したいと思います。

 

実は、「食品」における「添加物」は厚生労働省によって物質が指定されています。しかし化粧品や洗剤、シャンプーなどは国によって「何が添加物」なのか定められていません。そのため、「無添加」と表記されていても、メーカーによって「何が無添加なのか」が違うのです。

 

そして、「オーガニック」とは有機栽培された植物のエキス等を使用している場合に使用されます。石油由来の合成化学物質のような安全性に懸念がある成分が入っていても、「オーガニック」の植物エキスを使用していたら「オーガニック」と謳って販売されていることもあります。つまり、消費者の私たちが使用されている成分を、きちんと確認する必要があるのです。

 

シャンプーにおける「危険成分」とは

シャンプーの成分

シャンプーにおける「危険成分」は一般的に、下記の化学的に合成された成分のことを指します。これらの成分が入っていないシャンプーを「無添加」と謳って販売されていることが多いです。

  • 石油由来の界面活性剤
  • 合成香料
  • 合成色素
  • 合成防腐剤

※「シリコン」も化学合成された物質ですが「シリコン」が入っていないシャンプーは「無添加」と言わず「ノンシリコン」と呼ばれています。

 

それぞれの成分の詳細と、その危険性についてみていきます。

石油由来の界面活性剤

「界面活性剤」とは、石鹸をはじめとする洗剤の主成分です。石油を原料とした「界面活性剤」を使用し合成した洗浄成分のことを一般的に「合成洗剤」と呼びます。代表的な成分は、次のとおりです。

  • ラウリル硫酸系
  • ラウレス硫酸系

洗浄力が強く頭皮に必要な皮脂も洗い流してしまうため、乾燥の原因になりえる成分です。また毛穴から浸透し、皮膚に湿疹やアレルギーなどの症状が出る「経皮毒」を引き起こす危険性もあるのです。

※「界面活性剤」は植物由来のものもあります。そして石鹸も「界面活性剤」に該当します。「界面活性剤は良くない」という声がありますが、皮膚にとって危険性が高いのは「石油を原料とした界面活性剤」です。

 

合成香料

シャンプーに香りを付けるための成分のことです。天然の香料に比べて、においが持続するメリットがあります。石油や石炭から抽出した成分に化学物質を調合して人工的に作られるもので、アレルギーやかぶれの原因となるといわれています。また、「発がん性」があるという懸念もあります。代表的な成分は、次のとおりです。

  • イソオイゲノール
  • オイゲノール
  • 安息香酸
  • 桂皮アルコール
  • 桂皮アルデヒト

 

合成色素

シャンプーに色を付けるための成分のことです。天然の着色料に比べて、色をしっかり付けることができます。合成香料同様に石油から合成されてできているため、アレルギー、かぶれ、発がん性などの危険性が懸念されています。主な成分は、次のとおりです。

  • タール系色素
    赤色〇号、青色〇号など

 

合成防腐剤

シャンプーは水が主成分です。保管場所が高温多湿のため菌が繁殖しやすく、菌の繁殖を防ぐための成分が防腐剤です。合成香料同様に石油から合成されてできているため、アレルギー、かぶれ、発がん性などの危険性があります。主な成分は、次のとおりです。

  • メチルパラベン
  • エチルパラベン
  • フェノキシエタノール

 

頭皮は他の部分の皮膚に比べて3.5倍吸収率が高いと言われています。そして石油由来成分は皮膚に浸透しやすい特徴を持っているため、石油由来の成分が入っていないシャンプーを選びたいものです。

 

ここで、私が安心できる成分を調べて購入し、使用感、効果などを踏まえて良かった「無添加シャンプー(ノンシリコン)」をご紹介したいと思います。

 

おすすめの無添加シャンプー①

100%天然由来成分の「シンスボーテ」です。

シンスボーテ
シンスボーテの成分

●発売元:株式会社N&O Life
●内容量:300ml
●使用期限:開封後1年
●全成分:
水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドDEA、ペンチレングリコール、ラウラミドプロピルベタイン、塩化Na、ラベンダー花水、ココイルグルタミン酸Na、スイゼンジノリ多糖体、ホホバ種子油、バオバブ種子油、ツバキ油、ツボクサエキス、カニナバラ果実エキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、チャ葉エキス、タチジャコウソウエキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、カンゾウ根エキス、ローズマリー油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、グレープフルーツ果皮油、ポリクオタニウム-10、プロパンジオール、BG、クエン酸、カプリル酸グリセリル

 

【使用感など】
石油由来の成分は一切入っておらず、動物由来の原料も使用していません。使用感は泡立ちがとてもよく、香りはそれほどないですが、天然香料に慣れている私は合成香料のきつい香りが苦手なので、このくらいの香りで良いかなと思っています。ロングヘアーの私でも、1回2プッシュで2か月弱使用できます。

 

この商品は「産後のケアに」と謳っています。私は出産はしていないのですが、まず成分の良さに惹かれて購入して、成分・使用感ともに満足して使用しています。

 

使用し始めてから、ロングの髪の毛が絡まりづらくなりましたし、朝起きたての髪形も手ぐしですんなりまとまるようになりました。髪の毛の健やかさを感じています。

 

【価格】
通常価格は「シャンプー」と「トリートメント」でセットで5,800円(税抜)です。ただ、定期便を利用すると初回が2,900円(税抜)、2回目以降が5,220円(税抜)になります。ドラッグストアで購入できるシャンプーよりもかなり高いお値段ですが、その分の効果は実感できると思います。

 

★★「シンスボーテ」の公式サイトはこちらです★★

【99%以上天然由来&国産オーガニック】シンスボーテ

 

おすすめの無添加シャンプー②

こちらも100%天然由来の「haru」です。

無添加シャンプーharu
haruシャンプー成分
●発売元:株式会社nijito
●内容量:400ml ※約2ヶ月分
●使用期限:開封後4か月
●全成分:
水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、グリセリン、プロパンジオール、ココイルメチルアラニンNa、ココイルグリシンK、セロリ種子エキス、乳酸桿菌/マテチャ葉発酵液、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(カプロイル/ラウロイル)ラクチレートNa、クエン酸トリエチル、サピンヅストリホリアツス果実エキス、トコフェロール、ホップエキス、オオムギ発酵エキス、豆乳発酵液、ワカメエキス、アカモクエキス、スイカズラ花エキス、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、マテチャ葉エキス、カボス果汁、アサイヤシ果実エキス、グアバ果実エキス、コーヒー種子エキス、ビワ葉エキス、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、センキュウ根茎エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、ハイブリッドローズ花エキス、カミツレ花エキス、ブッソウゲ葉エキス、ヘマチン、海塩、グルタミン酸Na、グリシン、アラニン、水添ホスファチジルコリン、ダイズステロール、ポリクオタニウム-10、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10、BG、エタノール、キサンタンガム、レシチン、デキストラン、シリカ、レモン果皮油、アオモジ果実油、グレープフルーツ果皮油、オレンジ油、イランイラン花油、ライム油、カプリリルグリコール

 

【使用感など】
使用している植物オイルは「シンスボーテ」より多いです。私は「シンスボーテ」の前に、こちらの商品を利用していました。「シンスボーテ」同様、泡立ちも良く、なんといってもリンス、トリートメントが不要で、日常の洗髪はこの1本で終わります。トリートメントも販売していますが、このシャンプー1本で充分です。グレープフルーツのような柑橘系のさわやかな香りがあります。

 

【価格】
「シャンプー」のみの価格で3,600円(税抜)です。トリートメントが不要なので「シンスボーテ」と比べると安くなります。こちらも定期便を利用すると安くなり、1回2,880円になります。

 

haruシャンプーの詳細な商品レビューをこちらの記事にまとめています。

 

まとめ

お風呂イメージ

無添加、オーガニックの製品は価格が高いです。「無添加」「オーガニック」の定義は国で定められておらず、メーカーによって「何が無添加なのか」、「何がオーガニックなのか」が自分で調べないとわからない状況です。

 

私が自分で無添加・オーガニック商品を購入するときも、「結局どれが良いの?」というのがわからず、自分が求めていたものにたどり着くまでに、とても長い時間とコストをかけてしまいました。

 

ブログを読んでくださる方々が、そんな時間とコストを減らすことができて、自分に合った商品を見つけて10年後の「キレイ」につなげていただけたら幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました