スポンサーリンク

サラダ油はなぜ体に良くないの?美容と健康のための正しい油の選び方

食卓イメージ 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

 

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。しかし「無添加」の食品を探すのは至難の業です。

 

様々な場所で「無添加食品」を探し回って、見つけた食品をもとに記事を書いています。

 

今回のテーマは、

サラダ油はなぜ体に良くないの?
美容と健康のための正しい油の選び方

です。

 

この記事はこんな方向け
・サラダ油の危険性について知りたい方

・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方

 

スポンサーリンク

サラダ油は危険なのか

私は日々、「食品添加物」をできるだけ摂取しないような食生活を送っています。「食品添加物」を気にし始めて以来、ネットなどで「食品添加物が入っていない食品」を探していると、様々な食品の「危険性」についての記事に触れることがあります。

 

そこで気になり始めたのが「」の話です。母親から「サラダ油は体に良くないらしい」という情報は聞いたことはありましたが。しかし「なぜ良くないのか?」があやふやだったので、結婚して料理を始めることを機に、自分で勉強をしました。

 

いまでは美容と健康に良い、自分の使い方に合った油を選択して毎日料理をしています。

 

これまで様々な「無添加」の食品のおすすめをご紹介してきましたが、この記事では「無添加」食品ではなく、美容と健康のための油の選び方についてお話します。

 

「油」とは

油

まずは「油」について説明します。油の主成分は「脂肪酸」です。

 

脂肪酸は、

  • 飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸

の2つの種類に分かれます。

 

飽和脂肪酸とは

バター・脂身の多い肉・ソーセージなど動物性の脂に多く含まれていて、常温では固体になる脂肪酸です。

体内で悪玉のLDLコレステロールを増やす作用があるため、摂りすぎると動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす危険性があると言われています。

不飽和脂肪酸とは

常温で液体のものが多く体内で固まりにくく、血中の中性脂肪やコレステロール値の調整をする働きを持っています。不飽和脂肪酸はさらに2種類に分かれます。

 

一価不飽和脂肪酸
オメガ9脂肪酸のことで、主な脂肪酸はオイレン酸。血中の悪玉コレステロールを低下。循環器系疾患の減らせる可能性があります。

➡オリーブオイル、キャノーラオイル、パーム油、米油など

 

多価不飽和脂肪酸
人間が体内で合成できないため摂取する必要がある必須脂肪酸の「オメガ3脂肪酸」と「オメガ6脂肪酸」にわかれますが、高血圧の予防や血中のコレステロールの低下効果などがあります。

 

  • オメガ3脂肪酸:主な脂肪酸はリノレン酸やEPA・DHA

   ☞くるみ油、亜麻仁油、えごま油など
 

  • オメガ6脂肪酸:主な脂肪酸はリノール酸   

   ☞コーン油、ひまわり油、ごま油、大豆油など

 

上記のことを踏まえると、主成分が「飽和脂肪酸」の油ではなく、「不飽和脂肪酸」の油を選ぶことが、美容と健康には良いということが見えてきたと思います。

 

ではサラダ油はどのような油なのでしょうか。

サラダ油の危険性

油イメージ

サラダ油はJAS(日本農業規格)にて以下の原材料と規定されています。

●菜種
●綿実
●大豆
●ごま
●ひまわり
●トウモロコシ
●ベニバナ
●ひまわり
●米
●落花生

このうち2種類以上を混ぜたものを「調合サラダ油」と呼びます。大手メーカーのサラダ油はおおよそ「調合サラダ油」です。

 

上記原材料の油は植物の油で体に良いとされる「不飽和脂肪酸」の油です。では「サラダ油」は安全なのか?というとそうではありません。

 

サラダ油の危険性は製造過程の危険性原材料の危険性の2つがあるのです。

 

製造過程での危険性

サラダ油は精製過程で何度も熱処理が加えられます。その際に「ヒドロキシノネナー」という物質が発生します。この物質は血液内に高濃度で存在すると毒性を示します。DNAの損傷を引き起こし、細胞が壊死してしまうのです。また神経疾患や動脈硬化、がんなどを引き起こす可能性もあります。

また油は、熱処理を加えることにより「トランス脂肪酸」も一緒に生成されてしまうのです。

 

トランス脂肪酸とは
WHO(世界保健機関)のレポートにより、心臓疾患のリスク増加との強い関連が報告され、また摂取量は全カロリーの1%未満にするよう勧告されています。また2018年5月にWHOは、マーガリンなどに含まれる「トランス脂肪酸」を2023年までに世界の食品から一掃することを目指し、段階的な戦略を発表。アメリカではすでに飲食店に対しトランス脂肪酸の上限を法規制しています。

 

原材料の危険性

一般的な調合サラダ油の原料は、菜種(キャノーラ)や大豆を使用していますが、これらは海外より輸入されています。そして、その「菜種や大豆」は遺伝子組み換えされた品種である可能性が高いのです。遺伝子組み換えを行った菜種や大豆は安価ですが、「発がん性」があると言われているのです。

また、栽培中に使用される農薬についての安全性も問われています。

 

油の選び方

油イメージ

これまで説明してきた通り、油は加熱をすると「危険物質」を発生してしまいます。

 

また、「油」は空気に触れたり熱を加えたりすることにより酸化が進みます。酸化が進むと「過酸化脂質」が発生し、この物質は動脈硬化を引き起こすと言われています。そして、空気による「酸化」よりも、加熱による「酸化」の方が、「酸化」の促進を早めてしまいます。

 

油は「熱に強い油」と「熱に弱い油」に分かれます。つまり、「熱に強い油」は火を通す調理に使い、「熱に弱い油」は熱を通さずに使用するのがベストなのです。

 

■熱に強い油
ごま油・ひまわり油・こめ油・ココナッツオイル・オリーブオイル・ピーナッツオイルなど
■熱に弱い油
オメガ3脂肪酸の油でくるみ油・亜麻仁油・えごま油など

 

加熱による「酸化」の影響を、最小限にとどめるためにも、加熱調理をする際は「熱に強い油」を選ぶ必要があります。「油」は用途によって使い分ける必要があるのです。

 

間違っても最近話題のオメガ3脂肪酸の熱に弱い油を、「健康にいいらしい」という情報だけで炒め物などに使用してはいけません。酸化の進んだ有害物質に変わってしまいます。

 

主な「油」の特徴

太白胡麻油

「油」は正しく摂取すれば栄養素がたくさん得られる食品でもあります。ここで主な油の、美容と健康の観点から見た特徴をお伝えします。

 

ごま油

不飽和脂肪酸の一種で、コレステロール値を下げる効能のある「リノール酸」「リノレン酸」や、抗酸化作用のある「ビタミンE」も多く含まれています。またごまの成分で有名な「セサミン」にも抗酸化作用やコレステロールを下げる効能もあります。

こめ油

スーパービタミンE」という抗酸化作用が強い成分が含まれていたり、「植物ステロール」という血中コレステロールを下げる効果のある成分も含まれています。

オリーブオイル

悪玉コレステロールを下げる効果や整腸作用のある「オイレン酸」や、強力な抗酸化作用を持つ「ポリフェノール」を豊富に含んでいます。また「葉緑素」という抗酸化作用・殺菌作用・抗炎症作用を持つ成分も含まれています。

えごま油

「オメガ3脂肪酸」に該当し、体内でDHAやEPAに変化する「αリノレン酸」という成分を豊富に含まれています。この成分には美肌効果、血管強化、認知症予防、うつ病改善、視力回復など様々な美容と健康効果が含まれています。

亜麻仁油

こちらも「オメガ3脂肪酸」に該当し、効能はえごま油とほとんど一緒です。亜麻仁油の食物繊維に効果的な便秘改善効果があると言われています。

 

自分が「効果を得たい効能」を持っている油を選ぶことが大切です。私が使用している、風味が良く使い勝手の良い油のおすすめも、下記の記事にまとめていますので参考までにご覧ください。

 

まとめ

食卓イメージ

「油」は毎日の食卓で必ず使用するので、こだわって質の良いものを選びたいものです。

 

これまで述べてきたように安価なサラダ油は、安心して食するには疑問が残ります。この記事を読んでくださる方々が、それぞれの食品の危険性、安全性を確かめたうえで、購入する油を選んでいただけると幸いです。

 

「無添加の調味料や食品」のおすすめを、こちらのページにまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました