スポンサーリンク

【おすすめ無添加化粧水5選】化粧水における無添加と成分の話

化粧水イメージ 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品や商品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加商品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

この記事はこんな方向け
・無添加の化粧水
を探している方
・化粧水に含まれる成分が気になる方
・お肌のために今できることを探している方

 

★無添加の調味料や食品・洗剤や化粧品について、こちらのページにまとめています。添加物や化学物質が気になる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

化粧水の無添加とは

冒頭に記したとおり、私は食品添加物を摂取しないことによって全身に広がる「じんましん」を克服することができました。

それ以来、食品はもちろん、口にするもの以外の洗剤やスキンケアなども「無添加」の商品を選ぶようにしています。

 

そこで今回の記事では、無添加の化粧水をテーマにお話します。

 

「無添加化粧水」というとファンケルさんが有名ですが、ここで「化粧水における無添加」について説明したいと思います。

 

無添加の定義

「無添加商品」とは、

「添加物」が使用されていない商品

のことです。

 

これは「食品」と「食品以外」で定義が変わってきます。

 

食品においては、食品添加物の成分が何であるかが、国によって明確に定義されています。

 

しかし、食品以外の化粧水や乳液、食器洗剤や洗濯洗剤などの日用品には、添加物が何かが国によって定義されていないのです。

 

そのため、食品以外の日用品は「無添加」を謳っていても、どの成分が無添加なのか、がメーカーによって違うのです。

 

一般的には化学合成された物質、例えば石油由来の界面活性剤や合成着色料、合成香料などが添加されていないと、無添加といわれることが多いです。

 

この中でも、特に肌に負担をかけると言われる「石油由来の化学合成物質」には注意をしたいところです。

 

化学物質と化学合成物質

ちなみに「化学物質」とは、元素と元素が結びついたものをいうので、

  • 自然のもの
  • 人間が作ったもの

ともに化学物質なのです。

 

人工的につくられている化学物質ののとを「化学合成物質」と呼び、その中には、石油を原料にしてつくられているものあります。

それが「石油由来の化学合成物質」です。石油由来の化学合成物質は安価なため、食品添加物や洗剤、繊維など様々な製品に使用されています。

 

石油由来の化学合成物資は危険なのか?

「石油由来の化学合成物質」はネット上で様々な「危険性」が問われています。私は実際に「石油由来の化学合成物質」を使用した洗浄力の強い洗剤を使用すると、肌がかぶれてしまうタイプです。

 

どの成分がどれだけ人間の体に影響があるかは、わかりません。ただ、私は体に影響が出てしまうので、「石油由来の化学合成物質」は避けるべき危険なものだと思っています。

 

最近では、石油由来の成分を使用していないスキンケアメーカーが増えてきました。そのため、どのメーカーが良いのか悩むことも多いと思います。

 

この記事では、無添加主義の私が厳選した、無添加の化粧水をご紹介したいと思います。

 

おすすめの無添加化粧水①MiMC

最初にご紹介するのは、私が長い間使用している「MiMC」さんの化粧水です。

オーガニックの成分を多用し、合成着色料、合成香料、合成防腐剤、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、タール系色素、タルクを使用しないと明言しているメーカーです。

また、動物実験も行っていません。

MiMCの化粧水

  • 商品名:ビューティービオファイター
        ピュアフルーティー
  • 製造元:株式会社MiMC
  • 全成分:
    水、BG、温泉水、グリセリン、ゲットウ花/葉/茎水、レモングラス葉/茎エキス、乳酸桿菌発酵液、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、クコ果実エキス、リンゴ果実エキス、アセロラ果実エキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、グレープフルーツ果実エキス、ブドウ葉/種子/皮エキス、ナツメ果実エキス、サンザシエキス、フランスカイガンショウ樹皮エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、イタドリ根エキス、オウゴン根エキス、ツボクサエキス、キハダ樹皮エキス、乳酸桿菌/オリーブ葉発酵エキス、乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス、p-アニス酸、アニス酸Na、アルギニン、クエン酸Na、クエン酸
  • 内容量:125㎖
  • 使用期限:未開封で1年

 

【使用感】
手に取った瞬間にさっぱりとした水の感覚があるので、潤うのかしら?と思ってつけてみるとびっくり。

さっぱりとした水分がぐんぐんと肌に吸収されているのがわかりました。

そしてテクスチャがさっぱりしてるので、乾燥しやすいかと思ったのですが、さっぱり感の割には乾燥しないのです。

 

MiMCさんの化粧水は、このほかにも赤い液体の「プリンセスケア」という商品もあります。そちらは温泉水を使用した、しっとりとしたテクスチャの化粧水です。

 

【価格】

125㎖で税込4,070円です。1㎖あたり33円です。以前はもう少し安かったのですが、どんどん価格が高くなっていきます…

 

この商品は、Amazon、楽天市場、Yahooショッピング・コスメキッチンで購入可能です。

おすすめの無添加化粧水②HANAオーガニック

続いては、天然100%のオーガニックコスメの「HANA」さんの化粧水です。植物成分のオーガニック比率も100%です。

化粧水は成分の大半が「水」で作られていることが多いですが、HANAさんの化粧水は「水」を一切使用していない化粧水なのです。

HANA ORGANIC化粧水
出典:HANA ORGANIC

  • 商品名:フローラルドロップ
  • 製造元:えそらフォレスト株式会社
  • 全成分:
    ダマスクバラ花水、プロパンジオール、エタノール、水、α-グルカンオリゴサッカリド、ハチミツ、ローズマリー葉エキス、加水分解ハトムギ種子、キュウリ果実エキス、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、グリセリン、オニサルビア油、ニオイテンジクアオイ油、ビターオレンジ花油、イランイラン花油、ラベンダー油、ビターオレンジ葉/枝油、オレンジ果皮油、クエン酸、クエン酸Na、ラウリン酸ポリグリセリル‐10、レブリン酸Na、アニス酸Na、ラウリン酸スクロース、BG (※原材料名の水はエキスの抽出剤であり、水を配合したものではありません)
  • 内容量:80㎖
  • 使用期限:未開封で1年、開封後6ヶ月

 

ホームページには全成分の由来と原産国が明記されています。MiMCさんと同じく動物実験は行っていません。

石油由来の成分は一切使用しておらず、ダイコンを乳酸菌で発酵させた成分を防腐剤を使用しています。

 

【価格】

80㎖で税込3,667円です。1㎖あたり46円です。MiMCさんよりもお高めな化粧水です。

 

HANAオーガニックさんは公式サイトで、スキンケアセット7日分のお試しセットを1,400円ほどで販売しています。

 

HANAオーガニックさんのお試しセットの商品レビューは、下記の記事にまとめています。

 

HANAオーガニックさんの公式サイトはこちら

HANAオーガニックトライアルセット

 

おすすめの無添加化粧水③etvos(エトヴォス)

続いては、石油系界面活性剤・鉱物油・シリコン・タール系色素・合成香料・パラベンフリーを謳っている「etvos(エトヴォス)」さんの化粧水です。

モイスチャライジングローション

  • 商品名:モイスチャライジングローション
  • 製造元:株式会社エトヴォス
  • 全成分:
    水、グリセリン、ラベンダー花水、プロパンジオール、ジグリセリン、BG、1,2-ヘキサンジオール、ホスホリルオリゴ糖Ca、グルコシルセラミド、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ポリクオタニウム-51、ヒドロキシプロリン、PCA-Na、乳酸Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、α-グルカン、ラベンダー花エキス、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、キサンタンガム、クエン酸、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール
  • 内容量:150㎖(写真はお試しセットの化粧水です)
  • 使用期限:未開封で1年、開封後6ヶ月

 

植物性プラセンタエキスやヒアルロン酸が含まれていて、保湿力に注力された化粧水であることがうかがえます。

 

【使用感】

とてもしっとりとしていて、両掌に伸ばした瞬間に保湿力の高さを実感できます。

ねっとりとした水分で、顔に付けるときにも重たいのかな?と思いましたが、肌に付けるとしっとりと浸透していき、化粧水をつけた後は肌がもっちりとします。

かなりの保湿力があります。

 

私は乾燥肌で、化粧水を付けてしばらくすると乾燥が気になる時もありますが、こちらの化粧水を使用した後は、乾燥を感じることが無かったです。

 

【価格】

150㎖で税込3,520円です。1㎖あたり24円です。先にご紹介している2商品よりも価格はお安いです。

 

エトヴォスさんも、スキンケアセット14日分のお試しセットを2,000円ほどで販売しています。(ミネラルファンデーションと下地とメイクブラシもセットでこの価格なのでかなりお得です)

 

エトヴォスさんのお試しセットの商品レビューは下記の記事にまとめています。

 

エトヴォスさんの公式サイトはこちら

ミネラルファンデーション スターターキット

 

おすすめの無添加化粧水④FANCL(ファンケル)

続いては、無添加スキンケアの代表である「FANCL(ファンケル)」さんの化粧水です。防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使用していません。

FANCLファンケル 化粧水 エンリッチ
出典:FANCL

  • 商品名:エンリッチ 化粧液 I さっぱり
  • 製造元:株式会社ファンケル
  • 全成分:
    水、DPG、BG、グリセリン、メチルグルセス-10、ペンチレングリコール、加水分解コラーゲン、メマツヨイグサ種子エキス、マンニトール、スフィンゴ脂質、グルコース、トレハロース、グリコーゲン、スイートピー花エキス、スクワラン、エチルヘキシルグリセリン、ローズマリー葉エキス、キサンタンガム、水添レシチン、ラウロイルグルタミン酸ジ、ポリクオタニウム-51、イソステアリン酸フィトステリル、アルカリゲネス産生多糖体、トコフェロール、カルボマーK
  • 内容量:30㎖
  • 使用期限:未開封で2年、開封後3ヶ月

 

ファンケルの化粧水は数種類ありますが、その中でも高級なラインの化粧水です。

これまでご紹介してきている化粧水の中では、植物エキスの使用は少ないですが、コラーゲンが含まれています。

 

【価格】

30㎖で税込1,870円です。1㎖あたり96円です。ファンケルの中でも高級ラインの化粧水なので、今までご紹介している中で一番高いです。

 

ファンケルさんも公式サイトで、1,400円のお試しセットを販売しています。

【ファンケル】初回半額!肌本来の美しさを引き出す無添加スキンケア

おすすめの無添加化粧水⑤N organic

最後は、「N organic(エヌオーガニック)」さんの化粧水です。

石油系界面活性剤、合成香料、鉱物油、着色料、パラベン、エタノールを不使用としています。

N organic化粧水
出典:N organic

  • 商品名:モイスチュア&バランシング ローション
  • 製造元:株式会社シロク
  • 全成分:
    水、BG、グリセリン、PEG-60水添ヒマシ油、カニナバラ果実エキス、セージ葉エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、ラベンダー花エキス、トウキンセンカ花エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、レモン果皮油、クスノキ樹皮油、マンダリンオレンジ果皮油、ショウズク種子油、ビターオレンジ花油、1,2-ヘキサンジオール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ラフィノース、キサンタンガム、フェノキシエタノール
  • 内容量:100㎖
  • 使用期限:未開封で2年、開封後3ヶ月

 

オーガニックのメーカーではありますが、植物由来の成分にこだわりながらも、アンチケミカルでもなく、「肌にとっての最善」を選択しているメーカーです。

そのため、肌にとって必要だと判断した場合には、ケミカル成分も取り入れています。

 

【価格】

100㎖で税込4,180円です。1㎖あたり96円です。定期便を利用すると、もう少し安くなったりもしますが、少し高めの価格です。

 

N organicさんも、1,500円ほどでお試しセット販売しています。

N organicお試しセット

 

最近のスキンケアは、ほとんどのメーカーと言っていいほど、価格を安くしてお試しセットを販売していますね。

お試しセットを購入し続けたら、スキンケア代がかなり浮きそうですね。

 

無添加化粧水に使用される成分について

化粧水を手に取る

ご紹介している無添加化粧水の成分を表記しましたが、代表的な成分について補足説明します。

 

化粧水は、成分の大半が水でつくられています。

一般的には、水からミネラルや塩素を除去した「精製水」を使用している商品が多いです。

水を使用しないで化粧水をつくっているHANAオーガニックさんは、珍しいメーカーです。

 

グリセリン

こちらもほとんどの化粧水に配合されていますが、ヤシ油やパーム油など原料とした保湿効果の高い成分です。

石油を原料としてつくられるグリセリンもあり、製品によっては品質に大きな違いがあるのが注意したいところです。

ご紹介しているメーカーは石油系界面活性剤は使用していない旨を謳っているので、植物原料のグリセリンでしょう。

 

BG

ブチレングリコールのことで、こちらも保湿剤です。抗菌性も高いため、化粧水中の菌の繁殖を防ぐ役割があります。防腐剤フリーの化粧水にはBGが使用されていることが多いです。

 

PG・DPG

PGはプロピレングリコールと呼ばれる旧表示指定成分のひとつです。保湿剤として化粧水に使用されてきましたが、刺激性が強いため敏感肌の方は配慮したい成分です。

DPGはPGを作る際に副産物として生まれる保湿成分で、最近ではDPGを使用した化粧水も多くありますが、刺激性が全くないわけではないようです。

 

旧指定成分とは

現在は化粧品全成分表示が義務付けられていますが、2001年までは国によって指定された102個の成分のみ表示義務がありました。

この102個の指定成分には、使う人によってアレルギーや肌トラブルを起こす可能性のある成分、が指定されていたのです。

敏感肌の方は、化粧品を選ぶ一つの目安として、この102個の成分は避けた方が良さそうです。成分一覧はこちらです。

 

まとめ

化粧水は、人それぞれ「肌に合う・合わない」が大きく分かれるので、一概に「これがおすすめです!」とは断言できません。

ですが、肌に触れる成分がどんなものであるか、を理解して使用することは大切だと思います。

 

とりわけ無添加主義の私は、石油が原料の刺激の強い成分が含まれた化粧水は避けたいと思っているので、石油系の成分が無添加でオーガニックにこだわった化粧水を、厳選してご紹介させていただきました。

 

このブログを読んでくださる方の、今後の選択に少しでも参考になれば幸いです。

 

***********

参考:
日本オーガニックコスメ協会 102の旧表示指定成分一覧表
化粧水に含まれているBGやDPGってなに?成分表をチェック

 

タイトルとURLをコピーしました