スポンサーリンク

無添加マニアがレビュー!海外オーガニックコスメDr.ハウシュカ

Dr.ハウシュカの洗顔、化粧水、クリーム 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品や商品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加商品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

この記事はこんな方向け

  • ドクターハウシュカのスキンケアが気になっている方
  • 成分にこだわったスキンケアを探している方
  • 無添加主義、オーガニック主義の方

 

様々な「無添加食品や商品」をまとめた記事です。添加物や化学合成物質が気になる方は、是非ご覧ください↓

 

私はかなりの無添加主義です。食事はもちろん、スキンケアにも無添加やオーガニックの商品を選んでいます。スキンケアにおけるオーガニック・無添加についての説明記事こちらです)

 

以前は無添加やオーガニックのスキンケアメーカーの数は少なかったですが、ここ数年でかなり増えてきたように思います。

 

そんな数ある無添加・オーガニックのスキンケアメーカーの中でも、”100%天然由来でオーガニック成分配合”と聞くと

「使ってみたい!」

と反射的に思ってしまい、最近ではオーガニックスキンケアを購入してはレビューを書いています。

 

今回は、「Dr.ハウシュカ(ドクターハウシュカ」さん。

 

私はこれまで国産のスキンケアしか使ってきませんでしたが、外国製のオーガニックスキンケアはどうなんだろう?と興味がありました。

 

特にヨーロッパはオーガニックのスキンケアの先進国で、オーガニックの認証機関もたくさんあり基準も厳しいのです。

 

ドイツ生まれのドクターハウシュカさんのスキンケアを、無添加・オーガニック主義のブログ管理人がレビューしたいと思います。

 

スポンサーリンク

Dr.Haushka(ドクターハウシュカ)とは?

Dr.ハウシュカ公式サイト

Dr.ハウシュカさんは、1967年創業のドイツのオーガニックスキンケアメーカーです。

 

自然由来のみの原料へのこだわりと幅広い品ぞろえで、自然に寄り添うライフスタイルを提案する、世界45か国以上で愛されているグローバルブランドです。

 

またDr.ハウシュカさんは、ヨーロッパのオーガニック認証である「NATRUE」を取得しています。

NATRUEとは?
自然・オーガニック化粧品に関する厳格な基準の維持を目的として2007年に設立された、国際的な非営利団体です。配合が認められている原料はNATRUEが定めた自然原料・準自然原料・自然同一原料に限られ、製品の製造方法、 環境保護、動物保護などに関しても厳格な基準を設定しています

 

オーガニック認証機関についての説明と、主な認証機関の説明をこちらの記事にまとめています。

 

厳しいヨーロッパのオーガニック認証機関の基準を満たしたDr.ハウシュカさん。

そのスキンケアの大きな特徴について触れておきます。

 

Dr.ハウシュカさんの特徴は?

自然由来のみの原料を使用

Dr.ハウシュカ公式サイト

Dr.ハウシュカさんのすべての製品は、化学的な肥料や農薬を使用しない有機農法で育てられた、自然由来原料の植物のみを使用しています。

合成保存料、着色料、香料、鉱物油、パラベン、シリコン、PEGはすべて不使用です。

 

バイオダイナミック農法の有機栽培

オーガニックの植物エキスが配合されたスキンケアはたくさんありますが、

「オーガニック(有機栽培)がどのようにおこなわれているか」

を公表しているメーカーは少ないですよね。

 

Dr.ハウシュカさんでは、自社の農園(ハーブガーデン)を持ち、そこで”バイオダイナミック農法”という有機農法で医薬品や化粧品で使用する原料を育てています。

 

化学的な肥料や農薬を使用せず、太陽や月の満ち欠けなどの天体の動きを反映して作られた暦に合わせて、種まき・収穫・たい肥作りなどの、すべての工程を手作業でおこなっています。

 

植物エキス抽出法へのこだわり

オーガニックのスキンケアは植物のエキスを使用していますが、そのエキスを絞る際に薬品を使用しているスキンケアメーカーもあります。

 

しかしDr.ハウシュカさんでは、独自の抽出法である”リズム製法”を採用し、合成薬品や防腐剤を使わずクオリティの高い植物エキスの抽出を実現させています。

原料、栽培方法、そして植物エキスの抽出方法にまでこだわってつくられたスキンケア、

それが、

Dr.ハウシュカ

なのです。

 

Dr.ハウシュカさんの公式サイトはこちら

Dr.ハウシュカ

 

Dr.ハウシュカのスキンケア商品レビュー

Dr.ハウシュカさんにはお試しで使えるトライアルセットは販売していません。

そこで口コミをチェックして特に高評価だった、

  1. 洗顔料
    (クレンズクリーム 50㎖)
  2. 化粧水
    (フェイシャルトナー 100㎖)
  3. クリーム
    (クインス デイクリーム 30㎖)

を購入してみました。

 

洗顔料 クレンズクリーム

Dr.ハウシュカの洗顔、クレンズクリーム

毛穴汚れを効率よく吸着するアーモンド末を配合し、肌を乾燥させずに洗い上げる洗顔料です。

またトウキセンカという花に含まれるカロチロイドが、ビタミンAに転換されることにより肌を健やかに保ちます。

 

クレンズクリーム全成分

水、アーモンド、アンチリスブルネラリアエキス、トウキンセンカ花エキス、エタノール、ピーナッツ油、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、ヒマワリ種子油、ハマメリス樹皮/葉エキス、コムギ胚芽油、アーモンド油、アルギン酸Na、アセロラ果実エキス、キサンタンガム、レシチン、香料

*香料は、天然由来の精油を利用しており、シトロネロール、ゲラニオールを含みます

 

使い方と使用感

成分を見てのとおり、”界面活性剤”が使用されていません。石鹸も界面活性剤にあたるのですが、石鹸成分も使用されていません。

 

朝晩の洗顔に使用します。(メイクをしている場合はクレンジングミルクで落とす必要があります)

クレンズクリームを1〜2cm手のひらに取り、ぬるま湯でペースト状になるまで柔らかくして顔になじませます。この写真がクレンズクリームを手に取った写真と、ペースト状に伸ばした写真です。

Dr.ハウシュカ クレンズクリームを伸ばしたところ

独特な色とテクスチャで、香りも言葉で表現しづらいですがお花のようなよい香りがします。

 

洗顔というと、どうしても泡立ちのある石鹸や洗顔フォームをイメージしてしまいますが、このクレンズクリームは泡立ちません。

 

ぬるま湯で馴染ませるとアンモーンドの粒が、てのひらでざらざらと感じられます。そのつぶつぶで優しく肌をなじませていくので、スクラブ洗顔に近いと思います。

 

「本当に汚れが落ちるの?」

ととても疑問でした。

 

私はクレンジング不要なミネラルファンデーションを使用しているので、このクレンズクリームでメイクも落とせるか心配でしたが、しっかりとメイクを落とすことができました。(私はかなりのナチュラルメイクだからかもしれません)

 

洗い上がりはさっぱり系ではなく、かなりのしっとり系です。油分がかなり肌に残ります。(水をはじくぐらい)

 

そのため、洗顔にさっぱり感を求める方にはおすすめしません。

 

価格

容量 50mL:¥2,500(税抜)

ドラッグストアで購入できる洗顔と比べると高いですが、こだわりのオーガニックスキンケアの洗顔としては平均的な価格だと思います。

 

化粧水 フェイシャルトナー

Dr.ハウシュカの化粧水 フェイシャルトナー

Dr.ハウシュカといえば、化粧水である”フェイシャルトナー”が有名ですよね。

 

なんと、洗顔後の夜のスキンケアはこれ1本でOKというスグレモノです。私はシンプルなスキンケアが好きなので、とてもありがたいです。

 

アンチリスブンルネラリアという、サポニンやタンニンを含むマメ科の高山植物のエキスが使用されています。

ドイツでは古来より薬用植物として傷あとのケアに用いられてきた成分です。

 

ウイッチヘーゼル(ハマメリス)というアメリカ先住民の万能薬を言われた植物のエキスも使用されています。抗菌・抗炎症作用とともに肌を引き締める作用もあります。

 

日焼けした肌にも効果的なので、夏に向かうこれからの季節にはぴったりの化粧水です。

 

フェイシャルトナー全成分

水、アンチリスブルネラリアエキス、エタノール、ハマメリス樹皮/葉エキス、香料

*香料は、天然由来の精油を利用しており、リナロール、シトロネロール、ゲラニオール、リモネン、シトラールを含みます

 

使い方と使用感

朝晩の洗顔後に顔全体にスプレーし、手のひらでやさしく押すようにしてなじませて使用します。首やデコルテにまで使えます。

 

スプレーすると細かな粒子で顔全体に化粧水が吹き付けられて、お肌に浸透していくのがわかります。スプレーの肌あたりが気持ち良くて、何度も吹き付けたくなってしまいます。

甘いはちみつのようなよい香りがします。

 

さっぱりとしたテクスチャですが、洗顔で使用したクレンズクリームの油分が肌に残っているため、化粧水をつけたあとに時間が経っても乾燥はしませんでした。

 

ただ、石鹸などで洗顔した後に、このフェイシャルトナーを使用するだけだと乾燥が少し気になりました。クレンズクリームとセットで利用するようにつくられた化粧水です。

 

価格

容量 100mL:¥4,200(税抜)

化粧水としては高いほうになると思いますが、美容液やクリームが必要ないので夜のスキンケア代としては安いのではないでしょうか。

 

クインス デイクリーム

Dr.ハウシュカのデイクリーム クインス

肌にみずみずしさを与える、保水力のあるクインスシードのエキスを配合しています。

クインスシードとはバラ科の植物マルメロの種子から抽出される成分で、ヒアルロン酸にも匹敵する保水性があるといわれています。

 

Dr.ハウシュカのスキンケアでは日中のケアとして、環境など、日中受けやすい外部の影響から肌を守ることは大切と考えられています。

デイクリームはそのために欠かせないアイテムで、メイク下地としても使うことができます。

 

デイクリーム全成分

水、アンズ核油、アンチリスブルネラリアエキス、クインスシードエキス、エタノール、ニンジン根エキス、グリセリン、シア脂、アーモンド油、オリーブ果実油、セテアリルアルコール、アボカド油、アルテア葉エキス、ホホバ種子油、ミツロウ、クインスシードロウ、リゾレシチン、ベントナイト、ハマメリス樹皮/葉エキス、キサンタンガム、香料

*香料は、天然由来の精油を利用しており、、シトラール、シトロネロール、ゲラニオール、リモネン、リナロール、オイゲノール、安息香酸ベンジル、ファルネソールを含みます

 

使い方と使用感

朝の洗顔後、化粧水をつけたあと適量を顔全体や首すじ、デコルテになじませます。

 

クリームとしては申し分のない保湿力です。ベタつきもありません。

手に取った瞬間に柑橘系のよい香りがたち、使用していて気持ちよいです。クリームを手に取った写真がこちら。

Dr.ハウシュカのクインスデイクリーム

うすい黄色をしています。

 

クリームとしてとても優秀ですが、メイク下地として考えると、

  • SPFが配合されていない
  • 色がついていないので肌のトーンを明るくできない

ため、少し役割不足な感はあります。

 

保湿力のある、香りの良いクリームを求めている方には抜群に効果のあるデイクリームです。

 

Dr.ハウシュカでは夜のスキンケアとしてオイルフリーを提案しているため、夜用のクリームがないのですが、私は夜にこのデイクリームを使用したりもしていました。

 

このクリームを使うと肌がしっとり、ふわふわするので気に入っています。

 

金額

容量 30ml:¥3,800(税抜)

クリームとメイク下地の役割があるので、高すぎるというわけではないと思いますが、安くはない価格ですね。

使用方法がすこし独特なスキンケアではありますが、洗顔・化粧水・クリームともに、私が日々使用している国産のオーガニックで無添加のスキンケアに劣ることのない素晴らしい使用感でした。

 

まとめ

海外コスメは、

「日本人の肌に合わないのでは?」

と勝手に思い込んでいましたが、まったくそんなことはありませんでした。

 

特に香りに関して、海外製品は香りが強いイメージがありましたが、オーガニックコスメであれば香料は天然由来の自然な香りなので鼻につくことはありません。

 

Dr.ハウシュカさんは特に植物の原材料から自社生産し、植物の育て方からエキスの抽出方法までこだわったメーカーです。

 

オーガニックが好きな方や、無添加主義の方には満足して使えるスキンケアだと思います。

 

オーガニックや無添加のスキンケアを探している方の参考にしていただけたら幸いです。

【インターコスメ】Dr .ハウシュカ

 

タイトルとURLをコピーしました