スポンサーリンク

【商品レビュー】無添加主義が信頼するMiMCスキンケア成分と効果

化粧水イメージ 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品や商品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加商品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

この記事はこんな方向け
・無添加のスキンケアを探している方
・MiMCを利用し始めようか迷っている方

・肌に触れるものの安全性を気にし始めた方
 
スポンサーリンク

オーガニックで無添加のスキンケアを選ぶ理由

ハリのある肌イメージ

冒頭にも記載しましたが、私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がっていたじんましんを克服して以来、「無添加」主義になりました。

 

食品添加物について調べていると、体内に入るものなのに、完全に安全とは言い切れないものがたくさんあることを知りました。体内に入らないとはいえ、化粧品やスキンケアは肌に触れるものです。

女性として長く「キレイ」でいるために、「少しでも良い成分を摂り入れたい」という思いで、成分やメーカーのこだわりを調べました。

そして、成分に安心できて企業理念にも共感できるメーカーをようやく見つけました。

そのメーカーが、「MiMC」さんです。

 

「MiMC」さんは、石けんでオフできるメイク「ミネラルファンデーション」で有名なメーカーでもあります。

私はスキンケアも、化粧品も「MiMC」ですべて揃えています。今回の記事は「スキンケア」について記載していますが、「化粧品」については下記の記事をご覧ください。

 

MiMCの最大の特徴

「MiMC」のスキンケアの最大の特徴は、使用されている成分が全て天然由来成分ではなく天然成分ということです。使用されている成分は、

  • スキンケア効果のある天然ミネラル
  • スキンケア効果のある植物の部位を丸ごとに使用した植物エキス

「MiMC」では果実や植物そのものを丁寧に絞っただけのエキス(天然成分)を使用しているのです。

 

天然由来成分とは植物から科学的に抽出した成分を加工したものであり、自然そのものである天然成分とは大きく異なります。

 

そして、MiMCでは「入れないと決めている成分」があります。それは肌に負担をかける成分で、下記の成分があげられています。

  • 合成着色料
  • 合成香料
  • 合成防腐剤
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • タール系色素
  • タルク

また、動物実験も行っていません

 

「スキンケアや化粧品もなるべく安全なものを使いたい!」と探し始めるうちに、何が「無添加」なのかがよく分からなくなってしまいましたが、「MiMC」の商品は「無添加」が明確で、使用する成分も「天然」にこだわっているのです。

 

MIMCのスキンケア商品レビュー

MiMCのスキンケアアイテムの「使い方」と「使用感」について触れたいと思います。私はシンプルなスキンケアを心掛けているため、基本的には洗顔のあとに化粧水とバームを塗って終わりです。

そのため、ここでご紹介するのは、洗顔石けん・化粧水・美容液(1週間に1回使用)・バームですが、MiMCさんはこの他にも違う種類の美容液やクリームもを販売しています。

 

オメガフレッシュモイストソープ(洗顔せっけん)

洗顔石けん
洗顔せっけん 成分 
【使い方】

石鹸を濡らして手でこするだけでは泡立ちが物足りないので、私は泡立てネットを利用しています。泡立てネットを使用すると、ふわふわに泡立ちます。

 

【使用感】
洗い上りがさっぱりするのに、肌も潤ってる。私はこの洗顔せっけんを使用するまで、どんな洗顔を使用しても洗顔後は肌が乾燥し、すぐに化粧水を塗らないといけない状態でした。

しかし、この洗顔せっけんを使用した後は、すぐに化粧水を塗らなくても乾燥しない、カピカピにならなくなったのです。本当に驚きでした。ローズの香りで、人工的ではない自然の香りがします。

 

この商品は、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

ビューティービオファイター(化粧水)

化粧水
化粧水 裏面

【使い方】
「MiMC」の化粧水は「黄色のピュアフルーティー」と「赤いプリンセスケア」があります。私は普段は「黄色のピュアフルーティー」のみを使用することが多いです。冬は両方の化粧水を使用することもあります。

 

【使用感】
「黄色のピュアフルーティー」は、手に取った瞬間にさっぱりとした水の感覚があるので、潤うのかしら?と思って塗ってみるとびっくり。さっぱりとした水分がぐんぐんと肌に吸収されているのがわかりました。そして乾燥しやすいかと思うのですが、さっぱり感の割には乾燥しないのです。

「赤いプリンセスケア」は、しっとりとしていてハーブの香りもします。化粧水というよりは美容液感覚で使用できます。

 

この商品は、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

オーガニックオメガチャージ(美容液)

私は基本的に化粧水の後は、ハーブバームを塗っておしまいですが、1週間に一度はスペシャルケアの美容液「オーガニックオメガチャージ」を利用しています。

美容オイル

【使い方】
写真のように、1回分ごとに小さな赤い粒のようなパッケージに分かれています。いろいろな使い方がありますが、私は夜のスキンケアで次のように使用します。

お風呂上り後(洗顔後)に
「オーガニックオメガチャージ」
  ↓
「化粧水」
  ↓
「オーガニックオメガチャージ」

オーガニックオメガチャージを使用した後は、バームは使用しません。

 

【使用感】
手のひらに伸ばした瞬間に、手のひらが温かくなるのがよく分かります。そのまま顔に付けると熱を持って肌に浸透していきます。塗った直後は肌がオイルっぽくなりますが、翌日の朝のもちもち感をここまで感じられた美容液は他にはありません。

手に残った美容液を髪の毛に付けて、ドライヤーで乾かすのですが、髪の毛もつやつや、サラサラになります

 

こちらの商品は、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

エッセンスハーブバームクリーム

MiMC ハーブバーム
「バーム」ですが、一般的なスキンケアでいう「クリーム」にあたります。水を一滴も使用しないで厳選した天然成分を凝縮しています。

【使い方】
使用する量は、小指の爪の先で少しすくうだけで充分です。指で伸ばしてオイル状にして、顔全体に薄くつけていきます。

MiMCのバームを小指ですくう

【使用感】
「クリーム」というよりは本当に「バーム」です。顔に付けると、肌にバリアが張ってあるような不思議な感じになりますが、ハーブの香りも心地良く、乾燥もしません。冬は少し量を多めにして使用しています。

 

こちらの商品は、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングで購入可能です。

 

まとめ:スキンケアこそ成分重視の選択を

スキンケアの成分

私のスキンケアの使い方で説明をしてきましたが、ご自身に合った使い方があると思います。また、上記でご紹介した商品以外にも「MiMC」にはスキンケア商品がたくさんあります。

 

ただ、成分の良さはどの商品も一緒なので、企業理念などと含めて「良いな」と思ったらぜひ試してみてください。

 

価格は、ドラッグストアで買えるメーカーよりは高いかもしれませんが、海外のブランドメーカーほどは高くありません。

 

この記事を読んでくださる方は、「スキンケア」の選択を迷っていたり、「美肌」になるために何かできることを探している方だと思います。

 

そんな方々の「キレイ」を実現するための、判断材料の一つにしていただけたら幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました