スポンサーリンク

無添加と記載された「実は無添加ではない食品」に気をつけよう!

気をつけよう 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

 

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

今回のテーマは、

「無添加」と記載された
「実は無添加ではない食品」に気をつけよう!

です。

 

この記事はこんな方向け
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方

 

この記事に関連する「食品添加物」や「無添加」についての説明記事はこちら↓

 

スポンサーリンク

無添加を謳っている食品

食品

スーパーでよく見かける「無添加」と記載された食品たち。私も「食品添加物」を気にしていない頃はその「無添加」の表記を見ただけで「これは健康的なんだ」と思っていました。そして「どんな原材料が使用されているか」を確認せずに購入していました。

 

しかし食品添加物を気にし始めるようになってから「無添加」と記載された食品のパッケージに記載されている「原材料」をきちんと見てみました。そうすると見慣れない原材料の名前が記載されているのです。

 

その原材料を「何だろう?」と思って調べてみると、化学的に合成されたものであることが良くあります。

 

「食品添加物」は厚生労働省によって、「どの物質が添加物なのか」が定められています。「食品添加物」は化学合成された物質とそうでないものに分かれていますが、「化学合成されている」のに食品添加物に指定されていない物質があるのです。

 

「無添加」と記載されている食品は「食品添加物」として指定されていない食品で製造されています。しかし「無添加」と記載していますが、実際は「化学合成」された物質が入っていることがあるのです。

 

「化学合成された物質」が悪いと言っているわけではありませんが、調べてみると完全に安心して口にできるばかりものばかりではないのです。

 

この記事では、無添加の食品のご紹介ではなく、「食品添加物」には指定されていませんが「化学合成された食品」についてお話します。

 

食品添加物に指定はされていないが 化学合成された食品

添加物

ここで「無添加」と記載された食品の原材料に頻繁に使用されている「化学合成された食品」とその説明、安全性についてお伝えします。

 

デキストリン

じゃがいもやトウモロコシのでんぷんが元になった物質で、化学合成により人工的に作られた物質です。食品添加物ではなく食品として扱われています。主に粘度の調整に使用されるます。原材料に使用するじゃがいもやトウモロコシが遺伝子組み換え作物である可能性がありますが、それを原材料の記載から確かめることはできません。

参考:たべるご デキストリンとは

※遺伝子組み換え作物とは

従来の品種を新たな遺伝子的組み合わせを持つように改良した作物のことです。遺伝子組み換え食品の割合が高いアメリカでは遺伝子組み換え食品の出現とともにがんや白血病、アレルギーなどの慢性疾患が急増し、その有害性が懸念されています。日本での栽培は禁止されています。そのため食品の「原材料欄」には「遺伝子組み換えではない」とわざわざ記載してある食品が多いのです。

還元水飴

水飴に水素を添加して製造された化合物で低カロリーの甘味料。水飴から酵素が奪われることで水飴の成分であるマルチトールやソルビトールが還元水飴の成分に含まれています。「ソルビトール」は食品添加物に該当しますが、原材料には「還元水飴」の表記のみで良いのです。

参考:たべるご 還元水飴とは

ソルビトールとは

ブドウ糖を還元してできる糖アルコールのことで甘味料として使用されます。また保湿性や安定性があるため生菓子や冷凍の魚などにくわえると品質が変わりにくくなります。過剰摂取しない限り危険性はありませんが、過剰摂取するとおなかが緩くなり腹痛や下痢を引き起こすことがあります。また細胞中に溜まりやすい性質があるため高血糖の糖尿病の人は合併症を起こすリスクがあるとされています。

参考:たべるご ソルビトールとは

「還元水飴」は名前だけだと安全そうな食品に見えますが、その陰には「ソルビトール」という食品添加物が潜んでいるのです。

たんぱく加水分解物

化学合成

加工食品にうま味やコクを加える化学調味料。酵素や塩酸を使用し肉や魚から得られるアミノ酸を含んだ生成物です。加工食品にうま味を加える添加物ですが、「食品」に分類されています。一緒に生成される化学物質に発がん性の心配があり、人体へ悪影響をもたらすのではないかと懸念されています。

引用:たべるご たんぱく加水分解物

酵母エキス

うま味成分のことで原料は酵母です。酵母を酸・アルカリ・酵素のいずれかで酵母の細胞壁を破壊し細胞成分を抽出した後に粉末化したもの。精製されていないので食品添加物には指定されていませんが、このような化学的に作られた濃厚な味に慣れることにより、味覚が壊れることが懸念されています。また原料の酵母にビール酵母の残りを使用していることや、化学的な製造過程にも安全性が懸念されています。

 

上記の4つは、「無添加」と記載された食品の原材料によく見かけます。完全に危険だという食品ではありませんが、完全に安心できる食品ばかりではないようです。

 

ネット調べた情報なので正確な正しい意見とは言えませんが、口にする食品にどんな「危険性」があるのかは知っておいた方が良いのではないでしょうか。

 

まとめ

みりんイメージ

「無添加」と記載されていても「化学的に合成された物質」が入っている食品はたくさんあります。特に「たんぱく加水分解質」や「酵母エキス」はうま味成分として様々な食品に含まれています。そして、これらが入っていない「完全に無添加」の食品はとても少ないのです。

 

「完全に無添加」の食品ばかりを選んでいると、毎月の食費がかなり高くなってしまいます。また「酵母エキス」や「たんぱく加水分解質」の入っていない食品を探すのも大変な作業です。なので私も化学合成された物質」が入った食品を買うこともあります。

 

ただ、自分や家族の「口に入る食品がどんなものなのか」をきちんと知ったうえで、購入する食品を選びたいものです。

 

無添加の調味料や食品について私が探し出して見つけた商品を、こちらのページにまとめています。参考までにご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました