【無添加の落とし穴】無添加と記載があっても実は無添加ではない食品

気をつけよう無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

この記事はこんな方向け

  • 食の安全性を気にしはじめた方
  • 無添加主義、オーガニック主義の方
  • 美容と健康のために今できることを探している方

★さまざまな「無添加食品や商品」をまとめた記事です。添加物や化学合成物質が気になる方は、ぜひご覧ください↓

スポンサーリンク

無添加を謳っている食品

食生活

スーパーでたまに見かける「無添加」と記載された食品たち。

私も「食品添加物」を気にしていない頃はその「無添加」の表記を見ただけで

「これは健康的な食品なんだ」

と思っていました。

そして、どんな原材料が使用されているかを確認せずに、「体によさそう」と思って購入していました。

 

しかし食品添加物を気にしはじめるようになってから、「無添加」と記載された食品のパッケージに記載されている「原材料」をきちんと見てみました。

そうすると見慣れない原材料の名前が記載されていることに気づきました。

 

その原材料を「何だろう?」と思って調べてみると、食品添加物ではないものの、化学的に合成されたものだったのです。

「食品添加物」は厚生労働省によって、「どの物質が添加物なのか」が定められています。
「食品添加物」は化学合成された物質とそうでないものに分かれていますが、「化学合成されている」のに食品添加物に指定されていない物質があるのです。

 

つまり、「無添加」と記載されている食品は、食品添加物に指定されていない食品でつくられているだけであって、必ずしも安心できる原料が使われているとは限らないのです。

 

「化学合成された物質」が悪いと言っているわけではありませんが、調べてみると安心して口にできるばかりものばかりではないのです。

 

そこで今回の記事では、無添加の食品のご紹介ではなく、「食品添加物」には指定されていませんが、安全性に懸念の残る化学合成された食品についてお話したいと思います。

 

食品添加物ではない化学合成された食品とは?

「無添加」と記載された食品の原材料に頻繁に使用されている、化学合成された食品の説明と、安全性についてお話します。

ぶどう糖果糖液糖

パンケーキ_2

別名異性化糖と呼ばれている甘味料

砂糖よりも価格が安く簡単に甘みをつけられるため、甘味料としてお菓子などの加工食品に多用されています。

原料はじゃがいもやとうもろこしのでんぷん。これらに水とα-アミラーゼという酵素を加えて加熱したあと、グルコアミラーゼという酵素の力でぶどう糖の液をつくり、グルコースイソメラーゼという酵素を反応させてつくられます。

食の安全の観点から懸念されるのは、原料のとうもろこしが遺伝子組み換え作物である可能性が高いということと、分解された果糖をそのまま吸収することにより、異常なほど血糖値が上昇してしまうことです。

遺伝子組み換え作物とは
従来の品種を新たな遺伝子的組み合わせを持つように改良した作物のことです。
遺伝子組み換え食品の割合が高いアメリカでは遺伝子組み換え食品の出現とともにがんや白血病、アレルギーなどの慢性疾患が急増し、その有害性が懸念されています。日本での栽培は禁止されています。そのため食品の「原材料欄」には「遺伝子組み換えではない」とわざわざ記載してある食品が多いのです。

参考:たべるご ブドウ糖果糖液糖とは

ちなみに異性化糖製品は次のように分類されます。

  • ブドウ糖果糖液糖
    果糖含有率(糖のうちの果糖の割合)が50%未満
  • 果糖ブドウ糖液糖
    果糖含有率が50%以上90%未満
  • 高果糖液糖
    果糖含有率が90%以上
  • 砂糖混合異性化液糖
    上記の液糖に10%以上の砂糖を加えたもの

異性化糖は食品の原材料欄に表示される際に、いろいろな名称で記載されるので「これ大丈夫なんだっけ?」とわからなくなってしまうこともあると思いますが、「ぶどう糖○○」と記載があったら避けた方がよさそうです。

 

デキストリン

じゃがいもやトウモロコシのでんぷんが原料で、化学合成により人工的に作られた物質です。食品添加物ではなく食品として扱われています。

主に粘度の調整に使用されます。原料に使用するじゃがいもやトウモロコシが遺伝子組み換え作物である可能性があります

参考:たべるご デキストリンとは

 

還元水飴

添加物

水飴に水素を添加して製造された化合物で低カロリーの甘味料

水飴から酵素が奪われることで水飴の成分であるマルチトールやソルビトールが還元水飴の成分に含まれています。

「ソルビトール」は食品添加物に該当しますが、原材料には「還元水飴」の表記のみでよいのです。

参考:たべるご 還元水飴とは

ソルビトール

ブドウ糖を還元してできる糖アルコールのことで甘味料として使用されます。

また保湿性や安定性があるため生菓子や冷凍の魚などにくわえると品質が変わりにくくなります。

過剰摂取しない限り危険性はありませんが、過剰摂取するとおなかが緩くなり腹痛や下痢を引き起こすことがあります。また細胞中に溜まりやすい性質があるため高血糖の糖尿病の人は合併症を起こすリスクがあるとされています。

参考:たべるご ソルビトールとは

「還元水飴」は名前だけだと安全そうな食品に見えますが、その陰には「ソルビトール」という食品添加物が潜んでいるのです。

 

たんぱく加水分解物

化学合成

加工食品にうま味やコクを加える化学調味料

酵素や塩酸を使用し肉や魚から得られるアミノ酸を含んだ生成物です。

加工食品にうま味を加える添加物ですが、「食品」に分類されています。

一緒に生成される化学物質に発がん性の心配があり、人体へ悪影響をもたらすのではないかと懸念されています。

引用:たべるご たんぱく加水分解物

酵母エキス

うま味成分のことで原料は酵母。

酵母を酸・アルカリ・酵素のいずれかで酵母の細胞壁を破壊し細胞成分を抽出した後に粉末化したもの。

精製されていないので食品添加物には指定されていませんが、このような化学的に作られた濃厚な味に慣れることにより、味覚が壊れることが懸念されています。

また原料の酵母にビール酵母の残りを使用していることや、化学的な製造過程にも安全性が懸念されています。

 

上記の5つは、「無添加」と記載された食品の原材料によく見かけます。完全に危険だという食品ではありませんが、完全に安心できる食品ばかりではないようです。

 

ネット調べた情報なので正確な正しい意見とは言えませんが、口にする食品にどんな「危険性」があるのかは知っておいた方が良いのではないでしょうか。

 

まとめ

みりんイメージ

「無添加」と記載されていても「化学的に合成された物質」が入っている食品はたくさんあります。

特に「たんぱく加水分解質」や「酵母エキス」はうま味成分として、さまざまな食品に含まれています。

そして、これらが入っていない「完全に無添加」の食品はとても少ないのです。

 

「完全に無添加」の食品ばかりを選んでいると、毎月の食費がかなり高くなってしまいます。

また「酵母エキス」や「たんぱく加水分解質」の入っていない食品を探すのも大変な作業です。

そのため私も化学合成された物質が入った食品を買うこともあります。

 

ただ、自分や家族の「口に入る食品がどんなものなのか」をきちんと知ったうえで、購入する食品を選びたいものです。

 

無添加の調味料や食品について私が探し出して見つけた商品を、こちらのページにまとめています。参考までにご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました