スポンサーリンク

国産・無添加・アルミフリーのおすすめパンケーキミックスはこれ!

パンケーキ_1 無添加のたべもの
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

 

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

今回のテーマは、

国産・無添加・アルミフリーの
おすすめパンケーキミックスはこれ!

です。

 

この記事はこんな方向け
無添加のパンケーキミックスを探している方
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方
 
スポンサーリンク

安心安全なパンケーキミックスとは

パンケーキ_2

「パンケーキミックス」は、簡単に「パンケーキ」を作ることができる、便利な食品の一つです。私の家では、スクランブルエッグとソーセージ(もちろん無添加のもの)と、パンケーキを一緒に焼いて朝食にしたり、メープルをかけて、スイーツとして食べたり、活躍の場は多いです。

 

しかし、そんな便利な「パンケーキミックス」、スーパーで購入できる商品には、食品添加物が含まれていることが多いのです。

 

ここで、大手メーカーの150gで100円くらいで購入できる、パンケーキミックスの原材料を見てみます。

【原材料】
小麦粉、砂糖、ぶどう糖、植物油脂、小麦でん粉、食塩、水あめ、ベーキングパウダー、乳化剤(大豆由来)、香料、カゼインNa(乳由来)、着色料(ビタミンB2)

 

乳化剤や着色料、香料などの食品添加物の他にも、「ベーキングパウダー」に含まれる成分も気にしたいところです。

 

「ベーキングパウダー」には「アルミニウム」が含まれています。アルミニウムは国際的に「1週間で体重1kgあたり2mg」という摂取基準が設けられています。この量は、市販のパンやパンケーキを食べていたら、簡単に超えてしまう量だそうです。最近では「アルミフリー」の記載がある商品もありますが、記載の無い商品もまだまだあります。

 

また、小麦粉は外国産のものを原材料に使用している場合は、小麦粉に農薬が残留している危険性があるので、できれば「国産」の小麦粉を使用している商品を選びたいものです。

 

ここで、私が見つけた「国産」「無添加」「アルミフリー」の「パンケーキミックス」をご紹介します。

 

おすすめの無添加パンケーキミックス

全ての原材料に九州産を使用している「九州テーブル」さんの「九州パンケーキ」です。小麦は大分県産、宮崎県綾町で農薬を使わず育てられた合鴨農法の発芽玄米、長崎県雲仙のもちきび、佐賀県の胚芽押し麦、熊本県と福岡県からは稲作の源流である古代米の黒米と赤米、鹿児島県の肥沃な大地で育てられたうるち米、そしてお砂糖は沖縄と鹿児島のさとうきびを使用しています。アルミニウム・乳化剤・香料・加工澱粉なども一切使用していない、安心安全のパンケーキミックスです。

九州パンケーキ
九州パンケーキ原材料

●商品名:九州パンケーキ
●製造者:株式会社 九州テーブル
●原材料:小麦粉、砂糖、米粉(黒米、赤米 うるち米)
     もちきび、発芽玄米、胚芽押し麦、食塩、
     膨張剤、(原材料の一部に卵、乳を含む)

●内容量:200g
●賞味期限:購入時点から1年後くらい

 

【味や食感など】
一般的なパンケーキミックスよりは膨らみは少ないですが、気になるほどではありません。素材の素朴な風味が感じられて、子供から大人まで安心して食べられるパンケーキです。もちもち感は期待していませんでしたが、意外にもちもちした食感があります。実際に焼いてみた写真はこちらです。

焼いた九州パンケーキ
カットしたパンケーキ
私の焼き方が下手で、あまりおいしそうに見えないのですが、美味しいです。

【価格】
一般的なスーパーでは販売していません。私は自然派スーパーで400円くらいで購入しました。Amazonや楽天市場でも購入可能ですが、送料がかかるので販売しているスーパーを探して、購入する方が安いです。

 

製造元の公式サイトはこちらです。

他にも「ベジタブル」や「さつまいも」などの数種類のパンケーキミックスが販売されています。

 

まとめ

パンケーキ_3

スーパーやコンビニに売っている食品は、なんとなくで選んでいると実は「安全性に懸念のあるものだった」、ということは普通にあります。

 

特に、毎日のように口にする食品にはこだわりを持って、どんな原材料が入っているかを知って購入したいものです。私は全身に広がるじんましんを、「食品添加物」を摂取しないようにすることで克服して以来、「無添加生活」を送っています。

 

食事として口に入るもの、毎日肌に触れるものにはきちんとこだわって、自分で納得いくもの選ぶようにしています。ただ、それぞれの食品や商品について無添加のものを探したり、入っている原材料や成分について調べたりすることは、時間もかかりますし疲れます。

 

しかし、そういう努力が「健康」とその先にある「キレイ」を実現できるものだと信じて、ゆるーく続けています。

 

この記事を読んでくださる方の、「無添加で、使い勝手が良くて、味も良い商品」を探す時間を少しでも少なくできるのであれば幸いです。

 

その他の無添加の調味料や食品については、こちらのページにまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました