スポンサーリンク

購入する食品が変わる!食品添加物について学べるおすすめの本はこれ

無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

 

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品や商品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加商品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

今回のテーマは、

購入する食品が変わる!食品添加物について
学べるおすすめの本はこれ

です。

 

この記事はこんな方向け
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方

 

様々な「無添加食品や商品」をまとめた記事です↓

 

スポンサーリンク

食品添加物について学ぼう

勉強イメージ

冒頭にも記載していますが、私は食品添加物を摂取しないことで全身に広がる「じんましん」を克服することが出来ました。きっかけは、アトピーだった知り合いが「食品添加物」を食べないようにしたら「アトピーが治った」という話を聞いたことがきっかけです。

 

それまでは「食品添加物」なんて全く気にしたことが無かったので、いざ「食品添加物に気をつけよう!」と思っても、何をどうしたらよいのかがよく分かりませんでした。そして、

食品添加物が何であるのか?

食品添加物の何がいけないのか?

ということすらも、全く理解していませんでした。

 

そこで何冊か本を購入しましたが、わかりやすく読んでいて納得できた本に出会うことができました。そこで、「食品添加物」を気にし始めたばかりで「危険だと聞くけど、何がどう危険なのか?」と思っている方に向けて、「おすすめの食品添加物に関する本」をご紹介したいと思います。

 

食品添加物に関するおすすめの本

「食品添加物」の世界(?)では有名な方の書いた本です。「安部司」さんの「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」です。

●書籍名:食品の裏側
     みんな大好き食品添加物
●著者:安部 司

●出版社:東洋経済新報社
●発売年:2005年

 

食品添加物の専門商社で働いていた元セールスマンの方が執筆している本です。

・安くて美味しい食品の真実

・食品添加物を使わなくてはならない理由

・食品添加物がこれほどまでに広がったのはなぜか

ということが、ストーリー仕立てで、とてもわかりやすく記載されています。2005年出版の本ですが10年以上経った現在でも納得できる書籍となっています。

 

こちらの著者は他にも「食品添加物」に関する本を出版していますが、どれもわかりやすく、読みやすい本です。

 

著者は違いますが、こちらの本も具体的な食品をあげて「安全か、そうでないか」をまとめているので参考になります。

まとめ

食卓イメージ

この本を読むと、手作りをしているから「食卓は安心」ではないことを実感します。私たちの食卓は「食品添加物」で溢れているのです。

 

スーパーで買い物をする際にも、何も考えずに食品を購入すると、その食品にも食品添加物が含まれています。食品添加物が入っていない食品を探すことは難しいのです。

 

食品添加物を悪者のように表現していますが、もちろん国で安全性は確認している成分です。しかし、この本にも記載してありますが、安全の確認方法は複数の食品添加物を掛け合わせたときの危険性は確認できていないそうです。

 

その事実を知って、いまからでも少しずつ「安全だと思える選択」をしていくことが大事なのではないかと私は思っています。

 

このブログを読んでくださる方の、今後の選択に少しでも参考になれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました