スポンサーリンク

みんな大好き!甘くて美味しい無添加のプリンはここで買える!

プリン 無添加のたべもの
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

 

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

今回のテーマは、

みんな大好き!甘くて美味しい
無添加のプリンはここで買える!

です。

 

この記事はこんな方向け
無添加のプリンを探している方
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方
スポンサーリンク

プリンの原材料を見てみよう

卵

私はプリンが大好きです。しかし食品添加物を気にするようになってからは、ほとんど食べていませんでした。それは気軽に買える無添加のプリンが、中々見つけ出せなかったからです。

 

価格の抑えめな、大手メーカーのプリンの原材料を見てみます。3個セットで100円ちょっとで購入できるプリンです。

【原材料】
乳製品、砂糖、カラメルシロップ、植物油脂、生乳、ローストシュガー、コーンスターチ、卵粉、食塩、寒天/糊料(増粘多糖類)、香料、乳化剤、カロテン色素、V.C、カラメル色素

 

「/」以降の6個が、「食品添加物」に該当します。「食品添加物」の種類の多さに驚いてしまいます。主な添加物の説明は下記をご参照ください。

乳化剤

水と油をなじませるために使用されます。大豆由来のものは大豆レシチンと呼ばれ、昔から天然の乳化剤として食品添加物として利用されています。自然由来の食品添加物。乳化剤は一括表記が可能な食品添加物で、数種類使用されてることもあります。お菓子には「大豆由来」の乳化剤が使われていることが多いですが、補足表記されていない場合はどんな添加物が使用されているかわかりません。
参考:たべるご 乳化剤とは?

カロテン色素

カロチノイド色素という着色料のことで、カロチノイド色素は数百種類の着色料の総称。そのため一概に危険性がないとはいえません。天然抽出物だけでは量が足りないときに合成化合物が混ぜられる場合もあり、そういった色素は発がん性のリスクも高まるといえます。
参考:たべるご カロチノイド(カロテノイド)色素とは?

カラメル色素

着色料のことで製法によりカラメルⅠ〜Ⅳに分かれます。

Ⅰ.単に糖類のみを加熱してできたもの
Ⅱ.糖類に亜硫酸化合物を加えて加熱したもの(日本では禁止)
Ⅲ.糖類にアンモニウム化合物を加えて加熱したもの
Ⅳ.糖類に亜硫酸化合物とアンモニウム化合物も加えて加熱したもの

アンモニウム化合物を加える過程で発がん性物質が発生すると言われています
参考:たべるご 着色料カラメル色素の危険性

 

上記の説明を見ると、「食品添加物は安心して口にできるもの」とは、言い難いところがあります。この商品のように、たくさんの種類の食品添加物が含まれていないプリンもありますが、それでも「乳化剤」が入っている商品が多いです。

 

町のケーキ屋さんで販売しているプリンは、「食品添加物」を使用していない商品もありますが、ショーケース越しに「プリンに食品添加物は使っていますか?」と店員さんに聞くのはためらわれます…。もし入っていた場合、何も購入しないでお店を出ていくのも勇気が必要です。

 

私は原材料がパッケージで確認できる場合で、なおかつ「無添加」のものがあれば購入していますが、無添加のプリンはなかなか販売していないのです。

 

「スーパーやコンビニで気軽に買えるプリンがあると良いのになぁ」と思っていたところ、意外な場所で「無添加のプリン」を発見することが出来ました。

 

おすすめの無添加プリン①

原材料に牛乳と卵と砂糖しか使用していない「シャトレーゼ」さんの「契約農場たまごのプリン」です。

シャトレーゼのプリン
シャトレーゼのプリン原材料

●商品名:契約農場たまごのプリン
●製造者:株式会社シャトレーゼ
●原材料:牛乳、卵、砂糖、カラメルシロップ
●内容量:100g
●賞味期限:購入時点から3日後くらい
※カラメルシロップは砂糖を水で煮詰めたもので、
 「カラメル色素」とは別の食品です。

 

【味や食感】
シンプルな原材料で、シンプルな甘みのある美味しいプリンです。某大手メーカーのプルプルのプリンと比べると、プルっと感はありませんが、プリンにそんなものは必要ありません。口当たりはしっとりしています。固さは、柔らかい方だと思います。パッケージの中身の写真も掲載します。

シャトレーゼのプリンの中身
シャトレーゼのプリンをスプーンですくう

【価格】
1個108円(税込)です。スーパーで安く買えるプリンよりは高いですが、町のケーキ屋さんのプリンと比べると、かなり安い方だと思います。シャトレーゼさんは全国展開していて、割と購入しやすいお店ではないでしょうか。(ただ、四国などには出店していないようです)

 

「契約農場たまごのプリン」の公式サイトはこちらです。

シャトレーゼさんはプリン以外にも、「無添加」の食品が販売されています。下記の記事内にて、ご紹介をしています。

 

おすすめの無添加プリン②

続いてはコンビニで見つけた、シンプルな原材料の「アンデイコ」さんの「こだわり極プリン」です。香料・着色料・保存料不使用で、卵のみで固められたプリンです。

アンデイコ こだわりの極プリン
アンデイコ こだわりの極プリン 原材料

●商品名:こだわりの極プリン
●製造者:栄屋乳業 株式会社
●原材料:乳製品、砂糖、全卵、卵黄
●内容量:105g
●賞味期限:購入時点から2週間後くらい

 

【味や食感】
ぷるぷるで、とろとろな感じのプリンです。シャトレーゼさんの商品より甘さは控えめです。牛乳の量も多いような感じがして、ミルクが濃厚で美味しいプリンです。パッケージの中身の写真も掲載します。

極プリン 中身1
極プリン 中身2

【価格】
1個108円(税込)です。私はローソンで購入しましたが、どこのローソンにも置いてあるわけではないようです。「業務用スーパー」でも取り扱いがあるそうです。オンライン販売は、対応していないようです。

 

「栄屋乳業」さんの「こだわり極プリン」の公式サイトはこちらです。

 

まとめ

プリン

スーパーやコンビニに売っている食品は、なんとなくで選んでいると実は「安全性に懸念のあるものだった」ということは普通にあります。

 

特に毎日のように口にする食品にはこだわりを持って、どんな原材料が入っているかを知って購入したいものです。私は全身に広がるじんましんを、「食品添加物」を摂取しないようにすることで克服して以来、「無添加生活」を送っています。

 

食事として口に入るもの、毎日肌に触れるものにはきちんとこだわって、自分で納得いくもの選ぶようにしています。ただ、それぞれの食品や商品について無添加のものを探したり、使用されている原材料や成分について調べたりすることは、時間もかかりますし疲れます。

 

しかし、そういう努力が「健康」とその先にある「キレイ」を実現できるものだと信じて、ゆるーく続けています。

 

この記事を読んでくださる方の、「無添加で、使い勝手が良くて、味も良い商品」を探す時間を少しでも少なくできるのであれば幸いです。

 

その他の無添加の調味料や食品については、こちらのページにまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました