スポンサーリンク

食器用洗剤は性能より安全を選択しませんか?おすすめの食器用洗剤

食器洗イメージ 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品や商品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加商品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

今回のテーマは、

食器用洗剤は性能より安全を選択しませんか?
おすすめの食器用洗剤

です。

 

この記事はこんな方向け
無添加の食器用洗剤を探している方
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方

 

様々な「無添加食品や商品」をまとめた記事です↓

スポンサーリンク

食器用洗剤はお皿に残留する

お皿

冒頭に記したとおり、私は食品添加物を摂取しないことによって全身に広がる「じんましん」を克服することが出来ました。それ以来、食品はもちろん「無添加」の商品を選ぶようにしていますが、口にするもの以外の洗剤やボディソープなども「石油由来の化学合成物質」が使用されているものは避けるようにしています。

 

そして最近気になりだしたのが、「食器用の洗剤」です。いろいろと調べてみると、食器用洗剤は「水ですすいでも洗剤の成分がお皿に残留する」という情報がネット上にはたくさん書いてあるのです。

 

我が家では、油汚れがお皿や調理器具に残ってしまうのが嫌で、食器用の洗剤は洗浄力の強いものを使用していました。水ですすぐので成分はあまり気にしていなかったのですが、成分がお皿に残留してしまうのであれば話は別です。

 

そして食器用の洗剤の注意書きをよく見てみると「調理器具は流水であれば5秒以上すすいでください」と書いてあるのです!私は5秒以上すすいでいなかったので、ショックを受けてしまいました。

 

洗浄力の強い洗剤に使用されている「合成界面活性剤」には、人体に有害な影響を与える成分が含まれています。5秒以上しっかり水ですすげば、きちんと流れるのかもしれませんが、知ってしまったら使うこと自体が不安になってしまいました。

 

そこで、なるべく安全な成分を使用している食器用洗剤へと移行しました。この記事ではすすぎ残しがあっても安心できるような、「合成界面活性剤が無添加」の「食器用洗剤」をご紹介します。

 

おすすめの無添加の食器用洗剤

100%石けん成分で製造されている「ミヨシ」さんの「無添加 食器洗いせっけん」です。植物油主原料の食器洗い石けんで、細かな泡立ちでやさしく洗えます。香料・着色剤・防腐剤など全て無添加です。

無添加食器用洗剤
無添加食器用洗剤 成分

●商品名:無添加 食器洗いせっけん
●製造元:ミヨシ石鹸株式会社
●全成分:純せっけん分
●内容量:370㎖

 

【使用感】
泡立ちは優しい感じで、洗浄力の強い洗剤と比べると物足りないです。ただ、油汚れは思っていたよりかは落ちます。揚げ物をのせたお皿を洗ったりする際には2度洗うと、すっきりするような感じです。揚げ物をしたお鍋を洗ったりする際には、原液をそのままお鍋に入れて、スポンジを使わずゴム手袋でゴシゴシ洗うのがおすすめです。

 

私は、グリルの受け皿などの直接食べ物に触れないものを洗うときには、洗浄力の強い洗剤を使うようにしながら、洗剤の使い分けをしています。

 

【価格】
370㎖の容量で定価は250円(税抜)なので、普通の洗剤と同じくらいの値段か少し安いくらいです。ドラッグストアでも販売しているので買いやすい商品です。Amazonでも購入できますが、ドラッグストアなどで購入した方が安いです。

ミヨシさんは石鹸成分のみで製造している「ボディソープ」や「シャンプー」なども販売しています。

 

まとめ

食器洗い後のグラス

「食器洗い」は毎日のことなので、油汚れがスッキリ落ちないとストレスが溜まってしまいます。ご紹介した洗剤は確かに洗浄力は弱いですが、安全な成分で作られています。

 

・「便利で楽」を選択するか

・「安心だけど手間がかかる」を選択するか

 

難しい選択ですね。こういうとき私は「どちらも選択できる」ように、両方の洗剤をキッチンに置いています。洗剤は消耗品ですし、価格が高いわけでもありません。疲れている日は、洗浄力の強い洗剤を使って、元気な日は無添加の洗剤を使う、そんな感じです。

 

「添加物」や「化学合成物質」は気にし始めてしまうと、とことんこだわってしまうものです。ネット上には様々な情報があります。「本当に危険なのか?」「本当に安全なのか?」を正確に確かめることは難しいですが、少しでも安全と思えるものを選択して、無理なく続けていきたいですね。

 

このブログを読んでくださる方の、今後の選択に少しでも参考になれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました