スポンサーリンク

生パスタは添加物だらけ!?無添加でモチモチのおすすめ生パスタ

生パスタ 無添加のたべもの
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

この記事はこんな方向け
無添加の生パスタを探している方
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方
スポンサーリンク

生パスタの原材料

生パスタの原材料

「パスタ」は、主に2種類に分かれます。

乾燥パスタ

生パスタ

です。

乾燥パスタ」は、熱を加えて乾燥させているので、長期保存ができるので、ほとんどのご家庭に常備しているパスタではないでしょうか。イタリアでは、「デュラム小麦のセモリナ粉100%」使用しなくてはいけない決まりがあり、日本でも同様の乾燥パスタが増えてきています。

「デュラム小麦」は普通の小麦とは違って、弾力があり形が崩れにくい特徴があります。また、たんぱく質を豊富に含んでいます。「セモリナ」は「あらびき」という意味です。

 

一方の「生パスタ」は、原材料に特に決まった定義は無く、一般的には乾燥させていないパスタのことをいいます。

 

この2つの違いは、「乾燥させているか」にあるのですが、この「乾燥させているか」が「パスタ」に含まれている「食品添加物」にも関係してきます。

 

「乾燥パスタ」の原材料を見ていただければわかりますが、「乾燥パスタ」には、ほとんどの商品に「食品添加物」は含まれていません。しかし、「生パスタ」の原材料を見てみると、残念ながらたくさんの「食品添加物」が含まれているのです。

 

とあるメーカーさんの、「生パスタ」の原材料を確認してみました。

 

【原材料】
デュラム小麦粉、小麦粉、粉末状植物性たん白、食塩 / 加工でん粉、トレハロース、酒精、増粘剤(キサンタンガム、アルギン酸エステル)、pH調整剤、着色料(紅花黄)

 

「/」以降が、「食品添加物」に該当します。主な「食品添加物」の説明は、次のとおりです。

増粘剤(キサンタンガム)とは

トウモロコシなどのデンプン(コーンスターチ)を、キサントモナスという細菌を使い発酵させることによって作られる、天然の高分子多糖類。キサンタンガムは、微生物を原料として作られる物質ですが、毒性はなく基本的には安全性に問題はないとされています。
参考:たべるご 食品添加物キサンタンガムの毒性

 

ph調整剤とは

ph調整剤は、食品の腐敗を防ぐ目的で使用される食品添加物です。同じ目的で複数種使用されている場合は一括表記が認められています。そのため、ph調整剤には34種類の化合物が指定されていますが、どんな成分を何種類使用しているかは、消費者は知ることができません。

指定されている34種類の中には、「リン酸塩」が含まれており、この成分を摂取することにより、カルシウムの吸収が悪くなり骨粗鬆症の原因になると言われています。
参考:たべるご 食品表示にあるph調整剤とは?危険性はあるの?

 

「トレハロース」や「酒精」は、「キサンタンガム」と同様に害の無い食品添加物といわれていますが、「ph調整剤」は安全面で懸念が残ります。

 

しかし、「害はない」食品添加物でも、できれば食品添加物が入っていない食品を選びたいと思ってしまうのは、私だけでしょうか。

 

そこで今回の記事では、おすすめの「無添加の生パスタ」をご紹介したいと思います。

 

おすすめの無添加生パスタ①

島根県にある「本田商店」さんが製造している「生パスタ」です。食品添加物や保存料は不使用で、デュラム小麦のセモリナ粉を100%使用しています。

本田商店 生パスタ
本田商店 生パスタの原材料

●商品名:生パスタ
●製造者:有限会社 本田商店
●原材料:デュラム小麦のセモリナ粉、食塩
●内容量:200g(100g×2食)
●賞味期限:購入時点から4ヶ月後くらい

 

【味や食感】
フィットチーネタイプのパスタなので、太くてコシがあって食べ応えのあるパスタです。ソースが絡みやすく、モチモチしていて美味しいパスタです。この生パスタを使って、カルボナーラを作ってみました。今まで作ったパスタの中で最高の出来なのは、生パスタが美味しいからだと思っています。

生パスタのカルボナーラ

【価格】
2食入り1袋でで480円くらいで購入しました。少しお高めです。私は愛知県の「フランテ」というスーパーで購入しました。「フランテ」の店舗一覧はこちらです。オンライン販売は、Amazonや楽天市場で購入可能です。

スパゲッティタイプの生パスタもあります。

 

「本田商店」さんの公式オンラインショップはこちらです。

 

おすすめの無添加生パスタ②

続いては、「無印良品」さんの「生パスタ フィットチーネ」です。こちらの商品もデュラムセモリナの小麦粉を使用しています。無印良品さんは、最近 無添加食品の種類がかなり増えてきました。

無印良品 生パスタ無印良品 生パスタの原材料
●商品名:生パスタ フィットチーネ
●販売者:株式会社 良品計画
●原材料:デュラム小麦のセモリナ、食塩
●内容量:220g(110g×2袋)
●賞味期限:購入時点から半年後くらい

 

【味や食感】
最初にご紹介した生パスタよりも、少し固めのフィットチーネです。でも、こちらも食べ応えがあって美味しいです。

 

【価格】
220gで税込390円です。1食200円くらいなので、本田商店さんの生パスタよりも少しお安いです。

 

まとめ

トマトパスタ

スーパーに普通に売っている食品や調味料は、なんとなくで選んでいると本来の調味料としての役割を果たせなかったり、実は安全性に懸念のあるものだったり、ということは普通にあります。

 

特に毎日のように使用する調味料はこだわりを持って、どんな原材料が入っているかを知って購入したいものです。私は全身に広がるじんましんを、「食品添加物」を摂取しないようにすることで克服できて以来、「無添加生活」を送っています。

 

食事として口に入るもの、毎日肌に触れるものにはきちんとこだわって、自分で納得いくもの選ぶようにしています。ただ、それぞれの食品や商品について無添加のものを探したり、入っている原材料や成分について調べたりすることは、時間もかかりますし疲れます。

 

しかし、そういう努力が「健康」とその先にある「キレイ」を実現できるものだと信じて、ゆるーく続けています。

 

この記事を読んでくださる方の、「無添加で、使い勝手が良くて、味も良い商品」を探す時間を少しでも少なくできるのであれば幸いです。

 

その他の無添加の調味料や食品について、こちらのページにまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました