クリームチーズにも添加物?おすすめ無添加クリームチーズ3選

チーズケーキ 無添加のたべもの
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

この記事はこんな方向け

  • 無添加のクリームチーズを探している方
  • 食の安全を大切にしている方
  • 美容と健康のために今できることを探している方
スポンサーリンク

クリームチーズの原材料

今年のバレンタインは、旦那さんのリクエストで、チーズケーキをつくることにしました。

チーズケーキをつくるなら、なくてはならない原材料の「クリームチーズ」。

 

早速スーパーにクリームチーズを買いに行き、

「クリームチーズにも添加物って使ってあるのかしら?」

とドキドキしながら、商品棚のクリームチーズの原材料を見てみると…

やっぱり使用されていました。添加物。

【原材料】
ナチュラルチーズ、食塩/安定剤(増粘多糖類)

こんな感じで、私の行ったスーパーには5種類のクリームチーズが売っていたにもかかわらず、4種類には、「安定剤」、もしくは「乳化剤」が使用されていました。

 

安定剤(増粘多糖類)とは

チーズの食感を、なめらかにするために使用される食品添加物です。
増粘多糖類とは、2種類以上の多糖類を増粘の目的で使用した食品添加物の総称。でんぷんなどの天然由来の多糖類が用いられることがほとんどですが、成分表示欄には「増粘多糖類」という総称で表記されるため、どんな成分が、どれだけ使用されているか不明確でもあります。

参考:Wikipedia 増粘安定剤

乳化剤とは

水と油をなじませるために使用される食品添加物。
大豆由来のものは「大豆レシチン」と呼ばれ、昔から天然の乳化剤として食品添加物として利用されている、自然由来の食品添加物です。「大豆レシチン」以外にも、「グリセリン脂肪酸エステル」などの合成された乳化剤もあります。乳化剤は一括表記が可能な食品添加物で、一つの食品で数種類使用されてることもあります。
補足表記されていない場合は、どんな「乳化剤」が使用されているか知ることができません。

参考:たべるご 乳化剤とは?

 

安定化剤も乳化剤も、どんな成分が使用されているかを明記しなくてもよい、一括表示が可能な食品添加物です。

成分が明確ではないものを口にするのは少し不安ですよね…。

そこで今回の記事では、おすすめの「無添加のクリームチーズ」をご紹介したいと思います。

 

おすすめ無添加クリームチーズ①よつ葉

バター製品で有名な「よつ葉」さんが無添加のクリームチーズを販売していました。

チーズの原料となっている「生乳」は、北海道十勝産の生乳100%です。

よつ葉の無添加クリームチーズ
●商品名:なめらかクリームチーズ
●販売者:よつ葉乳業株式会社
●原材料:
生乳(北海道十勝産)、バターミルク(北海道十勝製造)、食塩
●内容量:100g
●賞味期限:120日間

 

【味や風味】
とってもなめらかな食感で、パンにそのまま塗って食べてもおいしいです!

酸味と塩気のバランスもよくて、子どもも食べやすいのではないかと思います。

中身はこんな感じ。

よつ葉の無添加クリームチーズの中身

 

【価格】
私は自然派のスーパーで、100gで300円くらいで購入できました。思ったよりも高くなかったです。

Amazonでは販売していないようで、楽天市場とYahooショッピングで購入可能です。

公式サイトはこちら。

よつ葉さんには「チーズペースト」という、クリームチーズに似た商品を販売していますが、そちらには添加物が使用されていました。

この他にも、業務用(1kg)の「よつ葉 北海道十勝クリームチーズ」も販売していますが、こちらも安定剤が使用されています。

 

おすすめ無添加クリームチーズ②Arla(アーラ)

続いては、「Arla(アーラ)」さんのクリームチーズ。

デンマーク王室の御用達ブランドであるアーラフーズさんの無添加のクリームチーズです。

アーラフーズさんは、「自然由来・健康的・高品質な乳製品づくり」という哲学のもとデンマークの総ミルク生産量の約90%を供給していて、搾乳量は世界第5位の規模を誇る、乳製品の世界的な企業でもあります。

アーラの無添加クリームチーズ
●商品名:アーラ クリームチーズ プレーン
●輸入者:ジャスティスジャパン株式会社
●原産国:デンマーク
●原材料:
クリーム、生乳、食塩
●内容量:150g
●賞味期限:購入時点から2ヶ月後くらい

 

【味や風味】
こちらもとってもなめらかで、おいしいクリームチーズです!

外国産と聞くと、雑な味がするイメージがありますが(私だけ?)、口どけもよくて、ほどよい酸味でとてもおいしいです。よつ葉さんと比べると少し酸味があるかな?という感じです。

中身はこんな感じ。

アーラの無添加チーズクリームの中身

写真だとわかりづらいですが、よつ葉さんのクリームチーズよりも、やわらかかったです。

 

【価格】
こちらは普通のスーパーで見つけることができました。150gで350円くらい。

Amazonで購入可能で、Yahooショッピングでは販売していません。楽天市場ではプレーン味は販売していないようでした。(プレーン味以外のアーラのクリームチーズは販売しています)

公式サイトはこちら。

アーラさんのクリームチーズには、ハーブ味やパイナップル味など数種類が販売されていて、ほとんどの商品が無添加です。

パイナップル味は、おいしいと評判のようす。

 

おすすめ無添加クリームチーズ③地球屋バターファクトリー

最後は、楽天市場で見つけた「地球屋バターファクトリー」さんのクリームチーズ。

群馬県にある地球屋バターファクトリーさんは、無添加にこだわるバター職人の高橋一夫さんと、自家培養天然酵母と無添加にこだわる「地球屋パン工房」さんがコラボしたバターファクトリーです。

そんな地球屋バターファクトリーさんがつくるクリームチーズは、もちろん無添加です。

●商品名:プレミアム クリームチーズ
●製造者:株式会社ホワイトファーメント
●原材料:
生乳、生クリーム、食塩
●内容量:100g
●賞味期限:14日

 

原材料の生乳は、非遺伝子組み換え飼料と、有機栽培の牧草だけで育てた牛の生乳100%を使用しています。

生乳と生クリームをはっ酵させ、一晩布袋で吊るすことで、ゆっくり水分(ホエー)を抜き、濃厚感たっぷりのクリームチーズを実現しています。

 

【価格】
楽天市場で100gを650円ほどで販売しています。送料含めると高くなってしまいます。

まぁまぁなお値段ですが、牛の飼料からこだわりぬいた生乳を使用しているため、これくらいの価格が妥当ではないかと思います。

公式サイトはこちら。

 

まとめ

無添加のクリームチーズは商品数が少なくて、購入しやすいのは上記の3つくらいしかありませんでした。

なめらかな口あたりが必要な食品に、「無添加」を実現させるのは難しいのでしょうね。

 

よつ葉さんとアーラのクリームチーズは、スーパーをいくつか回ったら購入できるのではないかなぁ、と思います。

選び方としては、

  • 国産派 
    よつ葉さん
  • 国産派で生乳にもこだわりたい!
    地球屋バターファクトリーさん
  • 外国産もOK
    アーラさん 

こんな感じになるのではないでしょうか。

ちなみに、私はよつ葉さんとアーラさんのクリームチーズを混ぜて、チーズケーキをつくりました!

手作りチーズケーキ

炊飯器でつくったので、形はいまいちでしたが、味は激うまでした。

旦那さんもおいしい!と感動していて、自分でも

「ケーキ屋さんのケーキよりおいしいかも!」

と思うほど。

こんなにおいしいのは、無添加のクリームチーズのおかげかな?と思っています。やっぱり無添加の原材料を使うとおいしものがつくれる気がします。

 

そして、ケーキづくりに必須な「生クリーム」も添加物が多い食品のひとつ。無添加の生クリームはこちらの記事にまとめいています。

 

このブログを読んでくださる方が、無添加のクリームチーズを購入する際に、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

 

**********

一つのスーパーで無添加食品を買い揃えるのは難しく、手間もかかるので、無添加の食品を購入できるおすすめの通販サイトを下記の記事にまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました