コンソメの添加物に注意!おすすめ無添加洋風だし6選

無添加洋風だしを使ったポトフ無添加のたべもの
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

この記事はこんな方向け

  • 無添加の洋風だしを探している方
  • 食の安全性を気にし始めた方
  • 美容と健康のために今できることを探している方

 

*この記事の内容をYouTubeにしています。しっかりと飲み比べしていて、食品の中身も動画でチェックできます♪

スポンサーリンク

コンソメに使用される添加物

コンソメスープにシチュー、ポトフなど洋食をつくるときに必ずと言っていいほど使用する調味料「コンソメ」。

 

私は食品添加物を気にしはじめるまでは、料理にコンソメを多用していました。

 

ですが、初めてコンソメの原材料を見たときは、ショックを受けてしまいました。

思った以上に食品添加物が使用されていたからです。

 

ここで、コンソメの原材料を見てみましょう。

【原材料】
乳糖(アメリカ製造)、食塩、食用加工油脂、砂糖、野菜・肉エキス(はくさいエキス、ビーフエキス、チキンエキス)、香辛料、野菜エキス、酵母エキス、しょうゆ、果糖/調味料(無機塩等)、酸味料、ポリグルタミン酸

この中では、「調味料(無機塩等)」・「酸味料」・「ポリグルタミン酸」が食品添加物に該当します。

調味料(無機塩等)とは

食べものに旨味を与えるための食品添加物です。
調味料は一括表記が可能な添加物で、アミノ酸系・核酸系・有機酸系・無機塩に分類されていますが、この中の4つ目に該当します。
ちなみに1番よく使用されるのはアミノ酸系です。

調味料(無機塩)は、添加物の塩化カリウム、リン酸三カリウム、リン酸三ナトリウムなどが併用される合成された調味料です。

リン酸系がよく使用されている点が気になりますね。

調味料(アミノ酸等)同様に、合成された味に慣れてしまうことで、本来の味覚が失われてしまうリスクがあります。

 

酸味料とは

食品に酸味を加えるために使用される食品添加物です。

酸味料も一括表示が認められている食品添加物でアジピン酸、クエン酸、グルコン酸、コハク酸、酒石酸、乳酸、二酸化炭素、氷酢酸、フマル酸、リンゴ酸、リン酸などの種類豊富な産を使用することができます。

原材料に記載する必要がないため消費者からはどの酸が使用されているかはわかりません。アジピン酸やグルコン酸、酢酸、コハク酸などは、化学合成してつくられた成分なので安全性に懸念が残ります。

 

ポリグルタミン酸とは

味の素のホームページに説明文があったのですが、ポリグルタミン酸はアミノ酸の一種であるグルタミン酸を結合させてつくられる、納豆のネバネバをつくる成分だそうです。

いろいろ調べてみましたが、危険性についてはよくわかりませんでした。

また添加物ではありませんが、だし系に使用される気になる成分があります。それが、「酵母エキス」です。

酵母エキスとは

うま味成分のことで原料は酵母です。

酵母を化学的に処理してつくられているので、濃厚な旨味を出すことができます。

これもまた人工的に作られた旨味成分なので、この味に慣れることにより、味覚が壊れることが懸念されています。

また原料の酵母にビール酵母の残りを使用していることや化学的な製造過程も安全性が懸念されています。

この酵母エキスは、「無添加」とパッケージに記載している商品にも使用されていることが多いので、食品を購入するときは「無添加」の表記にとらわれず、きちんと原材料をみて購入したいところです。

またチキンエキスなどのエキス系も、エキスを抽出する際に薬剤を使用していたり、添加物が使用されている可能性もあったりするので、気になる成分ではあります。

 

ですが、洋風だしは味を作るのが難しいのか、調味料系の添加物や酵母エキスを使用していない商品はすごく少ないのです。

数年前は、ほぼなかったに等しいのですが、最近になっていくつか見つけることができました。

そこで今回の記事では、上記でお伝えした添加物や気になる成分が使用されていない「無添加の洋風だし」をご紹介したいと思います。

 

おすすめ無添加洋風だし①前田屋

最初にご紹介するのは、このブログの読者さんに教えていただいた完全無添加の洋風だし、「前田屋」さんの「無添加チキンコンソメ粉末」です。

山口県産の長州鶏や鹿児島県産の赤鶏さつまのどちらかを使用しています。しかも、どちらも抗生物質などを含んだ飼料を与えずに育てられた鶏を使用しています。

また使用している野菜、玉ねぎ、人参、キャベツ、セロリはすべて国産。食塩も不使用です。

無添加の洋風だし 前田屋 チキンコンソメ粉末
●商品名:無添加チキンコンソメ粉末
●輸入者:株式会社前田屋
●原材料:
鶏肉(山口県産)、玉ねぎ(国産)、キャベツ(国産)、人参(国産)、セロリ(国産)、おから(国産)
内容量:100g
●エネルギー:6gあたり 21kcal

●賞味期限:購入時点から10ヶ月後くらい

 

【味や使用感】
ご紹介している中では、1番さっぱりとした味の洋風だしです。

塩を使用していないので少し薄めに感じるかもしれませんが、お塩は自分で足すことができるので、塩分を自分で調整して味付けしたい方におすすめです。

 

【価格】
私は楽天市場で100g 1,780円で購入しました。

スーパーでは見かけない商品で、AmazonやYahooショッピングでも購入することができます。

 

おすすめ無添加洋風だし②アルチェネロ・パウダータイプ

続いては、イタリアのオーガニック食品メーカー「アルチェネロ」の「有機野菜ブイヨン パウダータイプ」です。

こちらの商品も完全無添加の洋風だし

日本のオーガニック企画の有機JAS認証と原産国のイタリアのオーガニック企画であるEUオーガニック認証を取得しています。

前田屋さんの洋風だしの野菜は有機野菜ではなさそうでしたが、こちらは原料の野菜がすべてオーガニック。鶏などの動物性原料を使用していないのも特徴です。

無添加洋風だし アルチェネロ 有機野菜ブイヨン パウダータイプ
●商品名:アルチェネロ有機野菜ブイヨン・パウダータイプ
●輸入者:日仏貿易株式会社
●原材料:
食塩、有機乾燥ポテトフレーク、有機とうもろこし粉、有機乾燥野菜(たまねぎ、にんじん)、有機砂糖、有機ウコン、有機セロリ、有機ナツメグ、有機バジル、有機パセリ、有機トマト
内容量:120g
●エネルギー:10gあたり17.2kcal

●賞味期限:購入時点から1年後くらい

 

【味や使用感】
前田屋さんとは違って食塩を使用している洋風だしです。塩味がはっきりしているタイプです。

ウコンの味が少し強い感じがします。

ハーブ系の味がするので、カレーとかポトフとかにすると合いそうかなと思います。

 

【価格】
定価だと120gで571円です。

たまにスーパーなんかでも見かけますが、自然食品にこだわりのスーパーだったりするので、私はAmazonや楽天市場などのオンラインで購入することが多いです。

アルチェネロのだしは、固形タイプも販売していますが、固形タイプには、なぜか酵母エキスが使用されていたので、購入するならパウダータイプがおすすめです。

 

おすすめ無添加洋風だし③光食品

続いては、「光食品」の「無添加チキンコンソメ(液体)」です。

完全無添加の洋風だしで、めずらしい液体タイプです。

光食品さんという、有機や国産の原料にこだわり、添加物や化学調味料などを使用せずに食品づくりをしているメーカーの商品です。

とりがらスープはワクチン以外の抗生物質や抗菌剤を使用せず、遺伝子組み換え原料も不使用の飼料で育てた秋川牧園さんの若鶏の新鮮なガラを使用したとりがらスープを使用しています。

使用している野菜はすべて国産で、しかもオーガニック

醤油は国産有機丸大豆で、小麦から醸造し、1年以上熟成させた有機本醸造醤油です。

砂糖には国産の粗糖を使用しているという、こだわりっぷりです。

無添加洋風だし 光食品 無添加チキンコンソメ 液体
●商品名:無添加チキンコンソメ(液体)
●販売者:光食品株式会社
●製造所:池田糖化工業株式会社

●原材料:
とりがらスープ(鶏骨(国産)食塩)、食塩、有機醤油、砂糖、有機たまねぎ、有機にんじん、有機キャベツ、有機セルリー、香辛料
内容量:10g×8袋
●エネルギー:10gあたり2kcal

●賞味期限:購入時点から10ヶ月後くらい

 

【味や使用感】
塩もコショウもはっきりしていて、いわゆる「コンソメ」の味に1番近いのが、この洋風だしです。

液体をお湯に溶かすだけで、完成されたおいしいコンソメスープができあがります。

 

【価格】
定価は10g×8袋で540円です。

こちらもあまりスーパーでは見かけない商品です。

Amazonや楽天市場、Yahooショッピングで購入することができます。

ここからは、酵母エキスを使用していますが、上記でご紹介している洋風だしよりも安く購入できるのでご紹介します。

おすすめ無添加洋風だし④スカイフード

続いては、「スカイフード」さんの「欧風だし」です。

アルチェネロのだし同様に「野菜」のみを使用してつくられた洋風だしです。

無添加洋風だし スカイフード 欧風だし
●商品名:洋風だしの素
●製造者:㈱スカイ・フード
●原材料:
食塩、でんぷん分解物、酵母エキス、ローストオニオンエキス、醤油、コショウ
セロリ粉末、キャロット粉末、フライドガーリック、馬鈴薯でんぷん
●内容量:40g(5g×8袋)
●賞味期限:購入時点から2年後くらい

 

【味や使用感】
味がしっかりついていて、きちんとコンソメの味です。固形コンソメのような油っぽさが無く、料理がさっぱりとした仕上がりになります。

 

【価格】
カルディなどで400円以内で購入可能です。Amazonや楽天市場でも購入可能ですが、カルディで購入する方が安いです。

 

おすすめ無添加洋風だし⑤オーサワジャパン

続いては、「オーサワジャパン」さんの「野菜ブイヨン」です。

こちらの商品も動物性の原料は使用せずに、糖類も無添加で、植物性素材だけでつくられています。

無添加洋風だし オーサワジャパン オーサワの野菜ブイヨン
●商品名:オーサワの野菜ブイヨン
●製造者:オーサワジャパン株式会社
●原材料:
食塩、甘藷でん粉、酵母エキス、玉ねぎ、醤油、黒こしょう、セロリ、にんじん、にんにく

●内容量:150g(5g×30包)
●賞味期限:開封前で常温1年

 

【味や使用感】
やさしいお味の洋風だしです。にんにくの風味がほんのり感じられ、コクもあり、きちんとコンソメ味です。

こちらも油っぽさは無くさっぱりした洋風だしです。

オーサワの野菜ブイヨンの中身

【価格】
スーパーなどでは見かけない商品ですが、Amazonで購入可能です。30袋入りで1,300円くらいで購入可能です。1包で3~4人分のスープやポトフがつくれます。

 

おすすめ無添加洋風だし⑥アルチェネロ・キューブタイプ

最後は、2番目にパウダータイプを紹介した「アルチェネロ」さんの「有機野菜ブイヨン キューブタイプ」です。

パウダータイプ同様、オーガニック野菜をベースにした、動物性原料不使用の洋風だしです。

パウダータイプとの違いは、酵母エキスやコーンスターチを使用している点です。

無添加洋風だし アルチェネロ有機野菜ブイヨン・キューブタイプ
 ●商品名:アルチェネロ有機野菜ブイヨン・キューブタイプ
●輸入者:日仏貿易株式会社
●原材料:
食塩、有機砂糖、有機乾燥野菜(たまねぎ、セロリ、にんじん、パセリ)、有機コーンスターチ、有機ひまわり油、酵母エキス、有機ウコン、有機胡椒
内容量:100g(10g×10包)
●賞味期限:購入時点から1年後くらい

 

【味や使用感】
塩気が少し強いですが、コクのあるおいしいスープができます。

ウコンを使用しているせいか、スープの色が他の洋風だしに比べて黄色くなります。また、ウコンの独特な味も感じられる洋風だしです。

 

【価格】
自然派のスーパーで1箱(100g)500円ほどで購入しました。Amazonや楽天市場・Yahooショッピングなどでも購入可能です。

パウダータイプよりも安いです。

 

まとめ

無添加の洋風だしを6品ご紹介しました。

だし系は、無添加を謳っていても「酵母エキス」を使用している商品がとても多いです。

 

ですが、

  • 前田屋さんの無添加チキンコンソメだしパック
  • アルチェネロさんの粉末タイプの有機野菜ブイヨン
  • 光食品の無添加チキンコンソメ

は完全無添加でした!

何年も前からずっと探し続けていますが、添加物も酵母エキスも使用していない洋風だしって本当にこの3品くらいです。

 

酵母エキスも気にされる方にとっては、即買い間違いなしの洋風だしです。

気になる商品があったら、ぜひ試してみてください。

 

おすすめの”無添加和風だし”のまとめ記事はこちら

おすすめの”無添加中華だし”のまとめ記事はこちら

 

**********

一つの店舗で無添加食品を買い揃えるのは難しく、手間もかかるので、無添加の食品を購入できるおすすめの通販サイトを下記の記事にまとめています。

無添加のたべもの無添加のはなし
スポンサーリンク
ころ

ブログ管理人のころです。
無添加生活9年目。無添加やオーガニックの食品やアイテムを日々探し求め、見つけては記事にしています。美容の小ネタなんかもときどき。
現在過去記事見直しがてら、YouTubeもつくってます。
インスタ、楽天roomも運営中↓

ころをフォローする
ころをフォローする
10年後、いまよりもっとキレイになる
タイトルとURLをコピーしました