スポンサーリンク

餃子の皮にも添加物は入ってる!無添加でおすすめの餃子の皮はこれ!

餃子の皮 無添加のたべもの
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

 

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

今回のテーマは、

餃子の皮にも添加物は入ってる!
無添加でおすすめの餃子の皮はこれ!

です。

 

この記事はこんな方向け
無添加の餃子の皮を探している方
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方
スポンサーリンク

餃子の皮に含まれる食品添加物

焼き餃子

定番の中華の家庭料理といえば「餃子」ですね。特に男性は「餃子」が好きな方は多いのではないでしょうか。私の夫も「餃子」が大好きです。

 

そんな餃子は、白菜をみじん切りにして肉と混ぜ合わせて餃子の皮で包むという、作るのが割と面倒なメニューでもありますが、「餃子の皮」から作らなくて良いだけまだマシです。

 

私の知り合いには、「餃子の皮も自分で手作りする」という方もいますが、面倒くさがりの私にはとても真似できません。しかし、残念ながらスーパーで販売している「餃子の皮」の原材料を確認してみると、しっかりと「食品添加物」が入っているのです。

 

ここでスーパーでよく見かける、とあるメーカーの餃子の皮の原材料を見てみます。50枚入で350円ほどの餃子の皮です。

【原材料】

  • 小麦粉、食塩、食用植物油脂、還元水あめ/加工澱粉、酒精

 

この中では、「加工澱粉」と「酒精」が食品添加物に該当します。また、厚生労働省の指定する「食品添加物」には該当しませんが、実は「還元水あめ」にも食品添加物が潜んでいるのです。

 

加工澱粉とは
デンプンの持つ非水溶性や老化などの性質を化学的、物理的、酵素的に加工処理し、さらに機能を付与したり向上させたりしたものを言います。加工デンプンは、未だにその安全性に関する情報が不足していることが問題に挙げられます。赤ちゃん用のミルクやベビーフードなど乳幼児向けの飲食料に含まれていることがあり、既にEUでは乳幼児向け食品に、一部の加工デンプンの使用が禁止されています。
参考:たべるご 加工でん粉とは?種類と安全性
酒精(しゅせい)とは
発酵アルコールのことで、一般的には「殺菌」を目的として利用されます。発酵アルコールは糖蜜やサトウキビなどの糖質と芋類のでんぷんを原料として糖化、発酵、蒸留して作られます。人体に害のある危険性は問われていません。
参考:たべるご 酒精とは?
還元水あめとは
水飴に水素を添加して製造された化合物で、低カロリーの甘味料。水飴から酵素が奪われることで、水飴の成分であるマルチトールやソルビトールが還元水飴の成分に含まれてしまいます。「ソルビトール」は食品添加物に該当しますが、原材料には「還元水あめ」の表記のみで良いのです。
参考:たべるご 還元水飴とは
 

「酒精」は特に危険性は無いようですが、「加工澱粉」や「ソルビトール」は出来れば避けたい食品添加物です。

 

また、食品添加物ではありませんが、餃子の皮に「食用植物油脂」が含まれているのも気になります。おそらく、精製された「サラダ油」が使用されているのですが、サラダ油は「ヒドロキシノネナー」や「トランス脂肪酸」などの人体に害のある物質が含まれているのです。

 

スーパーで販売している餃子の皮には、「植物油脂」や「還元水あめ」や「加工澱粉」が含まれている商品ばかりです。無添加の商品が多く販売されている自然派スーパーでも、完全無添加の餃子の皮は見かけたことはありません。

 

今回の記事では、無添加主義の私がようやく見つけた「無添加で油不使用の餃子の皮」をご紹介したいと思います。

 

おすすめの無添加 餃子の皮

Amazonで購入した「アルファーAKA」さんの「餃子の皮 」です。無添加でなおかつ国産小麦の全粒粉を使用しています。植物油脂も使用していない、シンプルな原材料で作られています。

無添加の餃子の皮
無添加の餃子の皮の原材料

●商品名:餃子の皮 (大判)
●製造者:有限会社アルファーAKA
●原材料:小麦粉、食塩、デンプン
●内容量:20g
●賞味期限:購入日から4ヶ月後くらい

 

【味や食感】
皮の厚みがあり、大判なのでかなり食べ応えのある餃子に仕上がります。Amazonの商品ページには「薄めの皮」と記載されていますが、私には厚めだと感じています。皮はもちもちしていて、程よく塩味が付いています。餃子の皮だけで食べても美味しいので、これはおすすめです。

餃子の餡を包むときも、厚みがあるので皮が破れないため、作業性も高いです。大判なので通常サイズの餃子の皮の2倍の量は包めます。中身はこんな感じです。

無添加の餃子の皮の中身

この餃子の皮を使って作った餃子です↓

無添加餃子の皮で作った餃子

【価格】
Amazonで購入しました。20枚入り5パックで、2,500円くらいで販売しています。100枚で2,500円で、かなりお高めです。通常サイズの餃子の皮の2倍の量は包めるので、通常サイズの餃子の皮の200枚分で無添加・国産小麦を使用していると思うと、それほど違和感はないかな?という感じです。

楽天市場でも購入可能ですが、Amazonの方が少しばかり安いです。(どちらも送料無料)

 

まとめ

焼き餃子

スーパーに普通に売っている食品や調味料は、なんとなくで選んでいると本来の調味料としての役割を果たせなかったり、実は安全性に懸念のあるものだったり、ということは普通にあります。

 

特に毎日のように使用する調味料はこだわりを持って、どんな原材料が入っているかを知って購入したいものです。私は全身に広がるじんましんを、「食品添加物」を摂取しないようにすることで克服できて以来、「無添加生活」を送っています。

 

食事として口に入るもの、毎日肌に触れるものにはきちんとこだわって、自分で納得いくもの選ぶようにしています。ただ、それぞれの食品や商品について無添加のものを探したり、入っている原材料や成分について調べたりすることは、時間もかかりますし疲れます。

 

しかし、そういう努力が「健康」とその先にある「キレイ」を実現できるものだと信じて、ゆるーく続けています。

 

この記事を読んでくださる方の、「無添加で、使い勝手が良くて、味も良い商品」を探す時間を少しでも少なくできるのであれば幸いです。

 

その他の無添加の調味料や食品について、こちらのページにまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました