スポンサーリンク

ウェットティッシュの成分は安全?おすすめ無添加商品はこれ

ウェットティッシュ 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品や商品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加商品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

この記事はこんな方向け
無添加のウェットティッシュを探している方
・肌に触れるものの安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方

 

★無添加の調味料や食品・洗剤や化粧品について、こちらのページにまとめています。添加物や化学物質が気になる方の参考になれば幸いです。

 

ウィルス感染症の拡大でさまざまな事柄に影響が出てきた昨今。

皆様も身の回りのウィルス対策には力を入れていることと思います。

 

私はインフルエンザにもかかったことがないため、手洗い・うがいの意識が低かったのですが、最近では外出先から帰った際には、しっかりと手洗いやうがいをして感染対策をしています。

 

また外出先でも、職場などでちょっとしたお菓子を食べる時には、ウェットティッシュでしっかりと手を除菌してから食べるようにしています。

 

しかし、そんな中で気になったのが、

ウェットティッシュにはどんな成分が含まれているのだろう?

ということです。

 

除菌ができるということは、アルコールやその他にも薬品が含まれているということです。

ウェットティッシュを使用した後は洗い流さないため、その成分が肌に残ってしまいます。

 

そう考え始めてしまうと、アルコールで除菌した後に、ナチュラルなウェットティッシュでさらに拭きなおしたい…と思うようになってしまったのです。

 

これをきっかけに、無添加の肌に優しいウェットティッシュがないかなぁと思い探してみました。

 

そこで今回の記事では、ウェットティッシュの成分のお話と、おすすめの無添加ウェットティッシュをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ウェットティッシュの種類

ウェットティッシュ

ウェットティッシュを購入する際に、いくつかの種類があって迷ったことはないでしょうか?

ウェットティッシュの種類について簡単に触れておきたいと思います。

ウェットティッシュの種類は主に次の3つがあります。

 

純水タイプ

成分の大半に純粋な水を使用した手肌に優しいと言われるウェットティッシュです。手肌には優しいですが、除菌効果は高くありません。

パッケージに「純水99%使用」と記載されているウェットティッシュが販売されていますが、残りの1%の成分が気になるところです。

 

ノンアルコール除菌タイプ

除菌効果の高いアルコールを使用していない、天然由来の除菌成分を配合したウェットティッシュです。

アルコールに刺激を感じやすい方向けのウェットティッシュです。

 

アルコール除菌タイプ

除菌成分に、除菌効果の高いアルコールを使用したウェットティシュです。

顔や目などへの使用は推奨されていません。

手の除菌の他、机やキッチン周りの除菌をしたい場合にも使用されます。

 

 

ウェットティッシュは目的別に購入することが必要そうですね。

 

高い除菌力を求めるのであれば、アルコール除菌タイプのウェットティッシュを選ぶのがベストですが、洗い流さないため肌に触れる手指に使うのは少し不安が残ります。

 

私が探しているのは、アルコールで除菌をした後に使える、安心安全な無添加ウェットティッシュです。

 

では、純水99%のウェットティッシュなら安全なのでしょうか?

 

純粋タイプのウェットティッシュに含まれる成分

水

いろいろと調べてみると、純水99%のウェットティッシュに入っている成分には、安全性が高いとは言えない成分が含まれていることがわかりました。

 

例えば、純水99%のウェットティッシュの代表の「ピュアナ(ソフトタイプ)」の成分を見てみると…

 

水、BG、安息香酸、ポリアミノプロピルビグアニド、ブチルカルバミン酸ヨウ化プルビニル、ベンザルコニウムクロリド、EDTA-2Na,(C12-14)パレス12

 

水以外の残り1%に、こんなにもの薬品が…

 

ベンザルコニウムクロリド

は毒性が高いと言われている成分です。

 

また、

ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル・ポリアミノプロピルビグアニド

に関しては安全性が不透明と言われている成分なのです。

 

除菌効果が高いわけではないのに、安全性が不透明な成分を使用しているなんてショックですね。

 

このことを知り、無添加主義の私は「無添加のウェットティッシュ」を探しました。

意外にも無添加のウェットティッシュは少なかったのですが、見つけた商品をご紹介します。

 

おすすめ無添加ウェットティッシュ

成分は水だけで、赤ちゃんにも使えるウェットティッシュ「ママとベビーの水だけぬれコットン」です。

滅菌精製水使用のぬれコットンを使用した、薬品などの添加物を一切使用していないウェットティッシュです。

●商品名:ママとベビーの水だけぬれコットン
●製造元:大衛 株式会社
●全成分:滅菌精製水(パイロジェンフリー水)
●ティッシュサイズ:8㎝×8㎝

●内容量:100包入

 

精製水をさらに滅菌した滅菌精製水の中でも、特に品質の高いパイロジェンフリー水を使用しています。

さらにティッシュの素材には、天然コットンを使用しています。

 

手指だけではなく口まわりや、赤ちゃんのおしりふきにもぴったりです。

 

【価格】
Amazonだと100包入りで1,000円ほどの価格なので、1包が100円。

うーむ…。高いです。

ドラッグストアでは見かけない商品なので、ネットで購入するしかなさそうです。

Amazon・楽天市場・Yahooショッピングで購入可能です。

 

まとめ

赤ちゃんのためのウェットティッシュですが、これなら手や顔、そして赤ちゃんにも安心して使えそうですね。

 

コロナの影響で、ウェットティッシュも売り切れになっていたり、価格が通常よりも高くなっている商品も多いですが、上記の商品は手に入りやすいようです。

 

このブログを読んでくださる方の、今後の選択に少しでも参考になれば幸いです。

 

*********
参考:
Domani 除菌ウェットティッシュって、ノンアルコールが安全?

タイトルとURLをコピーしました