スポンサーリンク

食品添加物をなるべく避けよう!おすすめの無添加ドレッシング

サラダとドレッシング 無添加のたべもの
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

この記事はこんな方向け
無添加のドレッシングを探している方
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方
 

様々な「無添加食品や商品」をまとめた記事です。添加物や化学合成物質が気になる方は、是非ご覧ください↓

スポンサーリンク

ドレッシングには添加物がいっぱい

「食品添加物」は、ほとんどの調味料に含まれています。ですので、もちろん「サラダドレッシング」にも入っています。そして、スーパーで「無添加ドレッシング」を探しても、簡単に見つけることはできないのです。

 

スーパーにもよりますが、成城石井などの価格帯の高いスーパーや、自然のものにこだわったスーパーでは無添加のコーナーがあったりします。ですが、私の住んでいるエリアには、この手のスーパーがないので、無添加の商品を手に入れることがとても難しいです。

 

私のように、無添加の商品を探すのが難しいと感じている方は多いのではないのでしょうか。そんな方に向けて、私がスーパーで見つけた「無添加のドレッシング」をご紹介したいと思います。

 

ドレッシングの原材料

油イメージ

おすすめのドレッシングをご紹介する前に、普通のスーパーで売っている「価格の抑えめの大手メーカー」のごまドレッシングの「原材料」を見てみます。

 

【原材料】
食用植物油脂、醸造酢、しょうゆ、砂糖、ごま、香辛料抽出物、しいたけエキス、食塩、調味料(アミノ酸)、卵黄、酵母エキスパウダー、増粘剤(キサンタンガム)、甘味料(ステビア)、(原材料の一部に小麦・りんごを含む)

 

この中で食品添加物は「増粘剤(キサンタンガム)」と「調味料(アミノ酸)」、「甘味料(ステビア)」が該当します。また「酵母エキス」ですが、厚生労働省に指定されている「食品添加物」に該当しませんが、化学的に合成された食品にあたります。

 

増粘剤(キサンタンガム)とは
トウモロコシなどのデンプン(コーンスターチ)を、キサントモナスという細菌を使い発酵させることによって作られる、天然の高分子多糖類。キサンタンガムは、微生物を原料として作られる物質だが、毒性はなく基本的には安全性に問題はないとされている。
引用:たべるご 食品添加物キサンタンガムの毒性
調味料(アミノ酸)とは
うま味成分。たんぱく質の構成要素。たんぱく質を加水分解することにより生成される。
甘味料(ステビア)とは
ステビアというキク科の植物でハーブや薬草として使われる植物から抽出された甘未成分。甘さは砂糖の200~300倍でカロリーはほぼなく、血糖値も下げる効果がある。抗酸化作用があるともいわれている。発がん性があると疑われていたが世界保健機関(WHO)からも安全宣言がされている。一方で不妊の可能性があるという研究機関もある。
※参考:調味料の百科事典
酵母エキスとは
うま味成分のこと。原料は酵母。酵母を酸・アルカリ・酵素のいずれかで酵母の細胞壁を破壊し細胞成分を抽出した後に粉末化したもの。精製されていないので食品添加物には指定されていない。このような化学的に作られた濃厚な味に慣れることにより、味覚が壊れることが懸念されている。また原料の酵母にビール酵母の残りを使用していることや、化学的な製造過程にも安全性が懸念されている。

 

安全性の高い食品添加物もありますが、ステビアなどは安心して口にするには少し懸念が残ります。自分で購入するドレッシングは美容と健康のためにもできるだけ、安心できる原材料を使っている商品を選ぶようにしたいものです。

 

おすすめの無添加ドレッシング①

定番のごまドレッシングからご紹介します。カルディで購入できる「もへじ」さんの「和風ごまドレッシング」です。

●商品名:和風ごまドレッシング
●製造者:株式会社もへじ
●原材料:食用植物油脂、有機本醸造醤油、醸造酢
     三温糖、有機胡麻、卵黄、でん粉
     (原材料の一部に小麦、大豆を含む)
●内容量:230ml
●賞味期限:購入時点から4か月くらい先

 

【味や食感】
ごまの風味がしっかりあって、ごまがたくさん使用されているのが感じられる一品です。コクもあるのでこれ一本で野菜サラダや、豚しゃぶサラダなど様々なサラダに合わせることができます。オーガニック(有機)素材を使っているところも安心できるポイントです。
※有機:無農薬もしくは低農薬で育てられた穀物や野菜のこと

 

【価格】
「もへじ」のドレッシングは「カルディ」で取り扱っています。私は「カルディ」で230㎖540円くらいで購入しました。Amazonで購入するより「カルディ」で購入する方が安いです。カルディのオンラインショップでは購入可能です。
※2019年3月現在Amazonで販売はしていないようです。

 

「もへじ」さんには、ごまドレッシング以外にも「穀旨ドレッシング(しょうゆ味)」を販売していますが、こちらも無添加です。商品名通り、穀物をたくさん使ってコクのある美味しいドレッシングでおすすめです。

穀旨ドレッシング
穀旨ドレッシング 原材料

 

おすすめの無添加ドレッシング②

続いても「ごまドレッシング」ですが、美容効果の高いα-リノレン酸を含んだ「えごま油」を利用した「創健社」さんの「えごま一番胡麻ドレッシング」です。

えごま一番表
えごま一番 原材料

●商品名:えごま一番胡麻ドレッシング
●製造者:株式会社創健社 
●原材料:練りごま、砂糖、醸造酢、えごま油
     ごま油、醤油、食塩、ごま
     (一部に小麦・大豆・ごまを含む)

●内容量:150ml
●賞味期限:購入時点から3ヶ月くらい先

 

【味や食感】
ごま油の香りと味がとても良いです。粘性が高いのですが、油もサラッとしていて食べやすいドレッシングです。オイルドレッシングなのに、食べた後に口に味が残るようなこともありません。美味しいドレッシングです。分離しやすいので、食べる前にはしっかり振って使用してください。

 

【価格】
私は普通のスーパーで480円くらいで購入できました。Amazonでも購入でき、2本セットで購入する場合はスーパーで購入するよりも安いです。
※2019年3月現在

 

「創健社」さんの、この商品の公式サイトはこちらです。

 

おすすめの無添加ドレッシング③

そして、またまた「ごまドレッシング」です。鹿児島県のメーカーで「メセナ食彩センター」さんの「末吉ゆずごまドレッシング」です。使用している油が「植物油脂」という表記ではなく、「大豆油・なたね油」ときちんと記載されているので、「サラダ油」を使用していないドレッシングです。

末吉ゆずごまドレッシング
末吉ゆずごまドレッシング原材料

●商品名:末吉ゆずごまドレッシング
●製造者:株式会社メセナ食彩センター 
●原材料:醤油、食用大豆油、食用なたね油
     ゆず果汁、ごま、たまねぎ、砂糖
     酢、ゆず皮、寒天

●内容量:190ml
●賞味期限:購入時点から3ヶ月くらい先

 

【味や食感】
こちらのドレッシングは、ゆずの香りと風味が強く、さっぱりとしたドレッシングです。粘性は低くサラサラしています。写真は「ごま」と「ゆず」が分離していしまっていますが、使用する前にしっかりと振ってください。

 

【価格】
私は自然派のスーパーで、400円くらいで購入できました。鹿児島のメーカーですが、愛知県のスーパーにも売っていました。Amazonでは取り扱いが無く、楽天市場で購入可能です。しかし、送料含めると高くなってしまうので、販売しているスーパーで買うのが一番です。

ゆずごまドレッシング 190ml
ナンチク 鹿児島のお肉屋さん 別館
¥ 540(2019/11/10 22:09時点)

 

「メセナ食彩センター」さんの、この商品の公式オンラインショップはこちらです。

 

おすすめの無添加ドレッシング④

私はドレッシングは「ごま」が大好きですが、さっぱり系にしたいとき用に「青じそドレッシング」も購入しています。

●商品名:有機青じそノンオイルドレッシング
●製造者:光食品
●原材料:有機醤油、有機醸造酢(リンゴ酢、米酢)
     有機砂糖、有機レモン、食塩
     有機青じそ、有機米醗酵調味料
     梅肉、こんぶ、かつお節
●内容量:200ml
●賞味期限:購入時点から4か月くらい先

 

【味や食感】
醤油ベースのさっぱりしたシソ風味の強いドレッシングです。ノンオイルなので本当にさっぱりと食することができて美味しいです。

 

青じその風味もしっかりしています。オーガニック(有機)素材を使っているところも安心できるポイントです。

 

まとめ

サラダ

ドレッシングは、使用している油も質が良いものを選びたいところですね。ご紹介している中で更におすすめを絞るのであれば、質の良い油が摂取できる「創健社」さんの「えごま一番」です。

油を使用しておらず、有機原料を使用している「有機青じそドレッシング」もお気に入りです。

 

その他の無添加の調味料や食品については、こちらのページにまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました