スポンサーリンク

赤ちゃんもママも安心!アロベビーミルクローションの成分と使った感想

ボディミルクイメージ 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品や商品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加商品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

この記事はこんな方向け
・赤ちゃんに優しいミルクローション
を探している方
・アロベビーミルクローションの購入を検討している方
・無添加のボディミルクを探している方

 

★無添加の調味料や食品・洗剤や化粧品について、こちらのページにまとめています。添加物や化学物質が気になる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ボディクリームにも無添加を

ボディミルクイメージ

冒頭に記したとおり、私は食品添加物を摂取しないことによって全身に広がる「じんましん」を克服することができました。

それ以来、食品はもちろん口にするもの以外の洗剤やボディソープなども「無添加」の商品を選ぶようにしています。

 

それは、手足の乾燥対策に使用する「ボディミルク」も同じです。ボディミルクは、毎日肌に直接塗るため、「石油由来の化学合成物質」が使用されている商品を避け、「自然由来」の成分で作られているボディミルクを使用しています。

 

石油由来の油分の危険性

ドラッグストアで販売されている価格の抑えたボディミルクには「石油由来の化学合成物質」の防腐剤や着色料、香料が使われていることがあります。

そういった商品は、強い香りがついていたり、キレイな色がついていたり、濃厚な油分で肌が瞬時に潤う効果があります。

 

塗った瞬間は、油分が多いため保湿されている感触が強いですが、そういったボディクリームの成分は本当に安全なのでしょうか。

 

「石油由来の化学合成物質」はネット上で様々な「危険性」が問われています。私は実際に「石油由来の化学合成物質」を使用した洗浄力の強い洗剤を使用すると、肌がかぶれてしまうタイプです。

 

どの成分がどれだけ人間の体に影響があるかは、わかりません。ただ私は体に影響が出てしまうので、「石油由来の化学合成物質」は避けるべき危険なものだと思っています。

 

☆参考☆

体の乾燥を防ぐために使用する用途のものは「ボディクリーム」や「ボディミルク」「ボディローション」がありますが、違いはご存知でしょうか。

 

この3つの違いは「油分」と「水分」の量です。

「クリーム」⇒「ミルク」⇒「ローション」

の順番で、油分が少なくなり水分量が多くなっていきます。お顔のスキンケア用品と考え方は一緒ですね。ボディクリームとボディローションを併用したり、使い方は人それぞれだと思いますが、私は中間の「ボディミルク」を選択して使用しています。

 

アロベビーミルクローションの成分と使用感

無添加という表現は厳密には正しくないと思いますが、少しでも安全な成分の「ボディミルク」をご紹介します。

 

赤ちゃんの肌向けに作られていて、しかも99%以上が天然由来成分という「アロベビー ミルクローション」です。ボディミルクと、ボディローションが一緒になった商品です。

 

私は「赤ちゃんでも安全に使えるものなら、大人が使っても間違いない!」と思い購入しました。

アロベビー ボディミルクローション
アロベビー ボディミルクローション詳細

●商品名:アロベビー ミルクローション
●製造元:株式会社N&O Life
●全成分:
水、グリセリン、オレンジ果実水*、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、オリーブ果実油*、シア脂*、ヒドロキシステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ホホバ種子油*、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴンエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー油*、ローズマリー油*、ラベンダー花水*、カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、キサンタンガム、トコフェロール、ヒマワリ種子油、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド、ステアロイル乳酸Na、BG、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸(*印はオーガニック栽培原料)

●内容量:150㎖
●使用期限:未開封で3年、開封後は1年

 

【使用感】
感触はみずみずしく驚くほど伸びが良いです。私はワンプッシュ押切って出た量で、手の肘したと足の膝下を両方に使うことが出来ます。

塗った後にべとべとしてしまうボディクリームがありますが、塗った瞬間から服を着たりしても全然平気なくらい、すーっと肌になじんでいきます。だからといって「すぐに乾燥してしまうのか」というと、そんなことはなく潤った感じが続くのです。

もちろん敏感な私の肌でも荒れたりすることもありません。テクスチャーはこんな感じです。

ミルクローションの中身

とろりとした、みずみずしいテクスチャです。

 

【香り】
ラベンダーとローズから抽出された天然オーガニックオイルが配合されているため、ほのかな優しい良い香りがします。離れた距離からも香るような強い香りはありませんが、自然で心地の良い香りです。

 

【価格】
150㎖の容量で定価は2,300円(税抜)です。ドラッグストアで購入できる商品よりはお高めですが、外国の有名ブランドメーカーのボディクリームと比べると安いです。

公式サイトで定期便で購入すると初回は900円になり、2回目以降も2,070円となるのでお得です。

 

【販売場所】
ドラッグストアでは販売しておらず、オンラインでのみ販売しています。公式サイトか、Amazonでも購入可能ですが、公式サイトで購入した方が安いです。

 

★「アロベビー ミルクローション」の商品の公式サイトはこちら。

 

まとめ

ボディミルクローションイメージ

「添加物」や「化学合成物質」は気にし始めてしまうと、とことんこだわってしまうものです。でもネット上には様々な情報があります。

 

「本当に危険なのか?」「本当に安全なのか?」を正確に確かめることは難しいですが、少しでも安全と思えるものを選択して、使いたいと思うのは私だけでしょうか。

 

このブログを読んでくださる方の、今後の選択に少しでも参考になれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました