スポンサーリンク

子どもが大好きな飴には添加物が⁉おすすめ無添加キャンディを厳選

キャンディのイメージ 無添加のたべもの
ころ
ころ

こんにちは。
閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

この記事はこんな方向け
無添加のキャンディを探している方
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方
・仕事中に甘いものを食べたくなる方

 

様々な「無添加食品や商品」をまとめた記事です。添加物や化学合成物質が気になる方は、是非ご覧ください↓

スポンサーリンク

お菓子には添加物がいっぱい!

食品添加物の多く含まれている食品、それは「お菓子」です。子ども向けのお菓子は特に、見た目の可愛さを重視するために着色料をふんだんに使用したり、子どものお小遣いでも買えるように価格を抑えるため、作業工程を減らすための食品添加物がたくさん使用されています。

 

子どもが食するものだからこそ、安全な原材料を使用してほしいものですが、大人の事情でそういうわけにはいかないのでしょう。そう納得するものの、自分で食べるお菓子や子どもに食べさせるお菓子には食品添加物の入っていないものを選択したいですよね。

 

私は大人ですが、お菓子が大好きです。女性は基本的に子どもでも大人でもお菓子が好きなのではないでしょうか。私は今は専業主婦ですが、仕事をしていた時はどうしても仕事中に甘いものが食べたくて仕方ありませんでした。

 

仕事中に食べるお菓子は、食べやすくて、食べてる途中に話しかけられても支障なく会話できるキャンディ(飴)がベストなのです。そのため、私の仕事のデスクの引き出しには、常にキャンディを常備していました。食品添加物を気にし始めるまでは、様々な種類のキャンディを机の中に入れていましたが、気にし始めた後からはキャンディの種類が激減してしまいました。

 

その理由はもちろん、無添加のキャンディの種類がとても少ないからです。キャンディを常備しないという選択肢は私の中には無かったので、必死に無添加のキャンディを探し出しました。

 

そんな私が、子どもでも大人でも安心して食べられる、「無添加のキャンディ」をご紹介します。

 

おすすめその1.完全無添加はちみつキャンディ

私がこのキャンディを見つけたとき、とても感動をしたのを覚えています。まさにはちみつ100%!はちみつだけでできている、「扇雀総本舗」さんの「はちみつ100%キャンデー」です。

はちみつキャンディパッケージ
はちみつキャンディ原材料

●商品名:はちみつ100%のキャンデー
●製造者:㈱扇雀総本舗
●原材料:はちみつ
●内容量:51g
●賞味期限:購入時点から1年くらい先

 

味の種類も豊富です。

  • はちみつ
  • はちみつとゆず
  • はちみつとりんご
  • はちみつとレモン

どれも添加物は入っていません。そして何より味が美味しいのです。私が一番好きなのは「はちみつ」のみのキャンデーですが、濃厚でしっかりはちみつの味がして、甘いのですが嫌な甘さではありません。人にあげると基本的に「おいしい!」と感動してくれます。価格も高くなく1袋200円くらいで購入できます。

 

ここで、はちみつの特徴について触れておきます。

「はちみつ」のは3つの種類に分かれます
①純粋はちみつ➡何も混ざっていない
②精製はちみつ➡においや色を取り除いている
③加糖はちみつ➡砂糖などを加える

「はちみつ」の効能
①高い殺菌・抗菌作用
②単糖消化器に負担をかけない糖分
③保湿効果がある

「はちみつ」の栄養素
①カリウム
②カルシウム
③ビタミンB2などのビタミン類
④鉄、葉酸などのミネラル
など人間に必要な栄養素が20種類以上

健康食品として注目されている「はちみつ」にはこれほどの効果・効能があるのです。ただ、はちみつに含まれる栄養素は45度以上の熱で壊れてしまいます。

 

「はちみつ100%のキャンデー」は何も混ざっていない純粋はちみつを使用しているのですが、はちみつを固形化する過程の「特殊製法」で45度以上の熱が加えられていないかはわからないので、このキャンデーで栄養素が摂れるかわわかりません。

ただ仕事中の息抜きのお菓子の役割としては文句なしの100点満点で、「もしかしたら栄養が摂れてるかも?」という感じで食べていただけると良いなと思います。

 

そして、「はちみつ」は「砂糖」よりもカロリーが低いので、ダイエットしてるけど糖分を取りたいという方にもおすすめです。このキャンデーを一袋食べても200calくらいです。※はちみつ100gあたり294cal、砂糖100gあたり394cal

 

1歳未満の乳児にはちみつを食べさせるのはNGです
参考:一般社団法人母子栄養協会 はちみつは何歳から? :ボツリヌス菌と離乳食  

 

ころ
ころ

ちなみに…。

こちらのキャンデーの製造会社は、毎年10月頃に「世界のはちみつキャンペーン」を行っています。キャンデーの袋(パッケージ)ついている応募券を、ハガキに1枚貼って送るのですが、私は2年連続で当選しています。(相当食べているのですごい枚数で応募しているからだと思うのですが笑)

 

こちらが当選して送られてきた「世界のはちみつ」です。

世界のはちみつキャンペーン

どれも美味しかったのですが、ニュージーランド産が食べやすかったです。

 

おすすめその2.おばあちゃんの味?黒糖飴

なぜか「黒糖」の飴を人にあげると「おばあちゃんみたい」と笑われるのですが、意外に「素朴な味で好き」という人も多い「黒糖飴」。黒糖を使った飴は無添加の商品がちらほらあります。その中でおすすめはこちら。

原材料も「粗糖、黒糖、糖蜜、食塩 」とシンプルです。「粗糖」という精製される前の砂糖を使用しているところも評価が高いポイントです。

 

独特な甘みが癖になりますが、私はすごーく疲れた時に食べたくなります。

 

まとめ

はちみつ

「はちみつ100%キャンデー」は、砂糖も使用していないのに、しっかりとした甘みを感じられるので、砂糖を避けている方にとっても最強の「おやつ」だと思います。少し前までは、このキャンデーを販売しているスーパーは少なかったのですが、最近ではだいぶ増えてきました。

お近くのスーパーで是非探してみてください。

 

無添加の食品を探すのは、大変な作業です。このブログを読んでくださる方々の、その作業時間を少しでも減らせるのであれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました