スポンサーリンク

子どもも安心して食べられる無添加のクッキーを探そう!おすすめは?

クッキーイメージ 無添加のたべもの
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

この記事はこんな方向け
無添加のクッキー・ビスケットを探している方
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方

 

様々な「無添加食品や商品」をまとめた記事です。添加物や化学合成物質が気になる方は、是非ご覧ください↓

スポンサーリンク

クッキーとビスケットにも添加物が

クッキーイメージ_2

子どもから大人まで幅広い年代で気軽に食べられるクッキー。私も仕事の合間に食べたり、家でも3時のおやつで食べたりします。

 

そんなクッキーにもやはり原材料を確認すると「食品添加物」が含まれています。美味しいものには添加物が入っているのです。

 

大手のお菓子メーカーの、価格を抑えたクッキーの原材料を見てみます。14枚入りで150円くらいで購入可能な、いたってシンプルなプレーンのクッキーです。

 

【原材料】
小麦粉、砂糖、ショートニング、鶏卵、バターオイル、植物油脂、マーガリン、卵黄、食塩、乳化剤(大豆由来)、香料、膨脹剤、カロテン色素

この中で食品添加物は「乳化剤(大豆由来)」と「香料」、「膨張剤」、「カロテン色素」が該当します。

自宅でクッキーを焼く際は「小麦粉・バター・卵」くらいの材料なのに、添加物がこんなにもたくさん入っているのです。クッキーなのに「植物油脂」が入っているのも気になるところです。

乳化剤(大豆由来)とは
水と油をなじませるために使用される。大豆由来のものは大豆レシチンと呼ばれ、昔から天然の乳化剤として食品添加物として利用されている。自然由来の食品添加物。
参考:たべるご 乳化剤とは?

カロテン色素とは
カロチノイド色素という着色料のことで、カロチノイド色素は数百種類の着色料の総称。そのため一概に危険性がないとはいえない。天然抽出物だけでは量が足りないときに合成化合物が混ぜられる場合もあり、そういった色素は発がん性のリスクも高まるといえる。
参考:たべるご カロチノイド(カロテノイド)色素とは?

着色料を使用すると、価格を抑えて食品を綺麗な色に仕上げることが出来るため、お菓子などには多用されています。

 

「膨張剤」や「香料」は一括表示が可能な食品添加物に該当するので、どの物質が使用されているか不明確なため、安心して口にするには懸念が残ります。

 

また、食品添加物ではありませんが、「マーガリン」と「ショートニング」も口にするには懸念の残る食品です。「マーガリン」や「ショートニング」の中には製造過程で「トランス脂肪酸」が生成され、含まれているのです。

 

トランス脂肪酸とは
WHO(世界保健機関)のレポートにより、心臓疾患のリスク増加との強い関連が報告され、また摂取量は全カロリーの1%未満にするよう勧告されている。また2018年5月にWHOは、マーガリンなどに含まれる「トランス脂肪酸」を2023年までに世界の食品から一掃することを目指し、段階的な戦略を発表。アメリカではすでに飲食店に対しトランス脂肪酸の上限を法規制している。
※参考:CNN.co.jp 食品のトランス脂肪酸、23年までの根絶を呼びかけ WHO

「安全性が高い」とは言えない食品なので、できれば避けたい食品に該当します。

 

「クッキー」はお子さんもおやつとして食べることがあるかと思いますが、なるべく安心できる原材料で出来ている「クッキー」を選びたいものです。

 

おすすめの無添加クッキー①

価格は少し高いですが、大手のお菓子メーカー「グリコ」さんに「発酵バターが薫るショートブレッド」という無添加のクッキーがありました。

グリコ ショートブレット

●商品名:発酵バターが薫るショートブレッド
●販売者:江崎グリコ株式会社
●原材料:小麦粉、発酵バター、砂糖
     マカダミアナッツパウダー、食塩
     (一部に乳成分、小麦を含む)

●内容量:11枚
●賞味期限:購入時点から半年後くらい

 

【味や食感】
固めのショートブレッドです。噛み応えがあるので食べ応えがあります。バターの風味もしかり出ていて、ケーキ屋さんで作っているクッキーのようです。濃厚なバターの風味とさくっとした食感なので子どもも好きなクッキーです。別の種類で「たっぷりマカダミア」も販売されていますが、こちらも食品添加物は無添加です。

 

【価格】
価格はやや高めで、私はスーパーで、280円くらいで購入しました。Amazonパントリーだと260円ほどなので、Amazonパントリーでその他の買い物と一緒に購入する場合に買うと良さそうです。楽天でも購入可能ですが、少し高いです。

 

この商品の公式サイトはこちら。

 

おすすめの無添加クッキー②

分類としてはクッキーではなく「ビスケット」になってしまいますが、「森永製菓」さんの「マクロビ派ビスケット」です。食品添加物だけでなく、バターやマーガリン、白砂糖も不使用というこだわりのビスケットです。

マクロビ派ビスケット表
マクロビ派ビスケット裏面

●商品名:マクロビ派ビスケット
●製造者:森永製菓株式会社
●原材料:砂糖(てんさい糖)、小麦粉、
     オーツ麦フレーク、食用なたね油、
     ココアパウダー、玄米フレーク、
     アーモンド、ひ まわり種子、
     ヘーゼルナッツ、かぼちゃ種子
     食塩、バニラ香料 
●内容量:37g
●賞味期限:購入時点から半年くらい

 

【味や食感】
商品名はビスケットですがビスケットほど柔らかい歯ごたえではなく、噛み応えがかなりあり食べ応えがあります。カカオの苦みもあり、甘さが奥の方からやってくる奥の深い味で、主張しすぎない美味しさがあります。甘みが前面に出ていないので子供さんは少し物足りないかもしれませんが、安全面では安心して食べてもらえるお菓子です。「カカオ」の他に「クランベリー」がありますが、そちらも無添加です。中身はこんな感じです。

マクロビ派ビスケットの中身

【価格】
スーパーやコンビニで購入できますが、写真に掲載しているものはコンビニで購入したものです。37gで200円くらいで購入しました。スーパーでは、もう少しサイズが大きくて300円くらいで販売されていました。Amazonでは5袋セットで1,900円くらいですが、1袋が100g入りです。楽天では写真のサイズの6個セットが700円以内で購入できます。

スーパーで購入できる大サイズの写真です。

マクロビ派ビスケット 大
マクロビ派ビスケット大 原材料

この商品の公式サイトはこちら。

 

おすすめの無添加クッキー③

続いては「ローソン」で購入できる、無添加でなおかつ白砂糖も使用していない「かぼちゃのマクロビオティッククッキー」です。バターやマーガリンを使用していないクッキーで、トランス脂肪酸が0という珍しいクッキーです。しかも原材料は全て国産です。

かぼちゃのマクロビオティッククッキー
かぼちゃのマクロビオティッククッキー原材料

●商品名:かぼちゃのマクロビオティッククッキー
●製造元:株式会社コラソン
●原材料:小麦粉、てんさい糖蜜、こめ油
     かぼちゃパウダー、てんさい糖、食塩
●内容量:40g

●賞味期限:購入時点から2ヶ月後くらい

 

【味や食感】
丸くてかわいい形をしたクッキーです。食感は固めでサックリと噛めるのですが、パサパサせずにちょうど良いしっとり感があります。甘みもちょうど良く、かぼちゃの優しい風味のする美味しいクッキーです。

 

【価格】
40gで145円と少しお高めなクッキーです。

 

【追記】上記の商品の販売が終了して、下記の商品が販売されています。(2019年6月時点)

豆乳きなこビスケット
豆乳きなこビスケット 原材料

●商品名:豆乳きなこビスケット
●製造元:株式会社コラソン
●原材料:小麦粉、てんさい糖蜜、こめ油
     きな粉、豆乳、てんさい糖、食塩
●内容量:30g
●賞味期限:購入時点から4ヶ月後くらい

 

【味や食感】
「かぼちゃのビスケット」同様に、丸くてかわいい形をしたクッキーです。食感はかなり固めで、カリっとしていて食べ応えがあります。きなこの味がもっとするのかと思ったのですが、それほど強くなく、香ばしい味がします。中身はこんな感じです。

豆乳きなこビスケットの中身

【価格】
30gで145円と、やはり高いです。

 

このほかにも、「ナチュラルローソン」ブランドには「素焼きのナッツ類」や「野菜チップス」などの「無添加」のお菓子が販売されています。ただ、「ナチュラルローソン」ブランドのすべての商品が「無添加」なわけではないようです。

 

おすすめの無添加クッキー④

続いては海外のお菓子ですが、「ウォーカーのショートブレッド」です。「ショートブレッド」は、スコットランドならではのお菓子で、原材料の30%以上のバターを使って焼き上げたショートブレッドです。ウォーカーは100年以上にわたりショートブレッドを作り続けている会社です。

ウォーカーショートブレッド
ウォーカーショートブレッド原材料

●商品名:ウォーカー
     フローパック フィンガー

●製造者:ウォーカー社
●原材料:小麦粉、バター、砂糖、食塩
●内容量:120g

 

【味や食感】
ごくごくシンプルな原材料で作られた「ショートブレッド」です。重みのある食感で、1個食べるだけでお腹が満足します。バターの味が濃厚で美味しく、海外のお菓子特有の独特な甘さもなく、甘さは控えめで、塩気がきいています。中はこんな感じです。

ウォーカーショートブレッドの中身

【価格】
箱入りのものから、袋に入った小さめのものまでサイズがいろいろありますが、だいたい400円くらいで購入できます。コンビニには小さな2枚入りのものが売られていたり、スーパーでは海外のお菓子コーナーに置いてあります。あとはカルディにも種類が豊富に置いてあります。

 

商品の公式サイトはありませんが、カルディの公式サイトでもオンライン購入ができます。

 

おすすめの無添加クッキー⑤

続いては、「DEAN&DELUCA」で購入できる「RUSTIC BAKERYのバニラショートブレッド」です。

RUSTIC BAKERY
RUSTIC BAKERY原材料

●商品名:バニラショートブレッド
●原産国:アメリカ
●輸入者:株式会社ウェルカム
●原材料:小麦粉、バター、砂糖、塩
     香料(バニラビーンズ)
●内容量:112g
●賞味期限:購入時点から5ヶ月後くらい

 

【味や食感】
口の中で、ほろっとくずれるような、柔らかい感じのクッキーです。バニラビーンズの独特ですが、良い香りがして、美味しいクッキーです。「バニラビーンズ」は厳密には、「香料」という食品添加物に該当しますが、天然の原料なので、無添加食品としています。中身はこんな感じです。

クッキーの中身

【価格】
112gで1,000円です。高い~!DEAN&DELUCAで取り扱っている商品は、基本的にお高いですね。この商品は、DEAN&DELUCAの公式サイトでのオンライン販売は、対応していないようです。

 

まとめ

クッキーイメージ_3

スーパーに普通に売っている食品は、なんとなくで選んでいると実は安全性に懸念のあるものだった、ということは普通にあります。

 

特に毎日のように口にする食品にはこだわりを持って、どんな原材料が入っているかを知って購入したいものです。私は全身に広がるじんましんを、「食品添加物」を摂取しないようにすることで克服できて以来、「無添加生活」を送っています。

 

食事として口に入るもの、毎日肌に触れるものにはきちんとこだわって、自分で納得いくもの選ぶようにしています。ただ、それぞれの食品や商品について無添加のものを探したり、入っている原材料や成分について調べたりすることは、時間もかかりますし疲れます。

 

しかし、そういう努力が「健康」とその先にある「キレイ」を実現できるものだと信じて、ゆるーく続けています。

 

この記事を読んでくださる方の、「無添加で、使い勝手が良くて、味も良い商品」を探す時間を少しでも少なくできるのであれば幸いです。

 

その他の無添加の調味料や食品については、こちらのページにまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました