スポンサーリンク

豆腐に含まれる添加物「にがり」は安全?豆腐の選び方とは

冷奴 無添加のたべもの
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

 

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

今回のテーマは、

豆腐に含まれる添加物「にがり」は安全?
豆腐の選び方とは

です。

 

この記事はこんな方向け
無添加の「豆腐」を探している方
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方
 
スポンサーリンク

豆腐の原材料を見てみよう

大豆イメージ

スーパーには、たくさんの種類の豆腐が販売されています。値段も価格を抑えたものから、お高めのものまで幅広く置いてある食品です。

 

そして、豆腐はほぼ毎日、食卓に出るような食品ではないでしょうか。そんな豆腐の選ぶときは、「安い」という理由だけでなく、その判断基準の中に「少しでも安全性が高い」を入れてもらえると良いなと思います。

 

ここで、1丁50円くらいで購入できる、とあるメーカーの「絹ごし豆腐」の原材料を見てみます。

 

【原材料】
丸大豆(国産)(遺伝子組み換えでない)、凝固剤(塩化マグネシウム含有物(にがり)・硫酸カルシウム・グルコデルタラクトン)、消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル・炭酸カルシウム)、レシチン(大豆由来)

 

見慣れない原材料名がたくさんありますが、この中で「大豆」以外は全て食品添加物に該当します。あまりの食品添加物の種類の多さに、びっくりしてしまいます。

 

豆腐に含まれる食品添加物について

添加物イメージ

ここで、豆腐に含まれる食品添加物について説明したいと思います。

凝固剤

豆腐は豆乳から作られますが、豆乳を固めるために、「凝固剤」という食品添加物が使用されます。その種類は、6種類あります。

●天然にがり
(粗製海水塩化マグネシウム・化マグネシウム含有物)
●にがり(塩化マグネシウム)
●塩化カルシウム
●硫酸カルシウム
●グルコノデルタラクトン

この中で「天然にがり」以外は、人工的に作られたものです。「天然にがり」は、海水を煮詰めて塩を作る時にできる液体のことです。その液体を更に煮詰めて塩化マグネシウム以外の成分を除去したものが「にがり(塩化マグネシウム)」になります。

 

この「塩化マグネシウム以外の成分」の中に「塩化カルシウム」も含まれています。

 

硫酸カルシウム」は化学合成して作られますが、保水力の高い舌触りの良い滑らかな豆腐が出来上がります。

 

グルコノデルタラクトン」はでんぷんを発酵させて作られたもので、水に溶けやすく保水性に富んだ豆腐が出来上がり、凝固の速度も速いのが特徴です。危険性はありませんが、凝固能力が高く、薄い豆乳で豆腐を作ることが出来ます。つまり、少ない大豆の量で、豆腐を作ることができるのです。

 

消泡剤

豆乳を作る際に、大豆を煮る過程で大量の泡が出ます。この泡が残ったまま豆腐を作ると、日持ちのしない上に、味が劣った豆腐ができてしまいます。泡を手作業で取り除くのは大変なので、泡を消すために使用される食品添加物が「消泡剤」です。

主に使用される「消泡剤」は、「油脂系消泡剤」・「グリセリン脂肪酸エステル」・「炭酸カルシウム」・「シリコン樹脂」です。

いずれも、化学合成されている物質になりますが、出来上がった豆腐にはその成分は残らない「加工助剤」あたり、表示義務がないため、無表示で販売されている豆腐もあります。(丁寧に表示している商品もあります)

 

レシチン(大豆由来)

レシチンは、大豆に含まれる物質で乳化剤にあたります。乳化剤とは、「水」と「油」という混ざり合わない物質を、混ざり合うようにする食品添加物です。「大豆由来」と記載があれば、大豆から取り出した成分で作られています。

危険性は高くはありませんが、原料となる大豆が遺伝子組み換え作物である可能性があるので、安全性に懸念を持つ人もいます。

遺伝子組み換え作物とは
従来の品種を新たな遺伝子的組み合わせを持つように改良した作物。遺伝子組み換え食品の割合が高いアメリカでは遺伝子組み換え食品の出現とともにがんや白血病、アレルギーなどの慢性疾患が急増し、その有害性が懸念されています。

豆腐そのものの原材料の「大豆」には、「遺伝子組み換え作物は使用していません」と記載のある豆腐が販売されていますが、「レシチン」に使用される大豆が「遺伝子組み換え大豆」から作られていないとは限りません。

 

豆腐の選び方

豆腐_2

豆腐に使用される食品添加物について説明をしてきましたが、豆腐の選び方はシンプルです。

原材料が、「大豆」と「にがり」で出来ている豆腐

上記の写真のような、シンプルな原材料で出来ているのが一番です。

 

「にがり」については、私は下記の2つ以外の「にがり」が使われている豆腐以外は買いません。

 

●天然にがり
(粗製海水塩化マグネシウム・
 塩化マグネシウム含有物)
●にがり(塩化マグネシウム)

 

化学的に製造された「食品添加物」は、安全性が確認されて使用されていますが、「安全だった」ものが研究が進んで実は「危険だった」ということは良くあることです。なので食品に使われている原材料ができるだけシンプルなものを選ぶ、というのが私の考え方です。

 

ただ、あまりに原材料にこだわっていると、価格が高いものばかり買うことになってしまうので、そのあたりは家計の予算と相談しながら選んでいます。

 

スーパーで購入できる無添加豆腐

豆腐は、様々なスーパーで様々な商品が販売されているので、銘柄指定をするのが難しいのですが、「イオン」さんで無添加豆腐を発見しました。TOPVALUシリーズの「グリーンアイ オーガニック木綿豆腐」です。この商品は、天然のにがり「粗製海水塩化マグネシウム」を使用しています。また、有機栽培された大豆100%を使用しています。

グリーンアイ 豆腐

●商品名:グリーンアイ オーガニック木綿豆腐
●販売者:イオン株式会社
●原材料:有機大豆
     凝固剤(粗製海水塩化マグネシウム)※にがり
●内容量:150g×2個
●賞味期限:購入時点から6日後くらい

 

【味や食感】
木綿豆腐の中では、少し柔らかい方だと思います。普通に美味しい木綿豆腐です。

 

【価格】
150g×2パックで、98円(税込)です。天然のにがりを使用していて、無添加、しかも有機大豆を使用している豆腐として、かなり安い方だと思います。大手スーパーのなせる業ですね。

 

「グリーンアイ オーガニック木綿豆腐」の公式サイトはこちらです。

もちろん「オーガニック絹ごし豆腐」も販売しています。

まとめ

湯豆腐

スーパーに普通に売っている食品や調味料は、実は安全性に懸念のあるものであるということは、良くあることです。

 

特に、毎日のように使用する豆腐のような食品はこだわりを持って、どんな原材料が入っているかを知って購入したいものです。私は全身に広がるじんましんを、「食品添加物」を摂取しないようにすることで克服できて以来、「無添加生活」を送っています。

 

食事として口に入るもの、毎日肌に触れるものにはきちんとこだわって、自分で納得いくもの選ぶようにしています。ただ、それぞれの食品や商品について無添加のものを探したり、入っている原材料や成分について調べたりすることは、時間もかかりますし疲れます。

 

しかし、そういう努力が「健康」とその先にある「キレイ」を実現できるものだと信じて、ゆるーく続けています。

 

この記事を読んでくださる方の、「無添加で、使い勝手が良くて、味も良い商品」を探す時間を少しでも少なくできるのであれば幸いです。

 

その他の無添加の調味料や食品については、こちらのページにまとめています。

 

****************************************

参考:たべるご 豆腐に使われている消泡剤・・・害はある?
   全豆連 豆腐の添加物を知る

タイトルとURLをコピーしました