スポンサーリンク

やってはいけない洗顔と正しい洗顔方法!楽にできる正しい洗顔とは

洗顔の泡 美容のこねた
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

「美容と健康」が趣味のブログ管理人の私が、できるだけお金をかけないで済む、美容の小ネタを集めては記事にしています。

未来の自分のためにできる、「美容と健康」の話もときどきします。

 

この記事はこんな方向け
洗顔をなんとなく おこなっている方
・美肌を目指している方
・美容と健康のために、いまできることを探している方
 

お金をできるだけかけずにすむ「美容のこねた」を、下記の記事にまとめています。私が実際に試してみて、効果のあった美容と健康法です。

スポンサーリンク

洗顔はスキンケアの基本

洗顔フォーム

洗顔”はスキンケアの基本です。

「正しい洗顔をおこなうことが美肌への道」と、さまざまな美容雑誌や美容ブログには書いてありますよね。

 

若い頃の私は、皮脂を落としたくて、良かれと思い念入りに顔を洗っていました。

しかし、それはお肌にとって、負担をかける行為だったのです。

 

スキンケアはなんとなくおこなっていると、

「実は効果が無いことや、逆効果だった…」

ということを、良かれと思ってやってしまうことがあります。

 

そこで今回の記事では、

  • やってはいけない洗顔
  • 正しい洗顔方法

についてお話したいと思います。

「正しい洗顔」は、手間がかかるので、少しでも楽にできる方法もご紹介します。

 

おすすめの無添加洗顔石けんを下記の記事でご紹介しています

やってはいけない洗顔

やってはいけない!

まず、”やってはいけない洗顔”についてお伝えします。

 

顔をごしごし洗う

肌は刺激に弱いのです。皮脂を落とすために、手で過剰な摩擦を与えることが、肌に負担となります。

肌に負担がかかると、肌は自分を守ろうとして角層が厚くなってしまうのです。

また、1日に何度も洗顔をしてしまうのも逆効果です。皮脂が少なくなることにより、乾燥をまねいてしまいます。

 

熱いお湯ですすぐ

☞寒い冬や、夜お風呂に入りながら洗顔するときに、シャワーの熱いお湯を顔にかけてしまいがちですが、熱いお湯はお肌にとって負担です。

お湯の温度は、「ぬるめ」で人肌程度の「36℃」くらいの温度にすることが大切です。

冷たい水で洗う場合も、同様に刺激となるので「ぬるめのお湯」にしましょう。

また、勢いの強いシャワーを顔に当てるのもNGです。

 

石けんの泡をすすぎ残してしまう

☞忙しい朝は、少しでも時間が惜しいものです

そんなときの洗顔は、なおざりになりがちですが、「すすぎ」はしっかりおこなってください。

顔に残った”石けんの泡”は、肌の上で刺激となりニキビの原因になってしまいます。手で水をすくう場合は、最低でも15回、余裕があれば20回くらいはすすぎたいものです。

 

洗顔後、使用済みタオルで顔をごしごし拭く

☞こちらも、「洗顔中に顔をごしごしこ洗う」と同じ理由で、タオルでごしごしと顔を拭くことは、肌の負担になります。

そして、洗面台にかかったままのタオルを使用すると”雑菌”が顔に移ってしまいます。洗面台に吊るしたままのタオルには、”雑菌”が繁殖している可能性があるのです。

洗濯後のきれいなタオルを使用するか、もしくはティッシュで顔を拭きましょう。

NGな洗顔方法をご紹介しましたが、意外にやってしまっていることばかりではないでしょうか。

私は、若いころはすべてやっていました。「若さ」とは「無敵」ですね。

今では怖くてできません。

 

正しい洗顔方法

洗面台

続いて、正しい洗顔方法についてお伝えします。基本的には「やってはいけない洗顔」をやらないだけでOKです。

追加で、「できればやりたいこと」をお伝えします。

 

石けんは、たっぷり泡を立てる

☞「やってはいけない洗顔」でお伝えしたとおり、肌に刺激は禁物です。

刺激を与えないために、たっぷりの泡で優しく、「泡でこする」ように洗いましょう。

ただ、洗顔に時間をかけすぎるのは、かえって肌に負担をかけてしまったり、必要な皮脂も落としてしまうので、「泡で洗う時間」は60秒程度でOKです。

 

皮脂の多い部分から洗う

☞洗顔は皮脂の多いところから、洗うのが基本です。皮脂の少ない部分に、泡をのせている時間が長くなると、これも必要な皮脂を落としてしまいます。

順番は、

「鼻」➡「おでこ」➡「ほほ」➡「フェイスライン」➡「口のまわり」

です。それぞれ、10秒くらい時間をかけるのが目安です。

 

綺麗なタオルorティッシュで押さえるように拭く

☞「やってはいけない洗顔」で触れましたが、洗濯後は綺麗なタオルか、ティッシュで押さえるように顔を拭きましょう。

私のおすすめは、「洗顔後はティッシュで顔を拭く」ことです。下記の記事に詳細をまとめているので、興味のある方はご覧ください。

 

洗顔方法は、子どものころから行ってきた”習慣”があると思います。

習慣を変えるのは大変かもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。

 

正しい洗顔を楽にする方法

お風呂イメージ

私は”正しい洗顔方法”を知るまでは、夜はお風呂で「熱いシャワー」を勢いよく、顔にかけて洗顔していました。

しかし、美容マニアの友人から「夜はお風呂ではなく朝と同じように、洗面台で洗顔している」という話を聞きました。

 

ただ、私はこの

「お風呂に入る前に、髪をヘアバンドでとめて、洗顔して、顔を拭いて」

という作業がとても面倒でした。

せっかくなら、お風呂で顔も体も洗ってしまいたかったのです。

 

そこで考えた私の「正しい洗顔を楽にするための解決策」は、

お風呂で洗顔する際は、シャワーのお湯を低く、シャワーの勢いをかなり弱く

することです。

 

きっと肌への負担は低いはず!と思って、毎回、温度調整と、勢い調整をこまめにしながらお風呂に入っています。

 

ささやかな楽の仕方ですが、参考になれば幸いです。

 

まとめ

鏡

洗顔は、毎日必ずおこないます。

その毎日の丁寧な洗顔の積み重ねが、美肌へと導いてくれるのです。「やってはいけない洗顔」をやらないだけでも、充分に効果は得られると思います。

 

”正しい洗顔”は、お金のかからない美容法です。高いスキンケアを購入するよりずっと効果のある、0円美容法です。

ぜひ、今日からでも試してみてください。

 

ちなみに私は、「クレンジング」はしません。クレンジングの肌への負担を考慮して、メイクは石鹸で落とせるものに変更しています。

クレンジングをやめた理由と効果については、下記の記事を参照ください。

石けんオフメイクについては下記の記事をご覧ください。

 

*********************
参考:
HappyLifeStyle スキンケア30の基本
ドクターシーラボ 美肌の秘訣!正しい洗顔方法を極めよう!

 

タイトルとURLをコピーしました