スポンサーリンク

白砂糖を避けよう!スーパーで買える白砂糖の入っていない調味料5選

砂糖イメージ 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

 

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加食品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。

 

今回のテーマは、

白砂糖を避けよう!スーパーで買える
白砂糖の入っていない調味料5選

です。

 

この記事はこんな方向け
・白砂糖フリーの生活をしている

・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方
スポンサーリンク

白砂糖はできれば避けたい

角砂糖

「白砂糖は危険」と言われる情報が、ネット上で言われるようになってから久しいですが、甘いものが大好きな私も、できるだけ「白砂糖」は避けるようにしています。

 

「白砂糖の危険性と砂糖の選び方」に関する記事を、下記にまとめていますので、興味のある方はお読みください。

とはいうものの、無添加マニアでもある私が、「添加物」も「白砂糖」も入っていない食品を探そうとすると、行き詰った苦しい生活になってしまうので、「可能であれば、避けるようにしている」程度ですが…。

 

そこで、今回の記事では、スーパーでも購入できる「白砂糖」の入っていない調味料をまとめました。

 

調味料には、原材料をよく見てみると「砂糖」という記載がある商品がとても多いです。そして、その「砂糖」は「白砂糖」です。

 

「みりん」や「料理酒」、「ドレッシング」などに、しれっと入っている「白砂糖」ですが、「白砂糖」の入っていない調味料を、調味料別にご紹介します。

※「白砂糖」の代わりに、「てんさい糖」や「粗糖」、「はちみつ」を利用している調味料も含めています。

 

白砂糖フリーの「みりん」

「みりん」は、「砂糖」が入っている商品が多く販売されています。そして、その「砂糖」は「白砂糖」です。そういった商品は「みりんタイプ調味料」や、「みりん風調味料」として販売されています。「白砂糖」も、その他の糖類も使用していない、「タカラさんの「有機本みりん」です。

●商品名:タカラ有機本みりん
●製造者:タカラ
●原材料:有機もち米、有機米こうじ
     有機米しょうちゅう
●内容量:500ml
●賞味期限:購入時点から1年くらい先

 

【味や使用感】
添加物も一切入っておらず、糖類もフリーです。価格も抑え目なので買いやすいです。(みりん風調味料と比べると高いですが)。味もみりん風調味料などと比べると格段に違います。

 

国際的な有機認証機関であるOCIAの認証を取得した、大手メーカー初の有機本みりんです。原料に認証有機米を100%使用しているところに安心感があります。

 

ネットで買おうとすると2本セットだったり、少し価格が高いようなので、スーパーで買うのがおすすめです。私も普段は、こちらのみりんを買うようにしています。

 

この商品の公式サイトはこちらです。

 

白砂糖フリーの「料理酒」

「料理酒」も、価格の安い商品には「砂糖」や「糖類(水あめなど)」が含まれている商品があります。糖類も、食塩も添加されていない料理酒、「日の出 料理専用米だけの酒」です。

おすすめの料理酒
おすすめの料理酒 原材料

●商品名:料理専用米だけの酒
●製造者:キング醸造株式会社
●原材料:米(国産)、米こうじ(国産米) 
●内容量:900㎖
●賞味期限:購入時点から1年くらい先

 

【味や使用感】
食塩も糖類も入っていない、シンプルなお酒なので、料理の臭みを消す際にも味をつけづに調理できます。

 

【価格】
スーパーでは、900㎖で600円くらいで購入できます。Amazonでも購入できますが、Amazonで買うより、スーパーで買った方が安いです。私が購入しているスーパーでは、調味料売り場ではなく、「お酒売り場」で販売していました。

この商品の公式サイトはこちらです。

 

白砂糖フリーの「マヨネーズ」

「マヨネーズ」にも、「白砂糖」が使用されている商品が、たくさんあります。「白砂糖」の代わりに「オーガニックのはちみつ」を使用している、原材料からこだわりにこだわった「松田」さんの「マヨネーズ」です。卵も平飼の有精卵を使用して、鶏の飼料にも「遺伝子組み換え作物」を使用していないこだわりっぷりです。

松田のマヨネーズ

●商品名:松田のマヨネーズ
●製造者:株式会社ななくさの郷
●原材料:食用なたね油(遺伝子組み換えでない)
     卵、リンゴ酢、食塩、はちみつ、
     マスタード、ニンニク、コショウ、
     ショウガ
●内容量:500g
●賞味期限:購入時点からおおよそ半年くらい

 

【味や食感】
完全無添加のとてもシンプルな原材料です。酸味が強くて、味が濃いです。辛口と甘口がありますが、違いはマスタードの量です。両方とも酸味が強いですが、辛口の方が辛みがあるので味がしっかりしています。

 

【価格】
価格はお高めで、私は「カルディ」さんで480円で購入しました。スーパーでも、取り扱っているお店をたまに見かけます。Amazonや楽天市場でも購入できますが、スーパーやカルディで購入する方が安いです。

 

 

白砂糖フリーの「ドレッシング」

続いては、「ドレッシング」です。「ドレッシング」もほとんどの商品に「砂糖」が使用されています。そして、その「砂糖」は「白砂糖」です。「白砂糖」ではなく「粗糖」を使用している「創健社」さんの「えごま一番胡麻ドレッシング」です。美容効果の高いα-リノレン酸を含んだ「えごま油」を利用しています。

えごま一番表
えごま一番 原材料

●商品名:えごま一番胡麻ドレッシング
●製造者:株式会社創健社 
●原材料:練りごま、砂糖、醸造酢、えごま油
     ごま油、醤油、食塩、ごま
     (一部に小麦・大豆・ごまを含む)

●内容量:150ml
●賞味期限:購入時点から3ヶ月くらい先
砂糖は精製前の「粗糖」を利用しています。(商品ホームページに記載あり)

 

【味や食感】
ごま油の香りと味が良く手でいて、香ばしくて美味しいドレッシングです。粘性が高いのですが、油もサラッとしていて食べやすいです。オイルドレッシングなのに、食べた後に口に味が残るようなこともありません。分離しやすいので、食べる前にはしっかり振って使用してください。

 

【価格】
私は普通のスーパーで480円くらいで購入できました。Amazonでも購入でき、2本セットで購入する場合はスーパーで購入するよりも安いです。
※2019年3月現在

 

「創健社」さんの、この商品の公式サイトはこちらです。

 

白砂糖フリーの「焼き肉のたれ」

「焼き肉のたれ」も「砂糖」が使用されています。私の愛用しているメーカーの「こだわりの味協同組合」さんの「自然の味 焼肉のたれ」で、「白砂糖」ではなく「てんさい糖」を使用している商品を発見しました。

焼き肉のたれパッケージ

焼き肉のたれ裏パッケージ

●商品名:焼肉のたれ
●製造者:鶏林食品株式会社
●販売者:こだわりの味協同組合

●原材料:丸大豆醤油(国内製造)、
     ビート糖(甜菜糖)、ごま油
     にんにく、魚介エキス、黒こしょう
     白ごま

●内容量:215g
●賞味期限:購入時点から10ヶ月くらい先

 

【味や使用感】
大手メーカーの焼き肉のたれと比べると、かなりサラッとしています。ですがコクがあってさっぱりとした口当たりです。私は焼き肉を食べた後の、口の中に味が残り続けるのが苦手で、焼き肉はあまり食べないのですが、こちらのたれを使用すると食べた後に口に残る感じが少なく、そこが気に入っています。にんにくがガッツリ効いている方が好みの方は、にんにくをプラスすると良いかもしれません。

 

【価格】
私が買ったスーパーでは600円くらいで購入できました。「こだわりの味協同組合」と提携しているスーパーで購入できます。提携しているスーパーの一覧はこちら (取り扱っているスーパーは全国にあります)

 

「こだわりの味協同組合」さんの「焼き肉たれ」の紹介ページはこちら。

公式サイトでのオンライン販売は対応していません。また、Amaznでも販売はしていなく、「楽天市場」のみで販売しています。ただオンラインで購入すると送料がかかってしまうので販売しているスーパーで買うのがおすすめです。

自然の味そのまんま 焼肉のたれ[215g]
静岡魚茶-しずおかウォッチャー
¥ 679(2019/09/20 12:16時点)

「こだわりの味協同組合」さんは、焼き肉のたれの他にもたくさんの無添加食品や、安全性の高いこだわりの商品を販売しています。

 

まとめ

白砂糖

「白砂糖」は様々な調味料に含まれているので、避けるのは大変です。そして「白砂糖」が入っているお菓子が美味しいのと同様に、「白砂糖」の入っている調味料も美味しいです。私も避けてはいるものの、食べる機会は多いです。ただ、「白砂糖」を避けようと少しでも意識することは、大切だと思っています。

 

最近では、健康ブームで「白砂糖」を使用していない食品も増えてきました。それでも、まだまだ少ないので、探し出すのは大変です。しかも、食品添加物が無添加となるともっと大変です。

 

「白砂糖」を避けている方の、食品を探す時間を少しでも減らせるのであれば幸いです。

 

無添加の調味料や食品について、こちらのページにまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました