スポンサーリンク

なにが違うの?食品におけるオーガニックと無添加の違いを説明します

オーガニック野菜イメージ 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

 

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品や商品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加商品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。今回は、無添加商品のご紹介ではなく「食品添加物の知識」についてお話します。

 

今回のテーマは、

なにが違うの?食品における
オーガニックと無添加の違いを説明します

です。

 

この記事はこんな方向け
・オーガニックと無添加の違いを知りたい方
・食の安全性を気にし始めた方
・美容と健康のために今できることを探している方

 

様々な「無添加食品や商品」をまとめた記事です。添加物や化学合成物質が気になる方は、是非ご覧ください↓

スポンサーリンク

オーガニックと無添加は一緒なの?

野菜

私は「食品添加物を摂取しないようにしている」と公言をしているのですが、そうするといつのまにか、まわりの人たちから「オーガニック主義なんだよね」と言われるようになってしまいました。

 

「オーガニック」も気にしていますが、「食品添加物」ほどこだわってはいません。

 

なので「オーガニック主義なんだよね」と言われると否定して良いのか、正しい認識を説明した方がよいのか、といつも迷ってしまいます。

 

「オーガニック」も「無添加」も、美容や健康に気を使っていることには間違いないのですが、「オーガニック」と「無添加」についての違いを説明したいと思います。

 

※今回のテーマは食品についての定義に絞っています。化粧品やシャンプーにも「オーガニック」や「無添加」というワードは使われていますが、食品以外の「違い」についての説明はこちらの記事をご覧ください。

 

オーガニックの定義とは?

グリーンアイ オーガニック トマト

デジタル大辞泉では、「オーガニック」を次のように定義しています。

オーガニック(organic)
有機体の。
化学肥料や農薬を使用しない野菜や、添加物を入れていない食料品などをさす言葉。

2つ目の定義はわかりやすいですが、1つ目の定義の「有機体」について調べてみました。

有機体
生活機能をもち、有機物からなる組織体。生物のこと。

有機物は無機物の対義語で、生物が作り出せる炭素の化合物のことですが、食品において分かりやすく説明すると「有機肥料を用いた栽培で作られた野菜」のことです。

 

つまりまとめると、

オーガニックとは
・有機肥料を用いた栽培で作られた野菜
・化学肥料や殺虫剤のような農薬を使わない
 栽培で作られた野菜
・添加物を入れていない食料品などをさす言葉

となります。

 

無添加の定義とは?

添加物イメージ

続いて、「無添加」の定義をデジタル大辞泉で見てみました。

無添加とは
着色料や防腐剤などを加えていないこと。

 
わかりやすい説明ではありますが、「着色料や防腐剤など」の「など」には何が含まれているか不明ですが、食品においての「無添加」を簡単にまとめるとこうなります。
 
無添加とは
食品添加物が加えられていない食品のこと
 

ここで「食品添加物とはなにか」という話になってしまいますが、別途記事を書きましたので参考にご覧ください。

 

つまり

野菜イメージ

食品における「オーガニック」と「無添加」に違いはほぼ無く、「オーガニック」の中に、「無添加」が含まれているということです。「オーガニック」の方が広義です。ただ、「無添加」は「野菜」には使用せずに、「加工食品」に使用される言葉です。

 

「加工食品」は、調味料からお菓子、パン、麺類など様々な「商品」があります。

 

私のように「オーガニックの野菜を毎日の食卓に出せれていないけど、食品添加物はほとんど食卓に出ない」というタイプは「オーガニック主義」ではなく、「無添加主義」なのです。

 

オーガニック野菜は、そうではない野菜に比べて価格がかなり高く、毎日の食卓に出すにはさすがに家計への圧迫が激しくなってしまいます。

 

ですので、野菜などは農協などの生産者の顔が見える販売所で買うようにはしていますが、わざわざオーガニックの野菜を取り寄せる、ということまではしていません。ただ、食品添加物については原材料を確認してほとんど入っていないものを選んで購入しています。

 

私は食品添加物を摂取しないことによって、全身に広がるじんましんを克服できたと信じているので「無添加主義」になりました。

 

きっとブログを読んでくださる方の中には「添加物より農薬の方が危険だからオーガニックの野菜にこだわりたい」という方もいると思います。

 

それはそれで良くて、「美容と健康のために何を摂取して、何を摂取しないのか」の判断をこれからしようと思っている方の参考になれば幸いです。

 

※最近では大手スーパーの「イオン」さんが、オーガニックの野菜が思ったよりも安い価格で販売しているので、野菜は「イオン グリーンアイ」シリーズを購入しています。「イオン グリーンアイ」のオーガニック野菜について、まとめた記事はこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました