なにが違う?食品やコスメのオーガニックと無添加の違いを徹底解説!

無添加・オーガニックのイメージ 無添加のはなし
ころ
ころ

こんにちは。

閲覧いただきありがとうございます。

私は食品添加物を摂取しないことにより、全身に広がるじんましんを克服して以来、美容と健康のためにも「無添加」生活を送っています。

 

「無添加」の食品や商品を見つけるのは意外に難しいので、「無添加商品」を日々探し求め、見つけては記事にしています。今回は、無添加商品のご紹介ではなく「無添加のまめ知識」についてお話します。

この記事はこんな方向け

  • オーガニックと無添加の違いを知りたい方
  • 食品や肌に触れるものの安全性を気にしはじめた方
  • 美容と健康のために、いまできることを探している方

様々な「無添加食品や商品」をまとめた記事です。添加物や化学合成物質が気になる方は、ぜひご覧ください↓

 

オーガニック」に「無添加

この2つの言葉は、どちらもナチュラルな響きがあり、「なんとなく健康や美容によさそう」と思っている方も多いと思います。

 

確かにどちらも似たような意味で使われるので、その違いは意識しなくてもよいのかな?と思うものの、無添加主義な私としては、はっきりさせておきたいところ。

 

そこで今回の記事では、「オーガニック」と「無添加」についての違いを説明したいと思います。

ちなみに、この違いは、

  • 食品
  • スキンケア

で微妙に違ってくる部分でもあるので、それぞれきちんと説明させていただきます。

 

スポンサーリンク

オーガニックと無添加の違いとは?

オーガニックイメージ

まずはじめに、それぞれの言葉の意味からお伝えします。

オーガニック」という言葉を、さまざまな辞書で調べてみると、だいたい下記のような意味がでてきます。

オーガニック(organic)
・有機であること
・化学肥料や農薬を使用しないで栽培(有機栽培)された野菜や植物
・添加物を使用していない食料品のこと

「有機」とは、「無機」の対義語で、生物が作り出せる炭素の化合物のことですが、わかりづらいですよね。そこは深く考えずに、

オーガニック = 有機

と考えて大丈夫です。

スーパーの野菜売り場で「有機栽培」と表示された野菜は、「オーガニック野菜」ということです。

 

では、「無添加」とはなんでしょうか。その説明は、下記のとおりです。

無添加(むてんか)
・添加物を使用していないもの

これは、「オーガニック」の意味にも含まれていましたね。

 

つまり、「オーガニック」と「無添加」に違いがあるのではなく、

「オーガニック」の中に、「無添加」が含まれているということ

です。

 

食品におけるオーガニックと無添加

野菜イメージ

「オーガニック」と「無添加」について説明をしましたが、この2つの言葉を、食品においてどのように使い分けているかについてお話しします。

 

基本的には「オーガニック」は、有機栽培された野菜や穀物のことを呼ぶことが多いです。

そして、「無添加」という言葉は、食品添加物を使用していない「加工食品」に使用される言葉です。

ちなみに、有機栽培された原料を成分として、食品添加物が無添加でつくられた加工食品は、「オーガニック食品」と呼ばれます。

 

ですが、オーガニック原料を使用していても、食品添加物を使っている食品もあったりするので、そこは注意したいところ。

 

ちなみに、「無添加」の説明文は、一見わかりやすい説明ではありますが、ここでいう「添加物がなんなのか?」が気になりますよね。

「添加物」がなんであるかは、食品と食品以外のスキンケアや洗剤などによって、意味が少し変わってきますが、まずは食品について説明したいと思います。

 

食品における添加物とは?

食品においての添加物が何であるか?についは、下記の記事に詳細をまとめています。

この記事を簡単にまとめると、添加物とは、

食品の製造過程で、なんらかの目的を持って添加される物質

のことです。

 

たとえば、

  • 食べものをおいしそうに見せるために、「着色料」という食品添加物を使う
  • 食べものの賞味期限を延ばすために「保存料」という食品添加物を使う

ということ。

 

食品の製造過程で使用してよい添加物は、「食品添加物」として国が指定しています。

つまり、国が定めた食品添加物を一切使用していない食品を「無添加食品」と呼ぶことができます。

国が成分を指定してくれているので、わかりやすいですね。

 

食品におけるオーガニック

食品におけるオーガニックは、有機栽培された野菜や穀物のことだと説明しましたが、この有機栽培の基準も、農林水産省によってどのように野菜や穀物を育てたものかを明確に定めています。

 

ちなみに日本は農薬大国といわれるほど、農薬が使用されている国でもあります。農薬のリスクに関する記事を下記にまとめているので、気になる方はご覧ください。

 

食品以外におけるオーガニックと無添加

食品以外のスキンケア商品や洗剤などの日用品にも、「無添加」と表示してある商品が販売されていますが、日用品に関しても食品と同じように「添加物」が国によって指定されているのでしょうか?

 

実は、日本ではスキンケアなどの日用品に関しては、

「どの成分が添加物なのか」が指定されていません。

食品と違って無添加の定義があいまいなのです…。

 

そのため、「無添加」と表示している商品は、メーカーによって

どの成分が無添加なのか?

が違うのです。

 

どんな成分が無添加だとよいの?

手に泡

無添加の定義は、各メーカーによって違いますが、それではどんな成分が無添加だとよいのでしょうか?

 

一般的に下記の成分を使用していない場合に、「無添加」と表現されることが多いです。

  • 石油由の来界面活性剤
  • 合成保存料・合成着色料
  • パラベン
  • アルコール

 

石油由来の界面活性剤は、石油が原料となった洗浄成分のことで、メイクをしっかり落とせる洗浄力の強い洗顔やクレンジングなどに使用されています。

その洗浄力の強さによって、肌の乾燥を招いたりと肌に負担をかける成分だといわれています。

 

合成香料や着色料に関しても、石油が原料となっている成分があり、石油由来の界面活性剤同様に肌への負担が懸念されています。

 

パラベンは、防腐剤のことですが、発がん性があるといわれていたり、皮膚に吸収されるため肌に刺激があるなどと懸念されている成分です。

安全性は認められている成分ですが、パラベンが入っていると不安だという声が多いため、パラベンフリーを謳っているスキンケアメーカーも多くあります。

 

アルコールに関しては、アルコールに敏感な人が使用すると、肌にヒリヒリ感を与えてしまうことがあるため、アルコールが無添加であることを謳っているスキンケアメーカーもあります。

 

これらの成分が不使用の商品が、一般的に「肌によいのではないか」とされている見解が多く、私もそのように考えています。

 

スキンケアにおけるオーガニック

洗顔フォーム

スキンケアにおける「無添加」についてお話ししましたが、スキンケアにおける「オーガニック」とはどういうものなのでしょうか。

 

結論からお伝えすると、実はスキンケアにおけるオーガニックも日本では、

オーガニック成分の含有量の定義も、統一の基準もありません。

 

ですので、日本で販売されているオーガニック商品も、販売するメーカーによって

オーガニックの定義は様々

なのです。

※ちなみにヨーロッパでは、国家レベルのオーガニック基準があります。オーガニック化粧品やスキンケアを販売するには、

  • 化学薬品を使用せずに抽出された植物エキスであること
  • 植物成分のうち○%以上がオーガニックでないといけない
  • 全成分のうち○%以上は植物成分でないといけない…etc

というような、厳しい基準をクリアしないといけません。日本にはそういった基準がないのです。

 

スキンケアに使用されるオーガニック成分

ラベンダー

それでは、日本のスキンケアに使用されるオーガニック成分ってどんなものかというと、一般的には、

有機栽培(低農薬もしくは無農薬で育てられた)された植物のエキスを使用した成分

のことを言います。

 

例えば、有機栽培されたラベンダーからエキスを抽出して、化粧水に配合しているだけで、日本ではその化粧水を、

オーガニック化粧水

として販売することができるのです。

 

オーガニックだけど無添加ではない商品もある

たんぽぽ

「オーガニック」と記載されている商品を見ると、

「肌に良さそう」

と思ってしまいますよね。

 

ですが、オーガニックの商品を買えばよいのか、というとそうではなく、

どんな成分が使われているのか、オーガニック成分はどの原料なのか

を確認する必要があるのです。

 

日本では、オーガニックの定義がはっきりと定められていないため、「オーガニック成分」をほんの少し使用しているだけで、「オーガニック」商品として販売している場合もあります。

 

また、オーガニック成分を使用していたとしても、

肌に負担をかける石油由来の合成成分

を使用している場合もあるのです。

 

ですので、肌にできるだけ優しい成分を使用しているスキンケアへ移行したいと考えている方でしたら、下記のことが守られているスキンケアであるかを確認することが大切です。

 

  • 無農薬、有機栽培で育てられた植物のエキスを使用
  • 石油由来の界面活性剤を使用していない
  • 化学合成された成分(保存料や香料など)を一切使用していない

 

成分を見て判断することは難しいですが、最近は無添加やオーガニックにこだわったスキンケアメーカーも増えてきました。

 

そういったメーカーのホームページを確認してみると、上記のような項目をきちんと謳っています。

肌に触れるものの安全性を気にしている方は、こういったメーカーのスキンケアを選んでみてはいかがでしょうか?

 

私のおすすめの無添加でオーガニックのスキンケアの商品レビュー記事をまとめました。スキンケアメーカー選びに迷っている方は参考にどうぞ。

・琉白

・エトヴォス

・HANAオーガニック

・MiMC

 

まとめ

スキンケアイメージ

「オーガニック」と「無添加」の意味に違いはなく、「オーガニック」の定義の中に「無添加」という意味がが含まれていることを説明しました。

 

  • オーガニック」⇨有機栽培された野菜や穀物のこと
  • 無添加」⇨食品添加物を使用していない「加工食品」に使用される言葉
  • オーガニック食品」⇨有機栽培された原料を成分として、食品添加物を使用せずに無添加でつくられた加工食品

日本では国として「食品添加物」と「有機栽培」についてが、きちんと定められているのでわかりやすいですね。

 

化粧品・スキンケアにおいて、「オーガニック」「無添加」の定義は各メーカーの定義によって違います。

 

化粧品やスキンケアは、

  • どんな植物を使い、どれだけの量を使用して「オーガニック」としているのか
  • 何を添加せずに「無添加」としているのか

を知ってから購入すべきではないかと私は考えています。

 

化粧品・スキンケアに関しては体の中に直接入れるものでもないため、そこまで慎重になる必要はないのかな?と思うものの、美肌のために納得してスキンケアを選びたいものです。

 

私は食品と同じようにスキンケアも、できるだけ自然由来の成分が多いものを選択するようにしています。

このブログを読んでくださる方々にとって、今後の選択の参考にしていただけたら幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました